家庭でオーブンを使わずに魚のグラタンを作ろう

· 9月 29, 2018

赤身の肉をできるだけ食べないようにしている方は、このレシピを気に入ること間違いなし。今日は、オーブンを使わずにグラタンを作ってみましょう。このレシピに挑戦して損はありませんよ。

「グラタン」はかなりの高温で食べ物を焼いて、外側を黄金色にカリカリにする調理法の一つです。このグラタンで作る外側の部分が内側の食べ物を保護するため、通常ならば焦げてしまったり、逃げてしまったりする香りや味を中に封じ込めて調理することができます。

外側の部分を作るには、チーズやパン粉、ソースといった材料を使いますが、シェフはどの料理にも合うベシャメルソースを作ることがほとんどのようです。

魚を食べると体にいい、とはもう聞き飽きたことかと思いますが、その理由をきちんと分かっていますか? この記事を読んで、魚がバランスの取れた食事をするにあたって、最も完全性の高い食品の一つであることを学びましょう。

魚は、体に欠かせないビタミンやミネラルが詰まっています。また、脂肪酸やオメガ3、セレニウム、亜鉛も含まれています。魚を食べることで、循環器系を整え、悪玉コレステロール値を下げることができ、免疫を強くすることができます。

ですが、魚という魚がみな体にいいわけではありません。むしろ、有害になり得る魚もありますので、どのような魚を選ぶべきか知っておきましょう。

オーブンを使わずに作る魚のグラタン

1.炭の燃えさしで作るグラタン

食べ物の調理法には、実にたくさんの方法があります。グラタンもその一つですが、このレシピにおける難点はグラタンをどうやってオーブンなしで作るかです。その方法はこのレシピを読み進めながら学びましょう。

青魚

材料

  • 牛乳 1カップ(100 ml)
  • 粉こしょう 小さじ1(5 g)
  • 塩 小さじ2(10 g)
  • ヒメダイ(小) 1匹(4㎏)
  • チーズ(削ったもの) 1カップ (100 g)
  • バター 大さじ3(45 g)
  • 全粒小麦粉 大さじ3(45g)
  • 玉ネギ(スライスしたもの) 2個(200 g)
  • 粉末ナツメグ 小さじ1(5 g)

手順

  • まず、魚のはらわたとえらを取り除いて、キレイにします。中まで火が十分通るように、魚の身に部分に十字の切り目をいくつか入れます。次に、塩・こしょうで魚に味つけをし、置いておきます。
  • 次にベシャメルソースを作ります。牛乳にナツメグを入れて、中火で温めます。
  • バターを溶かし、全粒小麦粉と先ほどの牛乳を混ぜます。
  • 滑らかなクリームになるまで溶きます。クリームになったら、一旦置いておきます。
  • 魚をクッキングシートの上に置き、スライスした玉ネギを上にのせます。ベシャメルソースを玉ネギがのった魚の上からかけ、最後に玉ネギも魚も全体をくまなく覆うようにチーズをまぶし、アルミニウムホイルで包みます。
  • 魚がのったベイキング用のトレイを予熱をしたグリルに入れ、燃えさしの木炭をその上に置いて、グラタンを作ります。だいたい、20分~25分加熱します。
  • 魚のグラタンの出来上がりです。おいしく召し上がれ。

この記事も読んでおきたい:健康に良い魚油の効能5選

2.調理用バーナーで作るグラタン

調理用バーナー、またはブタンバーナーはキャラメリゼやグラタンを作る他にもトッピングのチーズやスープ、ソースを溶かしたリ、焦がしたリ、あるいは野菜をローストしたりするのに使われる調理器具です。オーブンがない場合、このバーナーは持っておくに限る優れものです。

バーナーで焼く魚

材料

  • 白魚(小) 1匹(3㎏)
  • 牛乳 1カップ(100 ml)
  • 塩 小さじ2(10 g)
  • 玉ネギ(刻んだもの) 1個(100g)
  • バター 大さじ3(45 g)
  • チーズ(削ったもの) 1カップ (100 g)
  • 全粒小麦粉 大さじ3(45g)
  • 粉末ナツメグ 小さじ1(5 g)
  • 茹でたジャガイモ(細くスライスしたもの) 3個(200g)
  • 粉こしょう 小さじ1(5 g)

手順

  • 魚のはらわたをとるなどしてキレイにし、中に完全に火が通るように斜めの切り目をいくつか身に入れます。塩・こしょうで味付けし、しばらく置いておきます。
  • 小鍋に入れた牛乳とバターを火にかけて、ベシャメルソースを作ります。全粒小麦粉を混ぜ入れ弱火にし、滑らかなクリームになるまで混ぜます。ナツメグを加え、よくかき混ぜ、保存しておきます。
  • グラタンにする前に、鍋に魚を入れ、5~7分程加熱します。
  • 加熱後、クッキングシートに魚をのせ、スライスしたジャガイモ、玉ネギ、ベシャメルソース、チーズを各層に分けてのせていきます。その後、アルミニウムホイルで包みます。
  • バーナーを使って、アルミホイルの表面を加熱し、グラタンを作ります。トレイの両側をだいたい、15分~20分程加熱します。

この記事もチェックしよう:魚類以外にオメガ3脂肪酸を多く含む食材