体重を落とす7つの方法

· 7月 5, 2015

減量を目指すダイエットを行う時、間違った方法で行うと、自分が目指す目標体重を達成できないばかりでなく、リバウンドなど逆の結果が現れたり、ひどい時には深刻な健康被害を引き起こすことがあります。

ダイエットをしてはリバウンドをして、ダイエット前より体重が増えてしまう「ヨーヨーダイエット」という言葉があります。

これを続けると、体重が減らないどころか、肉割れ、セルライト、皮膚のたるみ、そして消化器系のトラブルなどの健康問題を併発するリスクが高まります。

食生活に気をつけ、適度な運動をしているのにもかかわらず体重が減らない場合は、ホルモンバランスの乱れが原因である可能性もあるため、必ず内分泌の専門医に相談することをお勧めします。

このような深刻な問題が原因でダイエットがうまくいかない場合を除き、健康に害を及ぼすことなく体重を減らすのに役立つ方法があります。

本記事では、知っておくべき7つの方法をご紹介します。

体重を減らす7つの方法

1.健康的で活発なライフスタイルを送る人と一緒に過ごす時間を増やす

すっきりと引き締まった体型の人は、健康的で活発な毎日を送っているため、このタイプの人と過ごす時間を増やすことで、健康的な食生活や適度な運動を維持するモチベーションになります。

2.エレベーターを使わず階段を使う

エレベーターではなく階段を使い、速めのペースで上り下りをすることで、心血管系の健康を維持する有酸素運動としての効果が期待できます。

また電車や車を使う代わりに一駅歩くなど、ジムなどで運動する時間がない忙しい毎日を送る人は、一日の中で歩く時間や階段を上り下りする時間を作りましょう。

こちらもご参考に:毎日のウォーキングの効果4選

3.夜間の食べる量を調節

就寝前にはできる限り食べないようにしましょう。

また健康的な食事を用意して、早めに食べるのも良いでしょう。こうすることで、就寝中に体内器官を休めることができます。

4.1回の食事の量を減らす

毎食ごとの食べる量を減らしましょう。

どうしても食べる量を減らしたくない場合は、一度の食事の量を減らし、回数を増やすことで、消化が良くなり、徐々に少ない量に体が慣れます。

5.毎食前の水分補給

朝食、昼食、夕食の前に、500mlの水を飲むようにすることで、ダイエット効果が高まります。

イギリスのバーミンガム大学が行なった研究によると、水を飲むことで食欲を抑制するだけではなく、代謝を向上させる効果が期待できることがわかりました。

6.なりたい自分をイメージする

鏡を見て、どのような体になりたいかイメージするのは、無理なく続けられ、早く目標を達成するための計画を立てるのに役立ちます。

ただし、健康的な食生活と適度な運動、そしてここまででご紹介したアドバイスと一緒に行ってください。

7.活発な性生活を送る

驚いた方もいるかもしれませんが、活発なセックスライフを送ることで、カロリーを燃焼するだけでなく、心身の健康に良い影響を与えます。

最後にこちらもどうぞ:充実したセックスライフから得られる驚きの効果