お腹をぺったんこにするには

11月 11, 2015
ゴールへ到達するために、健康的でバランスの取れた食生活は欠かせません。十分な水分摂取、そして毎日、もしくは最低でも週に3回は運動を行いましょう。

見た目の理由だけでなく、健康も考慮した上で、ぺったんこのお腹を夢見ている人は多いはず。しかしたいていの場合、この夢の実現は難しいようです。というのも、夢の腹筋を得るにはかなりの努力が必要だからです。たった20回のクラッチで実現できるわけではありません。お腹の周りに増え続ける脂肪を止めるには、エアロビクスのような全身運動が必要です。

たとえば腹筋運動から始める際、ひとつのグループの運動だけを行うのではなく、全てのグループの運動を行いましょう。ゴールに辿り着くためには、一貫性が大事です。少しずつ繰り返しながら、20分間続けていってみましょう。そして、時間を少しずつ増やしていきます。

 

 

脂肪はどうして増えるの?

典型的には、脂質の高い不健康な食生活の結果として、脂肪が腹部周辺に増えていきます。果実や野菜の不足も関係しています。ストレスやホルモンのバランス、デスクワークなどのライフスタイルも脂肪の増加を引き起こしています。

お腹をぺったんこにするコツ

1

  • 果実や野菜などを多く食するようにし、脂質の高い食事を避けましょう。
  • 定期的な運動はダイエットの助けになります。もしくは、脂肪の蓄積を防げます。
  • 食べすぎに注意。少なめを数度に分けて食べる方が好ましいでしょう。
  • 水分補給に、1日グラス68杯のを飲みましょう。
  • ソースやマヨネーズ、チョコレートやアイスクリームといった脂質の高い食品を避けましょう。魚やナッツ、オリーブオイルなどがいいでしょう。
  • 砂糖の入ったソフトドリンクや、糖分の多い食品を減らしましょう。
  • 食事は、寝る2時間前までには済ませ、できれば野菜などの軽いものを食しましょう。サラダだと尚いいでしょう。
  • エアロビック運動を朝やるのがいいでしょう。

こちらも忘れずに!

2

せっかくの努力の賜物、なくなったはずの脂肪が、運動をしないで以前の生活に戻るとたちまちよみがえってくる、ということも覚えておくことが大切です。一貫性を持ち怠けることは忘れなくてはなりません。

 

あなたへおすすめ