アンダーヘアの正しいお手入れ法

11月 16, 2017
アンダーヘアを正しくケアするにはまず、自分のアンダーヘアのタイプを知ることが大切です。毛の質によって自分に良い方法を選びましょう。

アンダーヘアの処理をすることは、美的観点からも、また健康や衛生的な利点もあります。

しかし残念ながら、ムダ毛を処理するのは不快で面倒な習慣だと思う人も多いのではないでしょうか。

体の中でもデリケートゾーンは最も敏感な部分の一つですし、この部分に毛が生えているのは嫌だと思う人も多いでしょう。ところで、あなたはアンダーヘアの適切な除毛法を知っていますか?

アンダーヘアの正しいお手入れ方法を知る

人は皆、美しくありたいと願い、また同時に快適でありたいと望んでいるはずです。そのためにムダ毛は処理したほうが良いと考える人が多いでしょう。これは社会的な風潮や規範と関係があり、過去に遡ってみると、その時々のトレンドや習慣によって体毛がどうみなされていたか知ることができるでしょう。

今日、体毛をそのままにし、自然に任せるというトレンドが男女問わず出てきてはいますが、しかし、何らかの方法でムダ毛の処理をしている人のほうが多いでしょう。

ムダ毛を処理するという習慣は男性にも広がってきています。今やムダ毛の処理は性別を越えたものになっています。

アンダーヘアの処理も一般的になってきました。水着を着るときに邪魔になるという理由や、アンダーヘアがない方がセックスの時に良いという理由で処理をする人が多い様です。

では、どのような方法でアンダーヘアを処理するのが適切なのでしょうか?

 

どうしてアンダーヘアがあるの?

ムダ毛の処理をする時に、「どうしてこんなところに毛があるんだろう」と思ったことはありませんか?アンダーヘアの働きを知り、自分に合った脱毛方法を決めましょう。

アンダーヘアの働き

  • 細菌やウイルスから保護するバリアの役割がある
  • 温かい温度を保ち、性器ゾーンの機能を正常にする
  • 防御としての役割があり、セックス時の刺激を抑える

 

アンダーヘアの処理:理想的な方法

カミソリで剃る

脚のムダ毛脱毛

カミソリで剃るという方法は手軽で速く、快適な方法です。

  • 良い点:時間が掛からず、すぐにできます。
  • 悪い点:毎日少しずつ毛が伸びるため、チクチクしたり刺激となることがあります。注意して処理しないと肌を切ってしまうことがあります。

カミソリで処理する場合は、温かいシャワーの中で肌が濡れた状態で行うことをお勧めします。毛根が柔らかくなるからです。埋没毛を防ぐことができるでしょう。

 

ワックス処理

  • 良い点:処理をした部分はツルツルになり、その状態が約3週間続きます。
  • 悪い点:処理をする時に不快に感じる人もいるでしょう。処理をした部分が赤くなることもありますが、数時間で赤みは消えるでしょう。

ワックスを使った処理方法は、静脈に問題がある人や凝固障害のある人にはお勧めできません。

クリームで除毛

 

クリームを使った方法は、痛みもなく、毛が見えにくく禁忌もありません

しかし、アレルギー反応がないかどうか、必ずパッチテストを行いましょう。

  • 良い点:素早く、痛みなく処理でき、柔らかい肌を維持できます。
  • 悪い点:ムダ毛を取り除くことはできませんが、短くすることができます。そのため、数日で毛は元どおり伸びてしまうでしょう。

クリームには化学物質が含まれているため、アンダーヘアに使用する際は注意しましょう。また、人によっては敏感肌用の物を準備した方がいい場合もあります。

レーザー脱毛

お金が掛かりますが、効果的な方法です。完全に取り去るには8回ほどのセッションを受けなくてはいけないでしょう。

レーザー脱毛をしようと決めたら必ずリサーチをし、専門家の所に行くことが大切です。

レーザー治療には様々なタイプがあります。したがって、何が一番自分に良いのかを調べるべきでしょう。

  • 良い点:明らかに一番効果的な方法です。
  • 悪い点:お金と時間がかかります。1〜2ヶ月毎に1度、合計約8回のセッションに通うことが必要です。

 

ブラジリアンワックス

ビキニラインのムダ毛処理

ビキニラインのムダ毛を素早く綺麗にしたいという人にオススメの方法です。

  • 良い点:特に夏、ビキニラインを気にしなくても良くなる簡単な方法です。少なくとも最初は信頼出来るサロンに行くことをオススメします。

あなたはどの方法を選ぶ?

自分のアンダーヘアのタイプに合った方法、自分に出来る方法を考え、自分に一番合う除毛方法を選びましょう。

アンダーヘアを処理すると刺激を与え、毛嚢に炎症を起こすことがあります。ごく小さく開いた傷口となってしまうこともあります。また、暖かく湿った環境では細菌や微生物の繁殖が引き起こされることもあります。処理時には十分に注意して、その後もケアを怠らないことが大事です

あなたへおすすめ