より良い睡眠のための4つのヒント

5月 13, 2016

睡眠は健康的に過ごす上でとても重要な役割を果たしています。より良い睡眠のための色々なヒントやコツについて良く目にしますが今回は、科学的に裏付けられた、より良い眠りを助ける4つの効果的な方法をご紹介します。

1.よりよい睡眠に適切な温度suimin

 

現在、多くの研究が、睡眠の理想的な温度は15〜20℃の間であることを示しています。この範囲から外れる場合、睡眠が困難になり始めます。例えば、カリフォルニア州立大学バークレー校は5年間調査を実施し、より低い温度での睡眠環境の方が、参加者がリラックスし、質のいいの休息をとれたと結論付けました。変に思えるかもしれませんが、本当です。 私たちの多くは、冬の夜は毛布やキルトををかけ、暖か快適でなければならないと考えがちです。

理想的には、睡眠環境を常に20℃以下に保つべきです。それより少し低いなら、なお可です。 夏の熱さは、寝るのが困難になります。ですから、今日から部屋の温度を調整してみて、自分自身で結果を確かめてください。

2.片足を布団から出して寝る

驚きましたか? でも本当です! 私たちの多くは、理由を知らずにやっていることです。「Science of US」に発表された研究は、その理由を説明しています。

  • 我々は深い眠りにあるとき、体の温度が数度下がります。
  • そうならない場合は、不眠症を経験しています。 体温は同じままで、不安になったり落ち着かなくなります。
  • 私たちの足は 、体温調節の最高の部位の一つなので、リラックスするほぼ確実な方法は、体を冷やすために、掛け布団の外に足を出すことです。体温が低下すると、より良く眠れます。ほとんど失敗はありません!

3.体の左側を下にして寝るメリット

体の左側を下にして寝るのは、本当に効果的で健康的です。:

  • リンパ系のように、体の器官の多くは、夜の時間帯にその機能が最高になります。この時間帯に、浄化、排出、酸素供給を行います。右側を下にして眠ることは、これらのプロセスはより困難にし、ひいては、深く健康的な眠りができなくなります。
  • 左側を下にして寝ると、消化が容易になります。胃もたれや膨満感がなく、より快適に、胃が機能できるのです。

4. 寝る2時間前に電子機器の電源を切るsuimin1

 

私たちの多くは、ベッドに携帯やノートパソコンを持ち込む傾向があります。ソーシャル・ネットワーキング・サイトをチェックし、友人や家族と話し、そのデバイスの電源をオフにして、眠りにつこうとします。Foundation for Geoenvironmental Health(地球環境健康財団)によると、私たちの重要な臓器は、電気インパルスを通して機能します。人工的電気インパルスにさらされると、次の現象が起きます:

 

  • 不眠症
  • 生体リズムの変化
  • 朝の疲労感。
  • 日中の集中力の欠如

ですから、よりよい睡眠のために、寝る2時間前にコンピュータ、携帯電話、テレビの電源をオフにしましょう。ベッドの中で映画やテレビ番組を見る習慣があるかもしれませんが、不眠症に苦しんでいるなら、この習慣を変えましょう。

寝る2時間前にすべての電源をオフにし、熱いシャワーを浴びてリラックスしましょう。そして 読みたい本を選び、静かに読んでください。 眠気は、最もリラックスできる形で少しずつ来ます。気づかないうちに目を閉じ、本のストーリーに巻き込まれていることでしょう。

あなたへおすすめ