恋人がいる人から好かれてるかも?好意を示す態度やサイン

8月 30, 2019
どうやったら相手の気持ちを知ることができるのでしょうか?どのような態度が好意を持っている本当のサインなのでしょうか?

恋人がいる人があなたを好きになり、その人からの視線を多く感じるようになる。その人にはすでに恋人がいることを知っているけれども、あなたを好きかどうか気になってしまう。

見方によって、状況を不愉快に感じる人もいれば、誘惑的に感じる人もいます。あなたがその人に魅力を感じているようであれば、その人の気持ちについても気になっているでしょう。

問題は単純な親切心のために優しく接してくるのか、自分の気持ちが混乱しているだけなのか、または2人の間に本当に化学反応があるのかが分からないことです。

どうやったら相手の気持ちを知ることができるのでしょうか?どのような態度が好意を持っている本当のサインなのでしょうか?

好かれていると知ることができるサインは次の通りです。

1.よく目が合う

好意 サイン 恋人がいる人

あなたに惹かれている場合には視線が変わります。いつでも見てくるようになるでしょう。

自発的にそうしているのかもしれませんし、または無意識のうちにあなたを見ているのかもしれません。避けようとしても、あなたが通りがかった際や近くにいる際に見てしまうのです。

ご存知ですか?パートナーとの関係が悪化する5つの理由

2.近くにいたがる

恋人がいる人があなたを好きな場合、その人はあなたの近くにいたいと願っているはずです。その人と友達であるならば、一緒にいる機会が多くなるでしょう。また、他の友達に対する態度とあなたへの態度が異なることに気付くかもしれません。

恋人がいたとしても、あなたと交際するチャンスがあるのかどうかを見つけ出すことに興味があるのです。

3.プライベートを共有してくる

好意 サイン 恋人がいる人

恋人がいるにも関わらず、あなたに話してくることが多いのは好かれているサインのひとつです。1日の間に何回か話す機会があり、どこに行くのかや何をするのかなどを話してきます。

あなたの予定やその日がどうだったかに興味を示してくるようであれば、友達以上の感情があるのかもしれません。

4.恋人と比較してくる

他人と比較されることが好きな人はいません。しかし、あなたを恋人と比較し始めたら、間接的にあなたを好きであることを伝えているのかもしれません。

恋人があなたのようであって欲しい、またはあなたのような性格であって欲しいなどと伝えてくる可能性があります。

5.誘われることが多い

お誘い 好意 サイン 恋人がいる人

友達として、一緒の時間を共有したいと思うことは自然なことです。しかし、恋人とできることを一緒にしようとしつこく誘ってくることは自然なことではありません。

恋人よりもあなたとより多くの時間を過ごしたいと思うことは、友達以上の好意があるということです。あなたのことが好きで、素敵な時間を一緒に過ごしたいという相手からのメッセージなのです。

ご存知ですか?2人の気持ちは冷めているのになぜ別れない?

6.他の人との交際に嫉妬してくる

他の人と交際することになったことを伝えたときに、嫉妬してくる可能性が高いでしょう。

このことがきっかけで、あなたへの態度やアプローチが変わるしれません。または、あなたにとって良くないので、その人と交際するべきではないと言っていることもあります。

7.恋人と問題があったときに電話をしてくる

好意 サイン 恋人がいる人

これは、あなたが「2番目である」と感じさせるかもしれません。しかし、あなたのことを気になっているその人は、恋人と問題があるときにあなたに助けを求めてくるでしょう。

今の関係が終わった場合にあなたと付き合うチャンスがあるのかどうかを探るために電話をしてくるのです。

8.あなたの社会サークルの一員になろうとしてくる

友達と行く場所のどこでもその人に偶然に合うことが多いと気づいたことはありますか?それはもしかしたら偶然ではないかもしれません。

その人があなたに惹かれていたり、あなたを好きな場合には、あなたに合うため、または近づくために無限の可能性を求めています。あなたの社会サークルの一員でなれば、あなたの近くにいることがより簡単になります。

9.近くにいるときに、注目を引こうとしてくる

顔の表情、体の動き、そして態度の全てが、あなたを好きであるというサインの可能性があります。

同じ場所にいるときに、注目を引くことによってあなたにその人の存在を気付かせる。時には、姿勢や声のトーンを変えることもあります。

すでに恋人が人があなたを好きであるということに確信を持てますか?確信を持てるようであれば、どんな決断を下す前にも状況を慎重に分析しましょう。板挟みなることは、決して簡単ではないということを覚えておいてください。