気になってしまう顔のシミ:5つの原因を特定しよう

9月 2, 2019
顔にできる黒い斑点のようなシミには、いくつかの原因が考えられます。シミの原因を特定することで、シミへの正しい対処法を見つけるのに役立ちます。本記事で詳しくご説明しましょう。

顔の黒ずみやシミは、肌の色を決める化学成分であるメラニンが過剰に生成されることが原因で起こり、皮膚の中でもある特定の部分に集中して発生するために、シミや黒ずみとなります。

紫外線に長時間さらされたり、ホルモンのバランスが乱れることで、メラニンが過剰に生成されてシミなどが起こります。

一般的には加齢とともにその量が増えると言われていますが、思春期の終わり頃から徐々に現れます。

色素沈着などの皮膚障害はとても一般的で、深刻な症状ではありませんが、美的な観点から多くの人がシミを解消したいと考えています。

今回の記事では、シミが現れる原因となる生活習慣についてご紹介します。

シミが増える原因5つ

顔にシミができる原因をご紹介します。シミを予防したい人は、これらの習慣を避けるように注意してください。

1.ホルモンバランス

シミの主な原因の一つがホルモンバランスの乱れや変化です。

避妊薬などをはじめとする、ホルモンのバランスに影響を与える薬などを摂取すると。皮膚が日光にさらされた時にシミを発症する原因となる可能性があります。

こちらもご参考に:健康に影響を及ぼすホルモンバランスの乱れ9選

2. 太陽の光

日焼けを予防する方法 顔 シミ

太陽の光にさらされると、メラニンの不規則な生成が起こり、シミが増加する一因となります。

太陽の光を過剰に浴びると、シミをはじめとするあらゆる皮膚の斑点が増える原因となるため注意が必要です。

天気の良い地域や日差しの強い地域に住んでいる場合や、SPF値の高い日焼け止めを毎日塗布することが大切です。

晴れていないときや冬のあまり日差しが強くない時期でも、中程度のSPF値の日焼け止めを使って保護し、スキンケアとして肌の保湿を常に行うことが大切です。

3. ニキビ跡

ニキビが治った後にできる色素沈着やシミなどの暗い色の斑点はニキビ跡と呼ばれ、通常は黄褐色または暗褐色です。

暗い斑点やシミがが消えるまでに数ヶ月から数年かかる場合がありますが、ニキビ跡を解消する製品や’医師による処方薬があります。

皮膚科医などの診察を受けて、正しい方法で治療を行なってください。

4. 栄養不足

「私たちが食べるものが私たちの体を作る」と言われるように、毎日の食生活は私たちの健康維持や生活の質を維持するために、とても重要な役割を果たします。

栄養不足や乱れた食生活は、シミの出現につながることを覚えておく必要があります。

オメガ-3脂肪酸を適量摂取し、乳製品やグリセミック指数が高い食品の摂取を減らすことで、ニキビや吹き出物の発生を予防したり、すでに発生してる場合には緩和する効果が期待できます。

また加工食品やジャンクフードばかりを食べる生活の人は、加工されていない自然食品を食べるように心がけるだけでも、肌の状態に変化が現れるでしょう。

5. 人工の光

人工光が顔のシミの原因になる可能性があるのをご存知ですか?

太陽の光ほどスクは高くありませんが、現在では、顔の斑点であるシミの原因になると考えられています。

Journal of Investigative Dermatology(欧州研究皮膚科学会が発行する雑誌)に掲載された研究では、テレビ画面、コンピューター画面、および蓋がついていない蛍光灯から出る光は、私たちの皮膚にとって有害で、長時間そして定期的にさらされることで、シミの原因になることが明らかになりました。

目に見える人工の光は、紫外線と同じように色素の生成を刺激します。

人工の光にさらされている生活を送っている人は、時間を短縮するか、頻繁に休憩を取るようにしてください。

ご存知ですか?:日焼けによるシミを防ぐ8つのアドバイス

シミの解消に役立つ自然療法

顔 シミ

顔にできるシミの多くには、健康上のリスクはありませんが、透明に輝く完璧な肌を目指す人にとってはうれしいものではありません。

ここからは、シミを減らす効果が期待できる天然成分をご紹介します。

就寝前のスキンケアに取り入れて、シミの予防的手段やすでにできているシミを薄くするのに役立ててください。

  • ホワイトクレイ
  • レモンとライム
  • アロエ
  • オーツ麦
  • パイナップル
  • パセリ
  • 玉ねぎ
  • アルガンオイル

注意事項:上記の成分を肌に使用した後は、シミを悪化させる可能性を避けるためにも、太陽の光を浴びないように注意してください。

メラニンの生成を抑えて色素の沈着を拡散させるクリームを肌に使用することもできます。

ただし、これらの製品は長期間適用しないでください。

顔のシミを減らすもう一つの方法がレーザー治療ですが、肌状態を改善するはずが、症状を悪化させるどころか二次的な悪影響を引き起こす場合があります。

シミに気付いた場合には、できるだけ早く皮膚科医を受診し、皮膚ガンの可能性があるシミなのかを確認するためにとても大切です。

シミの原因を特定し、適切な治療はスキンケアを行うことで、できる限りシミを減らすように心がけてください。