蚊の餌食にならないために/抑えておきたい4つのポイント

着ている服の色で蚊が寄りつかなくなるって知っていましたか? 暗い色の服を着ていると、体から出た二酸化炭素が籠るため、より蚊を呼び寄せるそうです。

蚊は本当にやっかいです。刺されると痒くて嫌だというだけでなく、様々な病気を伝染させるリスクもあるからです。

ご存知のように、世の中には蚊に刺されにくい人と、すぐに刺されてしまう人がいます。

今日の記事では、自然の方法を利用して蚊に刺されにくくするコツを見ていきます。エッセンシャルオイル、サプリメント、植物など驚くべき方法ばかりです。

虫除けスプレーをすると本当に蚊が寄ってこない?

mos2

市販の虫除けスプレーには様々な問題があります。DEETやペルメトリンといった殺虫剤を主な成分として含んでいるからです。これらの成分は以下のような問題を引き起こす恐れがあります。

  • これらの成分は中央神経系に影響を及ぼすことによって、健康に害を与える危険性があることを訴えた研究が幾つかあります。
  • これらの成分を含んだ虫除けスプレーを使っている時でも蚊に刺されることがあります。
  • 市販の虫除けスプレーはだんだん効果がなくなってきています。これは、蚊が虫除け剤に対応できるようになってきているからではないかと考えられています。

今日は、健康トラブルをも引き起こす蚊を寄せ付けない、簡単で効果的な方法をお教えします。

1. エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、香りが良いだけでなく安全ですので、どのような健康トラブルに関しても予防にうってつけです。

蚊を寄せ付けない効果のあるエッセンシャルオイルとして、以下をおすすめします。

  • シトロネラ
  • ゼラニウム
  • ブルーユーカリ

作り方

  • 上記のエッセンシャルオイルどれか1種類と植物油(アーモンド、ココナッツ、ホホバオイルなど)または保湿クリームを混ぜます。
  • 混ぜたものをアロマディフューザーに入れて、蚊を寄せ付けないようにしましょう。
  • エッセンシャルオイルを数滴、着ている衣服につけます。
  • オイルと水を混ぜ、スプレーを作ります。使う時はよく振って使いましょう。体から香りが消えてきたと感じたら、再度スプレーしましょう。

エッセンシャルオイルはピュアで認定済みのものを使いましょう。セラピー用ではないオイルは使わないようにしましょう。

2. マリゴールド

mos3

家や庭、オフィスに蚊を寄せ付けない方法の一つは、マリゴールドを植えることです。

鮮やかで美しいオレンジ色をしたマリゴールドの花には、様々な健康効果があると共に、蚊除け剤の効果もあります。

窓のそばや壁に沿ってマリゴールドの花を植えると、蚊が家の中に入りにくくなるでしょう。

マリゴールドは、蚊に刺された時の痒みを癒すとしてクリームやチンキ剤、ジェルなどのベースとして使われているのです。

3. 明るい色の服を着る

布越しにでも蚊は攻撃してくるのですが、衣類で露出を少なくすれば少なくするほど、蚊に刺されにくくなるのは事実です。

しかし、その衣類の色も蚊に刺されることと関係していることを知っていましたか?

暗い色の服を着ていると、体から出た二酸化炭素が籠るため、より蚊を呼び寄せてしまいます。蜂対策と同じで、明るい色の服を着ると蚊が寄りつかなくなるそうです。

4. もし刺されてしまったら…バッテンをつける

すでに蚊に刺されてしまい、肌には炎症してしまった、刺された跡が見えます。そんな時は、おじいちゃん、おばあちゃんの時代から言い伝えられてきた方法を試してみましょう。科学的な根拠はありません。でも驚くほど効果がありますよ。

その方法とは、刺された跡に爪でバッテンの印を付ける方法です。

かゆいからといって掻いてはいけません。ただ、バツの印を爪で付けるだけです。そうすればマジックのように刺された跡が消えていくでしょう。数時間経てばどこを刺されたのかもわからなくなるはずですよ。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ