市販の殺虫剤を使わない害虫駆除法5種

· 12月 12, 2018
庭の植物を食べてしまう害虫を駆除したい方、また家の中の歓迎できない虫を退治したい方、この記事を読んでぜひ参考にしてください。

日々の生活の中で、あまり歓迎できない虫が侵入してくることがあります。蟻、ゴキブリなど、様々な種類の害虫がいます。中でも特に恐ろしいのがネズミです。

いずれにしても、害虫問題が発生したときに、それを根本的に解決する手段を持って置くことが大切です。自然の安全なものを使ってそんな有害生物や害虫を駆除したいという方に、手作りの効果的な駆除剤の作り方をご紹介します。これでしばらくの間はこの問題に悩まされずに済むでしょう。

 

農薬使用のリスク

家や庭に害虫が侵入してきたときに、まず最初に農薬の使用を考えるかもしれません。しかし、これは必ずしも最良の方法であるとは言えません。

第一に農薬は私たちの健康に多大な悪影響を及ぼします。世界保健機関(WHO)は、特定の化学物質に偶然、または意図的に晒されてしまった場合、わずかな量であっても、私たちの健康に著しい損害を与える可能性があると報告しています。ただし、これが被毒してしまう唯一の経路ではありません食品や汚染された水の消費によっても起こり得ます。それを避けるために多くの人がオーガニックの食品を選んでいます。オーガニック食品の生産は害虫による影響を受けることがありますが、農薬を使うことはありません。

こちらもお読みください:身近にあるものがどれだけ体に害を与えるか

5種類の害虫駆除剤

1、パクチー

パクチー 市販の殺虫剤を使わない害虫駆除法

パクチーは、特にダニを駆除するのに優れています。準備はとても簡単です。パクチーを10分間、煮て蒸したあと、漉して葉を取り除きます。それを植物にスプレーして振り掛けるだけです。

2、ラベンダー

300g分の新鮮なラベンダーの葉のエッセンスと1リットルの水を混ぜると、アリの侵入を防ぐ薬ができます。使う前に、液体を冷たくすることで効果が得られます。

こちらもお読みください:ラベンダーオイルの作り方と使い方

3、ゴキブリ駆除に最適!砂糖とベーキングパウダー

砂糖 市販の殺虫剤を使わない害虫駆除法

これは害虫を駆除するための毒として最もよく使われる成分の一つです。また、最も需要が高いものでもあります。ゴキブリは、家具、下水管、暖房、隙間や亀裂などに潜んでいます。ゴキブリを駆除するために以下の方法を試してください。

・必要な分の容器に、ゴキブリを引き寄せるための砂糖と殺虫する効果があるベーキングソーダを一緒に混ぜて入れます。そこに少し水を加えます。

それを家の中のゴキブリが現れるところにおいてください。

・床に直接置いても良いですが、その場合は水を加えないでください。

もちろん、市販の殺虫剤や駆除製品を使って、駆除することもできます。しかし、ベーキングソーダを使う方法は、それらと同じくらい効果的でありつつ、自然で経済的にも優しいオプションです。

この解決策に加えて、いつも家の中を清潔に整頓しておくことがゴキブリの出現を防ぐために大切です。家を清潔に保つこと、換気をよくすること、壁の割れ目はしっかりと塞いで、食器をシンクに置きっぱなしにしないことなどが重要です。

4、強力な殺虫剤としてのニンニク

これは、様々なタイプの虫から植物を守る効果的な方法です。害虫の侵入や発生を防ぐためにニンニクはとても強力な薬です。簡単にできて、あなたの庭を虫から守ることができます。

作り方は、にんにくを押しつぶして砕き、コップ2杯分の水と混ぜ合わせます。滑らかに混ざり合ったら、それを24時間置いておきます。

最後に、そこに水3リットルを加えたら、準備完了です。これを植物にスプレーすることで、害虫に悩まされずに済むでしょう。

5、重曹でネズミを駆除

ナトリウム 市販の殺虫剤を使わない害虫駆除法

ネズミは夜間に活動する夜行性の動物です。私たちが眠ろうとしている時に、鳴き声や引っ掻く音を聞くことがあるかもしれません。

ネズミを自然のものを使って駆除したい場合は、重曹がおすすめです。それを小麦粉と砂糖に混ぜて使います。砂糖の量は、他の2つの成分よりも約50%多めに配合してください。

ネズミが食べることができるような容器にこれらの成分を調合したものを入れます。これをネズミが摂取すると二酸化炭素が胃酸と混ざる時に発生するガスによって死んでしまいます。

害虫の駆除は、特にすでに害虫が住み着いてしまっている場合は、特に厄介です。自分で駆除をするのが困難な場合は、専門家に相談するのが良いでしょう。私たちの健康にそれほど有害ではないものを使って、対策をしてくれるはずです。