メタミゾールの使用とその副作用について

23 7月, 2020
プロスタサイクリンの合成に作用する他の非オピオイド系鎮痛薬とは違い、メタミゾールは、胃腸に悪影響を与えることがありません。
 

メタミゾールは、強力な抗炎症剤であるのに加え、薬理作用のある薬剤です。パラゾール誘導体科、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)のグループに属します。今日の記事では、このメタミゾールの使用とその副作用について詳しく見ていきましょう。

メタミゾールは、痛みや熱の治療に優れています。市場では、2種類の形式で販売されています。メタミゾールナトリウムとメタミゾールマグネシウムです。

この薬剤はかなりの確率で乱用されることが多いようです。かなり強力な薬ですので、主に腫瘍や内臓の痛み、コリックの患者に推奨されています。また、術後の痛みを緩和し、他の薬剤では下げられない熱を下げる効果もあります。

メタミゾールは、1920年に実験室で合成されましたが、最初に市場に出たのは1922年です。ノバルギンやジピロンなどの商品名で販売されました。

現在メタミゾールは、ジェネリックも含め、様々な会社から販売されています。

発熱

熱を測る女性

発熱とは、体温が一時的に上昇することです。発熱の原因はなんらかの病気であることが一般的です。発熱は、体に何か通常とは違ったことが起こったときに働く防御メカニズムです。

 

人間の平温は、37度からプラスマイナス約0.2度です。アメリカでは、体温が38度より高い場合、発熱していると考えられていますこれは、通常の体温だと考えられる上限を超えたと考えられる温度です。

発熱物質(ピロジェン)は、様々なメカニズムを通して熱を誘発させます。微生物のような外部の発熱物質の相互作用や、インターロイキンのような内因性の発熱物質、腫瘍壊死因子TNF-α、終末器官と呼ばれる視床下部の構造が発熱を引き起こすでしょう。

ですが、熱の原因は感染だけではありません。以下のようなものも引き金となるでしょう。

  • 炎症を伴う発熱
  • 薬剤による発熱
  • 脳の怪我からくる発熱
  • 内分泌熱

こちらも合わせてどうぞ:無顆粒球症:その症状と治療

メタミゾールは体にどのような影響を与える?

メタミゾールは、痛みと熱に対して効果を発します。炎症性のプロスタグランジンの合成を減らす活動をします。この活動が達成されると、プロスタグランジン合成酵素の活動が阻害されます。プロスタグランジン合成酵素とは、その名の通り新しいプロスタグランジンを合成する酵素です。

プロスタグランジンは、炎症反応や熱の生成における様々な過程で、痛みの神経終末を刺激することで参加する脂質の性質を持つ物質です。

しかし、メタミゾールは、他のNSAID薬とは違い、リポ多糖によって引き起こされる発熱を阻害することが可能です。さらに、プロスタグランジン合成酵素を阻害するだけでなく、シクロオキシゲナーゼの非選択的阻害薬であり、この阻害薬は鎮痛作用も持っています。

 

こちらも合わせてどうぞ:非ステロイ ド抗炎症薬:アセクロフェナクの効果について

メタミゾールの副作用

薬 メタミゾールの使用とその副作用について

メタミゾールはとても安全な薬剤ですが、その副作用から商業化を禁止しているヨーロッパ諸国もあります。プロスタサイクリン合成に働きかけるその他の非オピオイド系鎮痛剤とは違い、メタミゾールは、胃腸に深刻な影響を与えることはありません。

しかし、他の薬剤と同じく、副作用の引き金となることはありますので、服用する期間などは必ず考慮しましょう。

無顆粒球症の患者が服用する場合、その副作用に特に注意を払わなくてはいけないでしょう。また、白血球減少症や血小板減少症の引き金となることがあるかもしれません。こういった症状はすべて、薬剤に対する過敏反応です。

メタミゾールの副作用として、以下のようなものも考えられます。

  • ライエル症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群
  • 喘息発作
  • 血圧の深刻な低下(服用量による)

まとめ

メタミゾールは、発熱や痛みの緩和に広く使われている薬剤です。ですが、他のどの薬剤にも言えることですが、副作用の引き金となり得るため決して乱用してはいけません。また、服用する前に必ず主治医や薬剤師に相談しましょう。

 
 
  • vademecum. (2019). Metamizol sódico.
  • Bar-Oz, B., Clementi, M., Di Giantonio, E., Greenberg, R., Beer, M., Merlob, P., … Berkovitch, M. (2005). Metamizol (dipyrone, optalgin) in pregnancy, is it safe? A prospective comparative study. European Journal of Obstetrics and Gynecology and Reproductive Biology. https://doi.org/10.1016/j.ejogrb.2004.07.004
  • Escobar, W., Ramirez, K., Avila, C., Limongi, R., Vanegas, H., & Vazquez, E. (2012). Metamizol, a non-opioid analgesic, acts via endocannabinoids in the PAG-RVM axis during inflammation in rats. European Journal of Pain. https://doi.org/10.1002/j.1532-2149.2011.00057.x