何もかも思い通りにならないときに大切なこと

· 11月 27, 2016
物事がうまくいかない時期が続いても、恐れることはありません。休息し、自分の内面を見つめなおすための機会と考えましょう。

何もかもがうまくいかないように思える時期は、誰にでもあるものです。頭の中が混乱して、考えがまとまらないこともあるかもしれません。

しかし、矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、そのような時期はあなたにとって良いきっかけでもあります。

理由はシンプルです:物事をリセットし、仕切り直すチャンスをもたらしてくれるからです。心の中の弱い部分や、自分が本当にやりたいことを妨げている何かを見つめ、向き合うことで、再び歩き出すことができます。

また、自分を取り巻く状況は日々変化しており、つらい時期にもやがて終わりが来ます

時には不安、落胆、怒り、挫折感、失望などを感じることもあるかもしれませんが、この記事が、心の中に起きていることや、その理由を冷静に見つめ、問題に対処していくためのヒントになれば幸いです。

うまくいかない日々

鬱

人は皆、自分の個人的な空間を守ろうとする傾向があります。分厚いよろいを身にまとうこともありますし、日々を何とかやり過ごすために、偽りの幸せという仮面の後ろに、自分の本心を隠すこともあります。

つらいことが起きても心の痛みを隠し、何事もなかったように振る舞うことをいつの間にか学んでいたという人も多いのではないでしょうか。

「やらなきゃいけないことが、こんなにたくさんあるのに、休んでいる暇や、起きたことをゆっくり理解するための時間なんてどこにあるっていうの!」と言いたくなる人もいることでしょう。

  • 人はごく自然に、頭が痛いときは鎮痛剤を飲み、歩き疲れたときは座ります…しかし、思い通りにならない苛立ちや、不安、悲しみにとらわれたときは、どうしたらよいのでしょうか?
  • こういった感情に対処する方法を教えてくれる人はほとんどいません。そのため、立ち向かうよりも、何もなかったことにしてやり過ごす方が楽だと感じる人は多くいます。

しかし、何が自分を傷つけ、悩ませているのかはっきり知ることは、本当はとても大事なことなのです。向き合わずにやり過ごすと、後々まで影響を残します。ずっと心の中に残り続けて、やがて心や体の不調となって現れることもあります。

こちらの記事もご覧ください:悲しみが体に与える影響

泣いている女性

心が泣くことを必要としているなら、泣きましょう

私たちに備わっている心や体の機能は、その全てに意味があります。「泣く」という行為にも、心を解放したり、浄化したりする働きがあります。

  • 泣くことは、人間特有の行為です(ゾウも泣くと言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません)。泣いて心を解放することで、ネガティブな感情に対処する準備ができます。
  • 泣くことには緊張を和らげる効果がありますし、脳をすっきりとさせて、物事をよりクリアに考えられるようにもなります。
  • 泣くことは、心の痛みを和らげるための最も効果的な方法の一つです。

心が泣くことを必要としているときに、感情を抑え込むことを繰り返すと、ストレスが蓄積されていき、心が追い詰められてしまいます。心の中に溜まったものが頭痛や疲労、不快感のような身体的症状となって現れることもあります。

心が休息を必要としているなら、休みましょう

疲れたときに少し休むことは、身近な誰かや何かに置いていかれることとイコールではありません。

自分の心が休息を必要としていると自覚するのは、とても大事なことです。

  • 自分の内面を掘り下げていき、何が自分を傷つけ、悩ませているのか、何が自分の本当にやりたいことを妨げているのか、ゆっくりと考えてみましょう。
  • 心の中のもつれた糸を少しずつ解きほぐしていき、自分の弱い部分や、癒しを必要としている部分を怖がらずに見つめましょう。分厚いよろいをまとっている人ほど、その中身はもろいという場合もあります。

誰もが心の中に弱い部分を持っていますが、それをコントロールするためには、まずそれについて知る必要があります。

こちらの記事もご覧ください:悲しみを癒してくれる食品や自然療法

膝を抱える少女

気持ちを伝えることを恐れないでください

自分の思いを伝えることを恐れる必要はありません。今よりも少しだけ自己主張することで、自分のことを知ってもらい、相手のことも理解するきっかけになります。

「ゆっくり考える時間がほしい」「外の空気を吸いたい」「しばらく一人になって考えごとをしたい」「ストレスを発散したい」と、正直な気持ちを遠慮せずに伝えてよいのです。

  • また、誰かの助けを必要とすることは、恥ずかしいことではありません。例えばコーヒーを飲みながら友人に話を聞いてもらうだけでも、気分は少し明るくなるはずです。
  • どんなつらい時期も、永遠に続くことはありません。今は嵐の中にいるように感じても、それが過ぎ去った後には、明るい日の光とさわやかな風が訪れ、不安もきっと消えていくはずです。

自分が本当に必要としているものに気付くこと、心を解放すること、そしてあなたを愛している人の支えが、つらい状況を乗り切るための助けとなることでしょう。