高血圧について知っておきたいこと

血圧は高すぎても低すぎても要注意。高すぎると、特に心臓にとって深刻な健康上のリスクがあります。
高血圧について知っておきたいこと
Eliana Delgado Villanueva

によってレビューと承認されています。 栄養士 Eliana Delgado Villanueva.

によって書かれた Carolina Betancourth

最後の更新: 06 12月, 2022

厄介な病気の発症を回避するために、そして特に心臓と循環器系を正常に保つために、血圧を適切に保つことは不可欠です。そのため、この記事では、高血圧を引き起こす可能性のある習慣についてお伝えし、高血圧を防ぐ方法もご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

なぜ高血圧になるの?

血圧 は、動脈の壁を押す血液の力です。心臓が鼓動するたびに、動脈に血液を送り込みます。このプロセスの間、血圧は高くなります。心臓が休んでいるとき、血圧は低くなります。

血圧は 高すぎても低すぎてもいけません。高すぎると、特に心臓に関しては深刻な病状に発展する可能性があります。高血圧の人は、他の合併症の中でもとりわけ、冠状動脈不全、狭心症、心臓発作、不整脈のリスクがあります。

原則として、動脈壁への圧力を増加させる要因はすなわち高血圧を引き起こす可能性があります。 高血圧発症に関連する病気は、とりわけ、睡眠時無呼吸、腎臓の問題、および甲状腺の問題です。避妊薬や鎮痛剤など、特定の薬は血圧を上昇させる可能性があります。

血圧の上昇につながる可能性があるものはいくつかあり、最も一般的なものには、次のものがあります。

  • 塩分の過剰摂取
  • 肥満につながる可能性のある身体活動の欠如。
  • 不健康な食事
  • 遺伝

さらに、下記のような特定の心理的問題も心臓に影響を与えることがあり、その結果、血圧が通常よりも上昇する可能性があります。

高血圧を防ぐことはできますか?

高血圧を防ぐことはできますか?

ほとんどの場合、高血圧は予防できる病気であり、そのため、いくつかの簡単な推奨事項に従うことが不可欠です。それらを見てみましょう。

  • 飲酒や喫煙は極力避ける
  • 健康的な体重を維持するようにする。
  • 少なくとも週に3回、少なくとも30分運動する。
  • 血圧が正常であることを確認するため、定期的に血圧をチェックする。
  • 高血圧な血圧値は収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上(140/90mmHg以上)の状態です

しかし、日常生活の中で、血圧は1日を通して変化する可能性があります。これは、血流を通じて、すべての臓器に正しい血液が供給されるためです。

運動中や運動終了直後に血圧を測定すると、必ず血圧が高くなります。これは、血液が活動に関与する筋肉に到達するために血圧を増加させる必要があるためです。エクササイズが終わり、少し休むと、血圧は通常に戻ります。

なので、慌てる必要はありません。 血圧が1日を通して上昇するのは正常です。むしろ、そうでない場合は逆に問題になる可能性があります。高血圧は、常に血圧が高すぎる状態です。そんな場合は医師に相談しましょう。

高血圧とは? 対処方法は?

高血圧とは? 対処方法は?
体内における亜鉛の機能は、味覚の調節から血圧の維持までさまざまです。

専門家は、血圧が常に140/90の間にあるとき、高血圧だと判断します。血圧の上昇は動脈に損傷を与える可能性があるため、これは心配な状況です。結果として、血圧は時間の経過とともにさらに増加する可能性があります。

医師が処方できる薬に加えて、毎日の習慣を変える ことで高血圧 を制御することができます。すでに述べたように、塩分が多い、保存が効く食品は避けたいものです。これらの食品には、体の正常な機能を損なう多くの塩や防腐剤が含まれているからです。

さらに、ソーセージ、揚げ物、ファーストフードなど、脂質が豊富な食品の摂取を制限する必要があります。これらは体重を増やし、ひいては高血圧を引き起こすからです。

カリウムが豊富な食品を毎日とることをお勧めします。カリウムは血圧を下げるのに役立つことがいくつかの研究で示されているためです。バナナ、アーモンド、クルミなどの食べ物をたくさん食べるのが良いでしょう。

にんじん、トマト、カボチャ、クレソンなどの果物や野菜もお勧めです。 また、オメガ3が豊富な魚を、少なくとも週に1〜2回、低脂肪の乳製品と一緒に食べることも重要です。

最後に、定期的に運動し、アルコールやタバコを避けることもお忘れなく。心臓の健康だけでなく、全般的な健康にもアルコールやタバコは悪影響です。

最後に

定期的に血圧をチェックすることをお勧めします。血圧が適切に制御されているなら、服用薬の量は減っていくはずです。

医師の推奨事項に従えば、薬を完全に撤回する時が来る可能性があります。ただし、それを決定できるのは医師だけです。いかなる状況においても、自分で投与量を変更することを決めるべきではありません。

そして、この記事でご紹介したアドバイスをぜひ試してみてください。血圧を下げるのに役立つだけでなく、精神的な健康にも役立ちます。 健康的な食事と運動は、心と体の健康を管理するための最良の方法です。きっと効果を感じることができるはずです

こちらの記事もおすすめです。
もう太らない!ぜひ食べるべき健康的な炭水化物
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
もう太らない!ぜひ食べるべき健康的な炭水化物

健康的な食事計画を立てるとき、体重の増加の原因にならない健康的な炭水化物を賢く選ぶことが大切です。炭水化物と体重増加の関係が話題になり、炭水化物のすべてを悪者にする風潮がありますが、大切なのはどの炭水化物を食べるかです。今回は、健康的な炭水化物をご紹介します。




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。