悪臭を撃退!シンプルでエコな排水管の洗浄方法

· 9月 11, 2016
排水管のつまりや悪臭を撃退するには、一番の原因となる食べカスなどが流れていかないようにするだけではなく、排水管をしっかりと密封して清潔に保つことが大切です。

台所や洗面所の排水管からの悪臭は、多くのご家庭に共通する悩みの一つです。

日常生活でどのくらいの時間シンクを使うかに関係なく、排水管にはカビが発生して臭くなります。特に暑い日や雨の日など、悪臭は天候の影響も受けます。

消臭剤や芳香剤を使えば、悪臭を一旦消すことはできますが、すぐにまた悪臭が発生するので、長期的な解決方法とはいえません。

排水管のつまりや汚れを洗浄して、悪臭を取り除く化学製品はたくさんありますが、強い成分を含むこれらの化学製品は、私たちの健康と環境に多くの悪影響を及ぼします。

今回は、これらの化学製品とほとんど同じ効果が得られる、天然成分を使ったご家庭でのエコな洗浄方法をご紹介します。

この方法を使えば、悪臭にサヨナラできます! ぜひお試しください。

なぜ排水管は臭うのか?

ご家庭で簡単に手作りできる、排水管のつまりと悪臭を取り除く洗剤をご紹介する前に、悪臭の原因とその予防法をみていきましょう。

シンクから発生する悪臭の多くは、ほとんどの場合、私たちが気づかない日々の生活習慣が原因です。

洗剤と石鹸

2-detergents

シンクで洗剤や石鹸を使うと、その化学物質の一部が残り、最終的に排水管にこびりつきます。時間の経過と共にこれが悪臭の原因になります。

洗剤や石鹸をシンクで使うのは避けられないことですが、高品質の製品を使うことで、化学物質のこびりつきを最小限に防ぐことができます。

溜まった水

排水管は、が溜まるような構造になっています。これがバクテリアやカビを発生する原因になります。

水を溜めるという排水管の構造上、バクテリアやカビの発生を完全に予防するのは不可能ですが、定期的に排水管の洗浄を行うことで、バクテリアの繁殖を防ぐことはできます。

排水管の密封

3-piping

水道の蛇口やトイレの排水管は、時間の経過と共に湿気やカビによってその機能が低下していきます。

その結果、悪臭だけではなくバクテリアが繁殖して排水管の状態がさらに悪くなっていきます。

古くなった排水管はダメージを受けやすいだけではなく、様々な菌やバクテリアにとって最高の住処になります。

溜まった水、様々なカス、そして付着物などが積み重なって、最終的に排水管のつまりの原因になります。

食べ物のカス

4-food-scraps

排水管のつまりと悪臭の一番の原因は、間違って排水管に流してしまった食べ物のカスです。

お皿などから流れ落ちてしまう食べ物のカスを受け止める排水トラップを、必ず設置してください。

排水管のつまりや悪臭を取り除く方法

5-cleaning-supplies

排水管の悪臭の原因についてご説明してきましたが、ここからは、排水管を洗浄するエコな方法をご紹介します。

ベーキングソーダ(重曹)とホワイトビネガー(無色透明のアルコール酢)という、環境に優しい非常にシンプルな組み合せです。

殺菌作用のほかに、付着した油汚れやその他の悪臭の原因となる付着物を取り除き、排水管を洗浄する効果があります。

材料

  • ベーキングソーダ 1/2 カップ (100 g)
  • ホワイトビネガー  1 カップ (200 ml)
  • 沸騰させた水  1/2 リットル

使用方法

  • 水を沸騰させます
  • 沸騰したらホワイトビネガーを入れてよく混ぜます。
  • その間に、洗浄したい排水管に重曹を流し入れます。
  • 沸騰したお湯と酢を混ぜたものを排水管に流し入れます。排水管の中でこの二つが混ざります。
  • すぐに、驚くほどの目に見える効果が現れます。
  • その後、最短でも1時間は水やその他の物質が排水管に入らないように蓋をしてください。
  • 可能ならば、このまま一晩置くと最大の効果を発揮します。

悪臭を防ぐために、一週間に一度この作業を行ってください。

排水管を清潔に保ちながら悪臭を防ぐ、安価で効果的な方法です。そのうえ化学製品を使わないので、環境や私たちの健康に非常に優しい方法と言えます。