みんなで遊ぶことの大切さ

2月 17, 2020
子どもたちがグループになって一緒に遊ぶことの利点をご存知ですか? グループ遊びは、共通の目的を達成するためにチームワークを促進する活動の一種です。

子どもたちが一緒に遊ぶことは、チームワークを促進する遊びです。ここでの目的は、お互いに競い合うことに焦点を合わせるのではなく、共通の目標を達成することです。子ども同士グループで遊ばせることは、今の時代の価値観で教育する中で最適です。また、大人になったときに必要な社会的スキルを身に付ける方法でもあります。

みんなで遊ぶ

この種の遊びは、リラックスしたフレンドリーな環境で、どんな子も仲間外れになることなく参加でき、競争心を煽るような種の遊びの代わりとなることを目指しています。このスタイルでは、それぞれの子どもが自分のスキルで遊べます。

子どもたちを一緒に遊ばせることには多くの利点があります。短期的には、建設的な教育環境を生み出すのに役立ちますし、長期的には、社会的スキルを向上させます。

こちらもお読みください:どうする? 子どもの兄弟ゲンカの対応方法

みんなで遊ばせるべき理由

1.認識力、尊敬心、連帯感を育む

みんなで遊ぶことの大切さ
「共感」はグループ遊びで育まれる価値観の1つで、目標は仲間意識と尊敬心を促すことです。

ます、みんなで遊ぶことは敬意と連帯の原則に基づいています。つまり、差別と戦う心を遊びを通して学ぶのです。いじめを防ぐ方法にもなるでしょう。

こちらもお読みください:子どもスとマホ メリット&デメリット

子どもたちが同級生に共感できるように導く遊びを採用している学校もあるでしょう。こういった遊びを通して、誰か他の人の立場になって考え、一緒に課題を解決するための選択肢を見つけ出すようになります。

2.みんなで遊ぶことで、協力とチームワークについて学ぶ

このような遊びは、参加者全員が力を合わせ、互いに助け合うように導きます。解決するためにチームとして力を合わせないといけないゲームを選ぶと良いでしょう。誰かが一人勝ちするようなゲームは避けた方が良いでしょう。

子どもたちはお互いの特別なスキルを大切にし、どうスキルを使うべきかを学びます。たとえば、「算数が得意だけどスポーツはあんまり」な子でも、レースに勝てないからと言って仲間外れにされることはありません。代わりに、自分ができる他のタスクを担当すれば良いのです。

3.コミュニケーション能力を鍛える

みんなで遊ぶことの大切さ
グループで遊ぶためには、子どもたちが互いにコミュニケーションをとる必要があります。そうして社会的スキルを磨くことができます。

ゲームで解くクイズや課題を解決するには、子どもたちは仲間とコミュニケーションを上手にとる必要があります。ですので、自己表現を鍛える練習になります。

同時に、お互いが言うことに耳を傾けることも学びます。これは例えば、恥ずかしがり屋であまり話さない子どもと、おしゃべりな子どもとの間のコミュニケーションのバランスを取ることを目的としています。

4.みんなで遊ぶことで仲直りの仕方を学ぶ

遊びを通して、子どもたちは問題の解決方法を知らぬうちに学びます。

最初のステップは、仲直りしたい時に気持ちを表現することを学ぶことです。遊びを通して学べば、学校など他の場所でも同じことができるようになります。同様に、大人になれば、このスキルを家庭や職場で役立たせることができるでしょう。

5.自信を育てる

みんなで遊ぶことの大切さ
協力して遊ぶことで自信と自尊心が高まります。

もう一つ、みんなで遊ぶことで培われるのは、すべての子どもの自尊心と自信を高めることです。遊びを通して、共通の目的を達成するためにチームとして機能することを学びます。仲間を観察し、自分が知らなかった才能を発見するかもしれません。

みんなで遊ぶことは、教育環境に取り入れるべき優れた教育ツールです。子どもたちは見るものすべてを吸収するまるでスポンジのようです。したがって、仲間遊びで学ぶことは、非常に自然な形で育まれます。

  • Bay-Hinitz, A. K., Peterson, R. F., & Quilitch, H. R. (2006). Cooperative games: a way to modify aggressive and cooperative behaviors in young children. Journal of Applied Behavior Analysis. https://doi.org/10.1901/jaba.1994.27-435
  • Creighton, S., & Szymkowiak, A. (2014). The Effects of Cooperative and Competitive Games on Classroom Interaction Frequencies. Procedia – Social and Behavioral Sciences. https://doi.org/10.1016/j.sbspro.2014.04.402
  • Marker, A. M., & Staiano, A. E. (2014). Better Together: Outcomes of Cooperation Versus Competition in Social Exergaming. Games for Health Journal. https://doi.org/10.1089/g4h.2014.0066