よく眠るための自然療法

3月 12, 2016

なかなか眠れないことは、誰しも時々あるものですが、慢性的な睡眠不足は日常の不調となって現れます。よく眠ることは、体と心の健康のために最も大事な習慣の一つです。しかし現代のライフスタイルでは、電化製品による娯楽やその他の要因が 睡眠の質を低下させ、健康に影響するさまざまな問題の原因になることがあります。

気付かない人も多いのですが、睡眠の問題は子供たちにも起きることがあります。子供たちの睡眠の質に注意を払わず、問題を抱えていると気付かないことはしばしばあります。子供たちはベッドに入るとすぐ、小さな天使のように眠りに落ちるものだと思い込んでしまいがちですが、実際は全く逆のことが起こっている場合もあります。それでは、よく眠るためのヒントと自然療法について見ていきましょう 

よく眠るためには?

赤ちゃん-睡眠

年齢を問わず、睡眠の問題に対処するためには、リラックスしてよく眠れるように、睡眠習慣を変えることが大事です。

  • ベッドに入る少なくとも2時間前までには夕食を終えてください:体に、食べ物を消化するための十分な時間を与えることなく、眠りにつこうとする人は多いですが、よく眠るためには、この習慣を変えてください。軽めの夕食を、ベッドに入る2、3時間前までには食べ終わりましょう。眠る直前に食事するよりも、胃腸への負担が軽減され、睡眠が妨げられることもなくなります。
  • 刺激のあるものを避けましょう:アルコール、紅茶やコーヒー、たばこには刺激物が含まれているため、睡眠に直接影響します。
  • 寝る前にタブレットや携帯電話などの電化製品を使わないこと:しっかり睡眠を取り、休息したいのであれば、寝る前にタブレット、携帯電話、テレビなどの電化製品を見ることはやめましょう。いくつかの研究は、これらの製品と睡眠障害との間の関連性を示しています。専門家たちは、これらの使用を、眠りにつく少なくとも一時間前にはやめるように勧めています。
  • お風呂でリラックスしましょう:エッセンシャルオイルを入れたお風呂に入ることで、リラックス効果と安眠効果があります。
  • ハーブティー:ハーブティーにも睡眠の質を高める効果があります。いくつかのハーブティーには、リラックス効果、安眠効果と、不眠症などの問題を予防する効果があります。カモミール、ミント、トケイソウ、リンデン、レモンバーム、バーベナ、タイムなどが特に効果的なハーブです。好きなハーブを選び、カップ一杯分のお湯を沸かして少量のハーブを加え、5分間抽出してから、眠りにつく20~30分前に飲んでください

エッセンシャルオイルの軟膏

エッセンシャルオイル

前述の安眠のためのヒントに加えて、リラックス効果と、睡眠の質を高める効果のある、軟膏の作り方をご紹介します

材料

  • カカオバター 1/4カップ
  • ココナッツオイル 1/4カップ
  • ラベンダーのエッセンシャルオイル 20滴
  • カモミールのエッセンシャルオイル 12 滴
  • ユーカリオイル 10滴

作り方

  • 小さなソースパンとボウルを使い、ココアバターを湯せんにかけて溶かし、ココナッツオイルを混ぜてください。
  • 10分間おいてから、エッセンシャルオイルを加えてください。
  • これを冷蔵庫に入れて数時間待ち、クリーム状になったら出来上がりです

使用法

赤ちゃんの足-1

  • この軟膏を少量手に取り、寝る前に足を優しくマッサージしてください。リラックスできて、早く眠りに落ちることができるでしょう。
  • マッサージのあとはコットンの靴下をはき、すぐにベッドに入ってください。

忘れないで!

この自然療法は、睡眠の問題に対処し、よく眠れるようにするための代替療法です。自然で、害のない方法ですので、5歳以上であれば子供に対しても使うことができます。しかし、慢性睡眠障害などの症状に関しては、専門家の治療を受けることが重要です。もし睡眠の問題が繰り返し起きているなら、必ず医師に相談してください。

あなたへおすすめ