本当に心の準備は出来ている? /新しい恋を始める前に考えるべき8つの事

· 4月 14, 2017
新しい恋をして幸せになるためには、過去を乗り越え、自分自身を愛せなければいけません。ここでは、新しい恋を始める前に、考えておくべき8つの事をご紹介します。

過去に悲しい経験をしていると、新しい恋を始めるのはなかなか勇気のいることです。

もし新しい人と出会っても、恋が始まることに躊躇し前へ進めないと感じるなら、今までのことを振り返ってみる必要があるかもしれません。

ここでは、新しい恋がより幸せで、より健全で、より長く続くために考えておくべき8つの事をお伝えします。

 

1.本当に次の恋に進む心の準備は出来ていますか?

恋愛には時間とエネルギーが必要です。新しい恋を始める前に、心と生活の準備が100%整っているか考えてみましょう。

もし新しい仕事を始めたばかりだったり、に向かって突き進んでいる時だったり、または家族内で問題が生じている場合など、気持ちに余裕がない時は、あまり恋を始めるのにいい時期だとは言えません。

新しい恋を受け入れる前に、今の厳しい状況が過ぎ去るのを待ちましょう。

 

2.元カレ、元カノを引きずっていませんか?

元カレ、元カノの事を引きずっているかどうか、良く考えてみましょう。もし今だに引きずって忘れられていないのならば、新しい恋など出来るはずがありません。

そのまま新しい恋に進んだところで、絶対にうまくはいきませんし、相手の自尊心や気持ちを深く傷つけてしまいます。誰かの2番手でいることを喜ぶ人はいませんし、またそういう扱いをするべきではありません。

まずは自分の事を見つめなおしてみましょう。前の恋愛でいったい何が悪かったのか、なぜ別れることになったのかを良く考えて、次の恋愛を成功させるため、自分を変えていきましょう。

 

3.元カレや元カノと上手くいかなかったのはなぜ?

別れに行きつくには、様々な原因があります。遠距離、互いの信用、正直になれなかったなど、その理由になった要素をリストにして書いてみます。

そうすることで、改善点が分かりやすくなります。新しい恋が上手くいくためにも、何が悪かったのか明確に知ることはとても大切です。

逆に、前の恋愛のどういう所が上手くいっていたかを考えることも大切です。もし何も浮かばなければ、周りを見渡してその人たちが上手くいっている理由を探りましょう。

 

4.どんな恋人が欲しいと思っているの?

どれだけ真剣に次の恋愛について考えていますか?これはあなた自身もそうですが、未来の恋人にとっても大切な問題です。

ただ楽しいだけの関係でいたいのか、それとも真剣に将来を見据えて付き合いたいのか、その辺をはっきりさせなければいけません。

どちらにしても、今後付き合うことになる相手にはそれを伝えておいた方が良いでしょう。そうすることで、時間の無駄を省くと同時に、互いの気持ちや立場をはっきりさせられるのです。

 

5.価値観が近い、もしくは共有できる相手ですか?

好きな映画や本、料理、趣味が同じだからと言って、その人が完璧な恋人になるとは限りません。もっと深い部分で繋がれるかどうかが鍵となります。

宗教や政治など関係なく、人への接し方、世の中をどう見ているかなどについて互いに共感できるかどうかです。

その人は物事に一生懸命に取り組む人ですか?もし人生を共に過ごすのならば、子供たちにどういった事を教えてほしいですか?それはあなたの考えと同じですか?

これらはとても重要なことです。

 

6.どんな恋愛がしたいですか?

心の支えになる人が欲しい、ただ単に一緒にいてくれる人が欲しい、真実の愛がほしいなど、恋人に求めることは人それぞれ違います。

繰り返すようですが、新しい恋に進む前に、自分が何を求めているのかはっきりさせましょう

これが本当に自分が欲しいと思う恋愛、恋人を手に入れる近道なのです。

 

7.自分自身を愛していますか?

決まり文句のようですが、自分自身を愛せない人が、他の人を愛することはできません。

自分は愛される価値がないという思いに囚われていると、人から差しのべられた愛情を拒絶してしまうという行動に出てしまいがちです。

これは相手をとても傷つけてしまいます。

 

8.今、本当に恋人が欲しいと思っていますか?

今までの恋愛に少し疲れていませんか?今は色んな事を整理するために1人の時間が必要だと感じていませんか?

もしそう感じるのであれば、しばらく自分のための時間を取りましょう

以上8つのことをじっくり考えてみてください。その結果「恋人が欲しい!」「恋愛がしたい!」と思うのであれば、どんどん前へと進んでいってください。

逆に、自分の時間が必要、心を癒す時間が必要、自分を見直す時間が必要と感じるのであれば、何も急ぐことはありません。ゆっくりと心の休息をとりましょう