環境を汚染する日常の6つの行動

環境汚染は、私たちの周囲の動植物や生態系の自然特性に影響を与える有害物質がある場合に発生します。毎日のどのような行動がこれを引き起こしているのか、そしてどうするべきなのかについてお話しします。
環境を汚染する日常の6つの行動

最後の更新: 28 7月, 2021

環境汚染とは、自然環境または人工環境における有毒物質の循環を指します。これにより、生態系が本来の特性を失い、そこに生息する生物にとって不安定な環境になります。この記事では、環境を汚染する可能性のある6つの日常的な行動について説明します。

この問題は、産業で使用されている酸や殺虫剤などの化学元素によって引き起こされる可能性があります。ノイズや人為的な放射線などの物理的要素、あるいは有機性廃棄物のような生物学的要素もあります。

さらに、この問題は地球温暖化を引き起こします。地球の温度が上昇し、氷河が溶けて食糧栽培に損害を与える問題、また種の絶滅や、人間の健康問題にも関わります。

環境を汚染する日常の行動

歴史を通して、人間は環境汚染の主な原因の1つでした。 これは、有害な製品を購入し、天然資源を過度に使用する活動を行っているためです。

人々は、生態学的リスクを引き起こす可能性のあるさまざまな習慣を日常生活に取り入れています。多くの場合、私たちはこれらの多くを無意識のうちに、結果を知らずに行っているのです。

1.電池をゴミ箱に捨てる

バッテリーは分解するのに500年以上かかることがあります。また、水銀、鉛、カドミウム、クロムなどの金属が含まれています。

バッテリーを残りの有機ゴミと一緒に捨てると、最終的には埋め立て地になり、水や土壌を汚染します。そして、それらは水分補給の源としてそれを使用する動物、植物、そして人間の幸福に影響を与えます。

したがって、適切なプロセスは、使用済みのすべてのバッテリーを、他の用途には使用しないコンテナーに保存することです。 そして、いっぱいになったら、電子廃棄物を処理する場所に持っていく必要があります。

2.ペットボトルやビニール袋

環境 汚染
ペットボトルは、地球と水源にリスクをもたらします。実際、海洋におけるその存在は、水生生物にとって致命的です。

日常生活ではプラスチックが多用されています。耐性があり、軽量で、持ち運びが簡単です。しかし、これは環境にとって最大の汚染要素の1つなのです。

プラスチックを作るためには多くの異なる化学物質を使用されます。その結果、大気質を汚染する毒素が含まれます。また、プラスチックは生分解性ではありません。つまり、分解するのに少なくとも150年かかる可能性があります。

それに加えて、多くのプラスチックが海、川、または土に投げ込まれます。その結果、それは下水道を遮断し、水の性質を変え、水生動物にからまったり、時には毒素で生き物を殺してしまうことさえあります。

3.蛇口を閉めずに水を流し続ける

水はすべての生物と生態系の生活に不可欠です。植物を育て、複数の動物の生息地であり、温度を調節し、料理やトイレにも欠かせません。

しかし、これは有限のリソースであり、人々はそれを認識していないようです。水を流しっぱなしで洗いものをしたりすると、環境に悪影響となります。これは、何リットルもの水が無駄になるためです。

したがって、必要なものだけを使用するための適切な手順を実行する必要があります。シャワーを浴びるときは、石鹸で洗っている最中には蛇口を閉めましょう。歯磨きの際も、コップ一杯の水を使用するようにしてみましょう。

4.地面にたばこの吸い殻を投げ捨てる

たばこの吸い殻には、接触する大量の水を汚染する鉛などの化学物質が含まれています。

フィルターには酢酸セルロースが含まれています。ニコチン、ヒ素、カドミウムを放出するため、分解に時間がかかり、空気に影響を与える可能性のあるプラスチックです。

さらに、たばこの吸い殻は水源に落ちる可能性があります。魚がその後それを食べて死ぬかもしれません。指定された灰皿に廃棄しましょう。

5.エアロゾルデオドラントの使用

エアロゾルには揮発性有機化合物が含まれています。これは、ガスに変換されて大気の最下層に蓄積する化学物質です。

したがって、使用するたびに二酸化炭素、硫黄、窒素が放出され、大気質に影響を与えるため、スプレー式のデオドラントは避けてください。

6.使い捨てタオルをトイレに捨てる

トイレットペーパーとは対照的に、使い捨てタオルはトイレに捨てても分解しません。そのため、他の廃棄物と一緒に固まり、地下水源を汚染する閉塞を引き起こします。

環境への影響を減らすためのアドバイス

環境への影響を減らすために私たちが家で行うことができるいくつかの簡単な方法があります。これらを通じて、天然資源を保護し、周囲の環境のバランスを取り、生物の生活の質を向上させることができます。

以下に、環境への配慮のためにできる4つの活動について詳しく説明します。

1.綿の再利用可能なバッグを使用する

主な目的の1つは、使用するプラスチックの量を可能な限り減らすことです。そのため、スーパーで買い物をするときや身の回り品を運ぶときは、コットンバッグの使用をお勧めします。

2.食器洗い機の水をリサイクルします

水は最も重要な資源の1つですが、私たちが最悪の扱いをする資源でもあります。それが排水溝を下って行くとき、それを取り戻す方法はありません。ただし、再生水を集める容器を使用することもできます。

食器洗い機からの再生水を使って、トイレの貯水槽に水を入れたり、植物に水をやるなどするといいでしょう。

3.ゴミをリサイクルする

家庭ごみを適切に分別することで、再利用できる製品を特定できるため、製品の過剰生産を防ぐことができます。

企業が新製品を加速的に生産しないように協力することは、私たちの天然資源の搾取を減らすための鍵です。さらに、リサイクルすることで埋め立て地へのごみの蓄積スピードを緩め、有毒ガスの排出を軽減することができます。

環境汚染
ごみを分別することは、役に立たなくなったごみの量を減らすために、すべての家庭がすべきことです。

4.ゴミを路上に捨てない

ゴミを路上に落とすと、土壌の特性に影響を及ぼし、土壌に含まれる物質が原因で土壌を汚染する可能性があります。さらに、水源に到達すると、その生息地で発生する生物の生活を妨げる可能性があります。

こちらもどうぞ:水の正しい飲み方を学ぶ

環境を汚染しないように自分の行動を振り返ろう

人々は、欲しいと思う製品がどこから来ているか、その材料、および影響を理解する必要があります。このようにして、環境にそれほど優しいものではない製品を購入するのを避けることができます。

全体として、私たち人間は常に自分の行動のそれぞれの結果を評価し、環境を汚染しないように環境を意識して行動しなければなりません。

こちらの記事もおすすめです。
環境に優しいホウ砂と重曹の洗剤
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
環境に優しいホウ砂と重曹の洗剤

近年、より多くの人が環境に優しい製品を使おうと努めています。有害な化学製品の代わりに、自家製の洗剤を使う人も増えてきています。今回ご紹介するこの洗剤は、ほこりや汚れを取り除くのに理想的な収斂性と漂白性を兼ね備えています。服に優しく、色をより長く明るく保つのに役立ちます。



  • Encinas M. Medio ambiente y contaminación. Principios básicos [Internet]. (S.L): (S.E); 2011 [citado 14 de abril de 2021]
  • Ministerio del Medio Ambiente. Más de 100 maneras para salvar el medio ambiente [Internet]. Colombia: Ministerio del Medio Ambiente; 2002 [citado 14 de abril de 2021]
  • Berenguer Húngaro, Mónica, Trista Moncada, José J., Deas Yero, Douglas, EL RECICLAJE, LA INDUSTRIA DEL FUTURO. Ciencia en su PC [Internet]. 2006
  • Naciones Unidas. Impacto Ambiental. El planeta adherido [Internet]. (S.L): Naciones Unidas; 1992 [citado 14 de abril de 2021]