静脈炎を鎮める5つの自然療法

6月 24, 2018
静脈炎は治療が遅れると危険な結果になることもあるので、健康をおびやかすような問題になる前に対策をとる必要があります。

静脈炎とは血液の循環に関わる疾患で、身体に重大な問題を引き起こす可能性があります。

他の疾患と同様に、活動的で健康的な生活を維持することが予防の第一歩ですが、遺伝的な要因もあるため注意が必要です。

本記事では、静脈炎の症状を緩和する効果的な自然療法をいくつかご紹介します。

静脈炎とは?

静脈瘤のある足

静脈炎は、文字通り静脈に炎症が起きる病気で、高齢者によく起こります。

いくつかの種類がありますのでご紹介します:

  • 表在静脈血栓症:浅い皮膚の層の間に位置する表在静脈に発生するもので、これは良性で大きな危険はありません。
  • 血栓性静脈炎:血液の凝固が原因となって静脈が詰まり炎症を起こすものです。
  • 深部静脈血栓症または血栓性静脈:血栓が身体の他の部分に移動する危険性があるので、重大な事態になる可能性があります。血流をふさぎ組織が破壊され、命を落とすことさえあります。

静脈炎の原因は?

静脈炎は静脈に炎症を起こす血液の凝固によって起こりが、同時に痛み、しびれ、ほてり、皮膚の赤や発熱などの症状にもつながります。

このような症状が現れたときは、状態の悪化を防ぐ治療を始めるため緊急に医師の診察を受けてください。

静脈炎の原因にはさまざまあり、多くの場合、遺伝的要因が重要な役割を占めています

座りっぱなしの生活も原因の一つで、長時間座って仕事をする人がこの病気にかかりやすい傾向があります。

これは静脈の血液の循環不足によるものです。

血液中に溜まった毒素によって血液の粘度が高いことも静脈炎の原因となります。打撲、感染症、太り過ぎなども同じく静脈の詰まりにつながることがあります。

静脈炎の予防法は?

  • 少なくとも1日に1.5リットルか2リットルの水を飲むことが、静脈炎などの病気の予防のためにも非常に大切です。
  • バランスのとれた食生活を送ることも重要です。食物繊維や抗酸化成分のような血液の循環の改善に貢献する食品をより頻繁に取り入れることをおすすめします。
  • 飽和脂肪の多い食品、アルコール飲料、タバコは常に身体に害があります。これらの摂取をさせることが病気の予防の助けとなります。

これらに継続的なエクササイズやウォーキングを加え、血液の循環を改善してリスクを減らしましょう。

静脈炎を鎮める5つの自然療法

全ての病気は自然療法で緩和させることができ、静脈炎も例外ではありません。

今回は特に効果が高いとされる5つをご紹介します。

1. 冷湿布と温湿布

この方法は、表在静脈血栓症の場合に行います。

自宅に頭痛や筋肉痛を緩和する湿布があれば、ご利用ください。また熱いお湯につかることでも同様に症状を緩和できます。

材料

  • 冷湿布と温湿布

方法

  • コットンのガーゼか布を冷水または熱湯に浸し、腫れを和らげるために患部に当てます。
  • 少なくとも10分間、冷湿布と温湿布を交互に当てます。

2. アルニカ

アルニカの花と粒入り瓶

アルニカはウサギギクという花の咲く植物で、鎮痛作用と抗炎症作用、そして血流を再活性化する効果もあります。

このアルニカから静脈炎の治療に理想的なオイルを取り出すことができます。

材料

  • アルニカオイル 必要量
  • 酢 大さじ1(15ml)

方法

  • 容器に適量のアルニカオイルをとり、大さじ1の酢を加えます。
  • これを患部に塗り、5分から10分間そのまま置き、その後水で洗い流します。

注意:皮膚に傷がある場合は塗らないでください。

3. イチョウのハーブティー

フラボノイドと抗酸化成分を豊富に含むイチョウは、血液の循環を良くするためにぴったりの解決法で、血栓の形成も予防します。

材料

  • イチョウの葉 大さじ2(30g)、または市販のティーパック
  • 熱湯 250ml
  • 甘味料 お好みで

方法

  • イチョウの葉またはティーパックを熱湯で煎じ、ハーブティーにします。甘くしたい場合はハチミツなどの甘味料を加えます。
  • 少なくとも1日2回飲むことをおすすめします。

こちらもお読みください:血行を良くする5つの植物

4. スギナのハーブティー

スギナの抗炎症作用は、人間の身体に多数の効能をもたらしますが、その一つが血液の循環を良くして動脈硬化を防ぐことです。

材料

  • スギナの葉 大さじ2(30g)
  • 水 500ml
  • ハチミツ お好みで

方法

  • スギナの葉を熱湯で煎じます。ハチミツを少量加えると良いでしょう。
  • このハーブティーを毎日2杯飲む、またはこのハーブティーを入れた温かくリラックス効果のあるお風呂に入るのがおすすめです。

5. パイナップル

パイナップルの輪切り

パイナップルにはたんぱく質を分解できるブロメラインという酵素が含まれています。また多くの効能のうち、天然抗炎症剤として非常に優れていることが証明されています。

腫れを予防するだけでなく痛みも軽減するので、術後治療にも使用されてきました。

材料

  • パイナップル 4切れ
  • 水またはフレッシュジュース

方法

  • パイナップルの皮をむき、切り分けます。水またはお好きなフルーツのフレッシュジュースといっしょに、4切れ食べます。一般に空腹時に食べること、そして毎日の食生活に取り入れることがすすめられています。

こちらもお読みください:パイナップルウォーターは何に効く?

このように、静脈炎という病気も天然の材料を利用して緩和することができます。

症状をコントロールする助けになったり、完全に消すことができる場合もあります。

  • Dziwenka, M., & Coppock, R. W. (2016). Ginkgo biloba. In Nutraceuticals: Efficacy, Safety and Toxicity. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-802147-7.00049-8
  • Alves, R. S., Leite, N. S., & Fernandes, R. P. M. (2009). Estudos bioquímicos da enzima bromelina do Ananas comosus ( abacaxi ). Scientia Plena.
  • Wright, C. I., Van-Buren, L., Kroner, C. I., & Koning, M. M. G. (2007). Herbal medicines as diuretics: A review of the scientific evidence. Journal of Ethnopharmacology. https://doi.org/10.1016/j.jep.2007.07.023