キッチンを低コストでおしゃれにする方法

装飾的なビニール、接着タイル、黒板壁などさまざまなアイテムを活用して、キッチンを改装することができます。他にも、予算内でできるリノベ方法を紹介します。
キッチンを低コストでおしゃれにする方法

によって書かれた Maria Margarita Barrios Quintero

最後の更新: 20 1月, 2023

「キッチンの内装が気に入らなくなったから、リフォームしたいなあ」と思うことがたまにあるのではないでしょうか。美味しい毎日の料理が生まれる場所に、新しい雰囲気を生みたい気分、でもあまり予算がない場合はどうしたらいいのでしょう? 低コストでできるキッチンのインテリアをご存知ですか?

低コストでも、予算内で素敵な変身を遂げることは可能です。ただ、それを実現するために何をしたいかをまず知っておく必要があります。ここでは、いくつかのアイデアをご紹介します。

1.ビニール壁紙ステッカーは、低コストでキッチンを装飾に最適なオプションの1つ

見栄えの良い経済的な代替手段を探しているなら、ビニールの壁紙ステッカーは、特におすすめのアイテムのひとつ。どんな好みにも合うデザインがたくさんありますし、取り付けが簡単で、特にセラミック、タイル、木材など、多くの表面に付着させることができます。

壁紙ステッカーには、床用やキッチンの壁用にデザインされたものもあります。ビニール製のステッカーを使用すると、非常に簡単に今とは異なるスタイルをキッチンに導入することができます。

さらに、汚れや水分に強いことも考慮する必要があります。これは、キッチンという場所には欠かせない機能です。

キッチンの低コストの装飾
キッチンのデコレーションを低コストに抑えるために、自分が望むものについてまず慎重に考えてみましょう。手頃な価格のオプションで済むときもあります。

こちらもお読みください:お部屋をヴィンテージ調にする方法

2. 接着タイルで外観に変化を

キッチンの低コストデコレーションを考えるとき、粘着タイルは外せません。たくさんのお金を投資しなくても、あっという間にキッチンを素敵に仕上げてくれます。

コスト面とは別にも、他の利点があります。実に多くのデザインがあり、掃除も簡単で、取り付けも複雑ではありません。実際、取り付けは非常に簡単で、自分でもできます。

3. 黒板塗料を塗った壁についてどう思いますか?

頭に浮かばないアイデアでも、誰かがやっているのを見て、「そうだ、やってみよう!」となることがありますよね。黒板塗料で壁を塗ると、ユニークなスタイルになるだけでなく、便利なこともあります。黒板に絵を描いたり、レシピを書き留めたり、その週に作る料理を計画したり、とそんな役に立つキャンバスが常にそこにあるのですから!

黒板にするための壁さえあれば、簡単に低コストでキッチンのインテリアになります。

4. 手っ取り早く壁の色を変える

どんな場所にも、これまでとは違うタッチを与えるためには色を使うことが早いです。インターネットで検索してみて、どのような配色が今の季節に似合うか見てみましょう。鮮やかな色合いはどうでしょう? ペンキ缶を買ってきたら、あなたの台所は、数日で新しく生まれ変わるはず。

一方、壁の代わりに家具をペイントすることについてどう思いますか? どの家具でも、色を変えることでガラリと変化が加わることでしょう。作業する時には、他のものが汚れたりしないように、周りを養生することをお忘れなく。

キッチンの低コストの装飾
キッチンの木製家具をペイントするだけでも、全体の外観を変更するのに十分である可能性があります。

こちらもお読みください:キッチンのためのスケジュールボード

5. ちょっとした絵で印象が変わる

新しい印象を与えるために、大がかりな工事をする必要がない場合もあります。ちょっとしたこと、たとえば数枚の絵があれば十分です。新しい食器やグラスなどの飾りと組み合わせてもよいでしょう。

キッチンに変化を与えるには、適切な絵画を選ぶことが大切です。

その他のシンプルで低コストの装飾方法

インテリアに関しては、小さなものでグッと変化を出すことができるのを覚えておきましょう。照明を変えることも手軽にできることの一つで、スタイルのテイストを合わせるのがコツです。

一方、キャビネットの取っ手を新しくすることもおすすめです。最近では、さまざまなモデルやカラーバリエーションがあり、ショーケースをモダンにもヴィンテージにも見せることができます。あなたの好きなようにできるのです!

こちらの記事もおすすめです。
マイホームを美しく!インテリアにおける6つのポイント
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
マイホームを美しく!インテリアにおける6つのポイント

自宅のどこか一部屋でもいいから新しくしてみたい……とお考えなら、まずはどのような部屋にしたいのかリサーチをしてみましょう。そうすれば、想像しやすいですし、どのような方法があるのかがわかりますね。今日は インテリア を変える際に覚えておきたい ポイント を6つご紹介します。


ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。