新しい靴で靴擦れをしないための5つの対策

· 7月 11, 2018
新しい靴を買ってすぐに靴擦れを起こしたことはありませんか? 本記事では、靴擦れを予防するための5つの対策をご紹介します。

新しい靴を買うときにワクワクした気持ちになりますが、新しい靴を購入してからの数週間は、足の痛みや不快感などが生じることがあります。

本記事では靴擦れをはじめとする靴に関連した怪我とその対策をご紹介します。

新しい靴を買うと、足の痛みや靴擦れ、マメや不快感が起こるからと古い靴を履き続ける人がいますが、新しく購入した靴を履くのはとても楽しくワクワクします。

これからは新しい靴を楽しんでください。

靴擦れなど靴に関連した問題を予防する5つの方法

靴擦れ

時間の経過とともに、足にマメができたり、一部の皮膚が硬くなりがちです。これからご紹介する対策を参考にしてください。

1. 絆創膏

新しい靴の影響を最も多く受けるのがかかとなので、そこに絆創膏を貼るというのはよく知られている最も効果的な方法の一つです。

靴に直接当たる部分のかかと全体を覆うような大きめの絆創膏がおすすめです。小さめの絆創膏を貼っても、数分ですぐに取れてしまうため、かかとの保護にはなりません。

2. 厚い靴下とヘアドライヤー

簡単ながら効果の高いこの方法は、自宅ですぐに試すことができます。足全体をできる限り厚い靴下で覆ってから靴を履き、靴の中でもきついと感じる場所にドライヤーを当てます。

ドライヤーからの熱風が靴を柔らかくしてサイズを広げます。必要に応じて数回繰り返してください。

3.ベビーパウダー

ベビーパウダー

瞬時に効果を発揮する方法の一つであるベビーパウダーを、痛みを感じている部分に塗布すると、靴擦れやマメの予防効果があります。

4. シリコンテープ

靴屋やオンラインで簡単に手に入るシリコンテープをご存知ですか?

靴のかかとにしっかりとつくシリコンテープを使うと、靴の硬い表面との摩擦を和らげ、靴擦れなどによる足の痛みを予防します。

5. 袋の中に入れた水

最後の対策方法は、水を使った方法です。水が漏れない袋の中に水を入れたら、靴の中にその袋を入れます。絶対に水が漏れないかどうかを必ず確認してください

その後、靴を冷凍庫に一晩放置します。 水の中の靴の中で膨張し、凍結するにつれて大きくなります。 その結果、靴がわずかに伸びます。

また職場や学校などで、別の靴に履き替えていい場合は、数時間だけ靴を履いて徐々に慣らす方法もあります。その後長時間履く場合に、怪我を予防しながら快適さを保ちます。

自分で靴を広げるのが不安な場合は、靴修理店や靴を購入したお店で広げてもらう方法です。通用はこれらの場所には靴を広げる道具があります。

良い靴を選ぶ

いうまでもなく、自分の足のサイズに合う「良い靴」を選ぶことが最も大切です。つま先とかかとの靴の間には約1cm程度の隙間が空いているのがおすすめです。

品質の良い靴と言われるタイプの靴は、通常適切なパットやインソールが靴の中に入っている痛みの少ないデザインになっています。

このインソールと呼ばれる柔らかい中敷には足を保護する働きがあるため、適切なインソールが使用されているかどうかも靴を選ぶときのポイントです。

靴を購入するときに少しでも痛みや不快感を感じたら、どれだけデザインが気に入っても一旦購入を諦めて他の靴を探すことが大切です。

新しい靴を買っても結局痛くて履けなかったというよりも、多くの時間がかかっても自分に合う痛みの原因とならない靴を選ぶことが大切です。