【スマートヘルスケアって?】使われる技術と効果について

人工知能、エコロジーへの配慮、業務効率化など、テクノロジーの大きな進歩のおかげで、病院は患者により良いサービスを提供できるようになりました。
【スマートヘルスケアって?】使われる技術と効果について

最後の更新: 19 12月, 2022

ここ数十年、テクノロジーは進化を遂げ、大きな進歩を可能にしてきました。デジタル写真やスマートデバイスから、超音波手術や人工知能まで、ヘルスケアなどの重要な分野で、社会に新たな可能性を提供するために拡大し続けています。今回の記事では、スマートヘルスケアとは何か、その主なメリットは何かをご紹介します。

現代の病院は、ほんの20年、30年前とは大きく異なっています。幸いなことに、時代の流れは大きな技術革新をもたらし、プロセスを簡素化し、医療へのアクセスをより容易かつ効率的にすることが可能になりました。このように、医療機関ではインテリジェント・ソリューション(賢い、高度な解決法)を用いて生産性を向上させ、不必要なコストを削減し、患者により良いケアを提供することができるようになりました。

スマートヘルスケアとは?

インテリジェント・ヘルスケアとは、現代の病院が提供するIT(情報技術)を活用したサービスのことを指します。これは、業務効率や医療設備、そのサービスの質を向上させるために用いられます。 そのため、電子カルテ、AI診断、オンライン健康相談など、関連者の利益と実用性のために取り入れる病院が増え続けています。

汎米保健機構(PAHO) の情報によると、スマートホスピタルは、環境負荷の低減に役立つグリーンテクノロジーを採用しながら、構造面や運営面を強化する必要があるそうです。例えば、ソーラーパネル、低消費電力システム、非常時や自然災害時に病院を保護する蓄電池の使用などです。

このように、医療は少しずつ、プロセスの合理化だけでなく、患者が診察の際により良い体験を提供できるように変化しています。しかし、この変革には、必要な技術をすべて得るために、大きな投資が必要です。そのため、多くの重要な医療機関がすでに導入は開始していますが、すべての医療機関がこれらの機能を備えるには、まだ長い道のりがあります。

こちらもお読みください:病院に行く前に準備するべき12のこと

スマートホスピタルで使われるテクノロジー

スマートテクノロジー スマートホスピタル

スマートホスピタルは、大きなメリットをもたらす最新戦略を複数駆使しています。 主なメリットとしては、スマート医療を実現するためのAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、医療機器や医療用具に多く使われている半導体技術(センサーや制御システムなど)の導入が挙げられます。

半導体は、アプリと連動して簡単に採用できる身近なデバイスに必須です。スマートウォッチ、カプセル型内視鏡、CTスキャン、酸素濃縮器、MRIスキャンなどがその一例です。最近では、糖尿病患者をモニターできる製品も開発されています。このように、半導体は医療分野に欠かせないものであり、このような技術の力によって医療が進歩し続けていることは言うまでもありません。

また、スマートホスピタルでは、デジタルプラットフォームによって医師と患者の関係を改善し、対面だけでない医療を実現しています。ビデオ診察や迅速な報告、検査データの読み取りなど、医療における拡張現実を実現しています。

スマートヘルスケアのメリット

スマートホスピタルで質の高い医療を受けることができれば、待ち時間やサービスの質が向上するだけでなく、非常に危険な状態でもタイムリーに診断できるなど、多くのメリットがあります。さらに、重要な検査の結果をより早く知ることができたり、医療従事者間の仕事の優先順位付けが可能になることもメリットとして挙げられます。

ここでは、インテリジェント・ヘルスケアの主な利点を紹介します。

1. 業務・サービス効率の最適化

数値化されたデータを分析し、システムで管理することで、ヒューマンエラーを防ぎ、安全で質の高い医療サービスを提供することができます。また、業務を効率化することで、残った時間を社員のスキルアップや研究への貢献に充てることもできます。

2. 患者の利便性向上

患者の利便性向上

患者が何度も病院に足を運ぶ手間を省く工夫をすることで、病院だけでなく患者さんの負担も軽減されます。そのため、スマートホスピタルでは、待ち時間の短縮、遠隔チェックインの活用、ビデオ通話による診察、受付業務のスマート化、自宅で使用できる機器の増加による在宅医療の充実などが行われています。

3. 医療従事者の労働環境の改善

労働環境を改善することで、医療従事者の過重労働や人手不足の問題を軽減することができます。コロナウイルスの蔓延で顕著になった、医療緊急事態が今も続いている不便さを軽減したり、安定的な人材確保が可能となります。

4. 臨床データへの迅速なアクセスを提供

スマートホスピタルのデジタルチャネルはエンドツーエンドのセキュリティを備えているため、意思決定や診断のために臨床データにリアルタイムでアクセスすることが可能です。これにより、患者のプライバシーが保証され、極端な場合、生命を脅かす可能性のある場面で、医療プロセスを加速させることができます。

5. 重篤な疾患の発見を可能にする

深刻な健康状態の診断と治療に関しては、1秒1秒が重要です。人工知能アルゴリズムの活用により、医療画像を生成し、早急な治療が必要な病気の可能性をより早く発見することができるようになりました。生命を脅かす状態を数秒で検出するX線は、ワークフローを最適化し、医療画像の速度と精度を向上させます。

スマートヘルスケアの実現により、より正確な診断が可能に

スマートホスピタルは、医療センターをより安全で環境に優しい医療施設に変えるという課題を可能にする、複数のテクノロジーの導入による成果です。大規模な投資を必要とする時間のかかるプロセスではありますが、現代のあらゆる進歩を利用し、デジタル最適化のあらゆる利点を備えたスペースで質の高い医療にアクセスするための最良の方法です。

こちらの記事もおすすめです。
ナノ医療の進歩とその貢献について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ナノ医療の進歩とその貢献について

現在のナノ医療の進歩は、世界の人々に大きな影響を与える疾患の予防、診断、治療に焦点を当てた健康科学に貢献しています。この医学分野では、健康な組織に損傷を与えることなく病変組織の治療に取り組むために、ナノテクノロジーの知識を活用しています。今回の記事で詳しくご紹介します。



  • Gupta R, Srivastava D, Sahu M, Tiwari S et al. (2021). Artificial intelligence to deep learning: machine intelligence approach for drug discovery. Mol Divers. 2021 Aug;25(3):1315-1360.
  • Huang S, Yang J, Fong S, Zhao Q. (2021). Artificial intelligence in the diagnosis of COVID- 19: challenges and perspectives. Int J Biol Sci. 2021 Apr 10;17(6):1581-1587.
  • OPS. (2021). Hospitales Inteligentes. Oficina Regional para las Américas de la Organización Mundial de la Salud. Organización Panamericana de la Salud.
  • Ramesh AN, Kambhampati C, Monson JR, Drew PJ. (2004). Artificial intelligence in medicine. Ann R Coll Surg Engl. 2004 Sep;86(5):334-8.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。