単糖:ブドウ糖の機能って何?

ブドウ糖は、体細胞の増殖をはじめとする機能の実行を可能にする単糖の1つです。しかし、体内のブドウ糖が過剰になり血中に蓄積すると、糖尿病などの慢性疾患を引き起こす可能性があります。
単糖:ブドウ糖の機能って何?

最後の更新: 20 4月, 2021

主要な単糖の1つであるブドウ糖と言う単語は、糖尿病に関連している場合を含め、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか? しかし、分子であるブドウ糖の特徴と人体での役割について正しく理解している人はほとんどいないと言えるでしょう。

ブドウ糖は体細胞の主なエネルギー源であり不可欠な存在です。つまり、すべての機能を実行するために必要なエネルギーを提供する栄養素です。単糖であるブドウ糖は自然な形で果物や野菜に含まれ、より大きな分子や多糖類の一部としても発生します。最もよく知られているのはでんぷんとグリコーゲンで、通常は米や肉などに含まれています。

ブドウ糖は人間の新陳代謝のすべてのプロセスの一部です。今回の記事では、ブドウ糖はなぜ存在するのか、そしてブドウ糖に関連する一般的な問題について説明します。

単糖:ブドウ糖

単糖 ブドウ糖 機能

前述のように、ブドウ糖は私たちが食物を通して得る栄養素です。消化プロセスにおいて、私たちの体のすべての細胞を維持するために食物はブドウ糖へと変換されます。

食事をすると、脂肪酸、タンパク質、炭水化物のいずれであっても、栄養素は血液に入り、肝臓に到達します。肝臓では一連の複雑な手順を実行して、栄養素をブドウ糖に変換します。次に、ブドウ糖は血中に移動し、そこから体の様々な場所に移動します。

すべての細胞は一連の反応を通じてブドウ糖をエネルギーとして使用します。これは、私たちの代謝の基礎です。したがって、単糖であるブドウ糖は、細胞の再生、組織の修復、筋肉の動き、神経機能などに関与しています。

ブドウ糖に由来する健康上の問題は何ですか?

ここまでで述べたように、人間はブドウ糖なしでは生きられません。そしてまた、ブドウ糖が何らかの形で関連する多くの病気があります。

糖尿病はブドウ糖が関連する病気の1つです。これは、体がインスリンを産生できないか、インスリンに対する抵抗性を発達させた病気です。

インスリンはブドウ糖が細胞に入るのを可能にする物質で、アクセスするための「鍵」のような存在です。私たちの体がインスリンを生成することができないか、必要以上に速く使用するとき、ブドウ糖の多くは血中に残ります。結果として、細胞はこの分子を十分に摂取できなかったり、多くの体組織に損傷を与える可能性があります。最も影響を受けるのは通常、血管、心臓、腎臓です。

残念ながら、糖尿病は現代社会で急速に蔓延している多因子性疾患です。これは、座りがちな生活や私たちが消費する食品の質の低下などの要因によるものです。

糖尿病に伴うすべてのリスクを防ぐには、血糖値を厳密に管理する必要があります。また、不健康な生活習慣に注意し、自分の健康と幸せのために生活習慣の改善を行うことが大切です。

血糖値の測定

単糖 ブドウ糖の機能

血糖値計と呼ばれる装置を使用して血糖値を測定できます。また、血液検査や尿検査で血糖値を計測することもできます。

現在は、血糖値をモニターする方法はたくさんあります。一般的に、断食を行うと血糖値は100mg / dl未満になるのが普通です。したがって、血糖値がこれらの数値を超えると、細胞に入るエネルギーの通過に問題が生じる可能性があります。

血糖値計は、血糖値を測定する機器です。先端を指に刺して血液を一滴取ると、数秒で血圧値がわかります。また、血液検査や尿検査では、腎臓から排出されるブドウ糖の量を知ることができます。

結論

ブドウ糖は、私たちの体にとって大切な分子です。血糖値が非常に高い場合と低い場合のどちらも私たちの健康を危険にさらす可能性があります。そのため、定期的に血糖値を時々測定することが大切です。糖尿病をすでに発症している場合や糖尿病を発症するリスクが高い場合は、1日に数回測定することが重要です。

それはあなたに興味があるかもしれません...
糖尿病の方へ 食生活の改善方法
みんな健康Read it in みんな健康
糖尿病の方へ 食生活の改善方法

糖尿病を発症した場合、合併症や症状の悪化を避けるためにも食生活の改善が必要不可欠です。血糖値をコントロールするためには、食生活に注意を払いながら、必要に応じて改善する必要があります。今回の記事では、糖尿病を発症した時に役立つ、食生活の改善方法をご紹介しましょう。お見逃しなく!



  • Kharroubi AT, Darwish HM. Diabetes mellitus: The epidemic of the century. World J Diabetes. 2015;6(6):850–867. doi:10.4239/wjd.v6.i6.850
  • McMillin JM. Blood Glucose. In: Walker HK, Hall WD, Hurst JW, editors. Clinical Methods: The History, Physical, and Laboratory Examinations. 3rd edition. Boston: Butterworths; 1990. Chapter 141. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK248/
  • Pickering D, Marsden J. How to measure blood glucose. Community Eye Health. 2014;27(87):56–57.
  • Hantzidiamantis PJ, Lappin SL. Physiology, Glucose. [Updated 2019 Aug 13]. In: StatPearls [Internet]. Treasure Island (FL): StatPearls Publishing; 2019 Jan-. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK545201/