背中を強くするための6つのヒント

6月 22, 2017
姿勢を正すのは、強い背骨を保ち、健康に過ごすためにとても重要です。これは、あなたの身体の基礎であることを忘れてはいけません。背骨を強く健康に保ちましょう。

背骨は、身体の最も大切な部分で、あなたの動きの基礎となります。ですから、背骨を強く健康に保つことがとても大事です。

背骨を強くすると次のような利点があります。

  • 活動している時や立っている時に疲れにくい
  • ストレッチをする時、身体が柔らかくなったと感じる
  • リラックスしやすい
  • 腰痛がなくなる
  • 痛みなしに、日々活動することができる

これらの利点を全て実感できるでしょう。ですから、今日ご紹介する6つのヒントに従って生活してみてください。背中をより強く、美しく見せることができます。

1.より良い食生活を心がける

Zucchini-salad-with-croutons

健康的な食事を心がけることがいかに大切か、聞き飽きてしまっている人もいるのではないでしょうか? 健康になるためのアドバイスをする際、食事について語らずにはいられません。良い食事からのみ、身体に良質な栄養素を届けることができます。

健康的ではない食生活を送っていると、あらゆる面で身体に影響を与えます。あなたの背骨と腰骨を支えるのには、しっかりとした筋肉が非常に重要です。

しっかりとした筋肉を作るには、良質なタンパク質、果物、野菜、そして良い脂肪が豊富な食事をとる必要があります。これらの食事には、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、脂肪酸がバランスよく含まれているでしょう。

これらの栄養素が、関節、組織、背中の椎骨の腫れを抑えるのに役立ちます。痛みがある場合は、その痛みを和らげてくれます。

2.正しい姿勢で眠る

正しい姿勢で眠るのは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、その方法を知る人は多くありません。

横向きになって寝る場合、背中をリラックスさせることができます。しかし、頭と首を背骨に沿ってまっすぐに整えるために2つの枕を用意する必要があります。

うつ伏せで寝るのは、あまりお勧めできません。背骨を痛めてしまう可能性があるので、できる限り避けましょう。

そして、一定の睡眠スケジュールを習慣づけてください。自分にとって一番寝やすい姿勢を見つけましょう。日常の生活で、たくさんのストレスを受けている場合、睡眠は特に大切です。

3.パソコンを使う時も姿勢に気をつける

パソコンの使用は、ますます一般的になっています。パソコンを毎日数時間使うという人もたくさんいます。

私たちの生活は、パソコンによって色々な面で助けられています。しかし、気をつけないと背骨を痛めてしまう原因になります。

長時間デスクワークをしなくてはならない人は、必ず以下のことを試してください。

  • 人間工学に基づいた椅子を使用する
  • 肘を90℃の位置に保つ
  • 首をまっすぐリラックスさせる。無理に伸ばそうとしたり、片方に傾げたりしない。

このアドバイスに従えば、時間が経っても背骨が変形することがないでしょう。ストレスや慢性的な緊張が、背骨に留まるのも防ぐことができます。

4.ストレッチを習慣づける

Stretching

背中を強くしなやかに保ちたい場合には、ストレッチは必須です。起床後と寝る前に行いましょう。

ストレッチは、筋肉や組織を温めることができます。背骨を歪みや老廃物を取るのにも効果的です。

朝と夜、どちらも10分間もかかりません。日中は、一、二時間おきに行うのもお勧めです。

ストレッチは怪我のリスクも下げ、柔軟性と強さを作ってくれます。

5.良いマッサージを受ける

Massage-

時々、良いマッサージを受けると、背中に溜まった緊張を和らげてくれます。緊張して固まった筋肉はそのままにしておくと、なかなか取れにくくなります。そして、固まった筋肉は、痛みの原因となり、睡眠にも影響を与えます。

背中に不快感を感じる時は、その不快感をなくそうと違う姿勢を取ろうとします。その違う姿勢、歪んだ姿勢が、背骨を傷つける原因になり得ます。

不快感をそのままにしておかずに、マッサージ師の手を借りて、少しずつその不快感を和らげていきましょう。

一見、費用がかかり、あまり良くない解決策だと思えるかもしれません。しかし、これはあなたの身体にとって良い投資となります。その投資によって手に入る健康への利益を想像してください。

しかし、マッサージを受ける場所と人を選ぶのに注意する必要があります。しっかりと教育を受け、資格を持ったマッサージ師を見つけましょう。

マッサージは、簡単で誰にでもできるような気がします。しかし、知識がない人からマッサージを受けてしまうと、痛みに逆効果となる場合があります。

6.冷却療法と温熱療法

怪我をした時は、氷やヒーティングパッドを使用する治療法が一般的です。氷やパッドを痛みの周辺に当てて、痛みを軽減します。

冷却と温熱を交互に繰り返すことで、血流を増やし、筋肉の張りを和らげていきます。その結果、怪我や痛みが起こりにくくなります。

これは、お財布に優しく、最も良い治療法の一つです。

今日ご紹介した6つの方法を毎日の軽い運動と組み合わせください。数日で、背中が強くなってきたと実感できるでしょう。

 

あなたへおすすめ