静脈炎を鎮める5つの自然療法

健康的で活動的な生活スタイルを維持できれば、静脈炎が現れても、生活の質の高さを維持することが出来ます。
静脈炎を鎮める5つの自然療法

最後の更新: 09 12月, 2020

静脈炎は非常に一般的な病気で、幸いにも治療法が存在します。ですから、静脈炎と診断された人でも、普段の生活を送りながら健康的でいられます。

もちろん、治療と同時に活動的で健康的な生活を維持することが大切です。つまりそれは、健康的な食生活を送り、なんでも摂りすぎを控えて(特に炭酸飲料など)、継続的に運動することを意味します。

ここで、「この病気の回復を助けてくれる自然療法はないか」と疑問に思う人がいるかもしれません。答えはイエスで、次に詳しく紹介していきます。お見逃しなく!

静脈炎とは?

静脈炎は、血管の壁に血が固まって付着し、血管が炎症を起こしている状態です。高齢者に多くみられる症状ですが、若い世代に現れることもあります。

静脈炎の治療

テキサス・ハート・インスティチュートの専門家は、2種類の静脈炎があると説明します。

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 表在静脈血栓症:浅い皮膚の層の間に位置する表在静脈に発生するもので、一般的に脚にできます。
  • 深部静脈血栓症:足のより深いところにでき、表在静脈血栓症に比べて一般的でなく、より重症。

これに加えて、血液凝固を伴う血栓性静脈炎について言及しておかなければなりません。これが表面に近い血管にできる場合は、あまり重症ではないものが一般的です。

しかし、深部にできる血栓性静脈炎には注意が必要です。凝固した血液が移動して別の部分の動脈をふさいでしまう場合があるからです。これが血流を妨げ、皮膚の組織が死んでしまったり、患者が命を落とすことすらあります。

静脈炎の原因

静脈炎は静脈に炎症を起こす血液の凝固によって起こります。これは痛み、しびれ、ほてり、皮膚の赤や発熱などの症状を伴います。このような症状が現れたときは、適切な診断と治療のため、必ず医師に相談してください。

静脈炎の原因にはさまざまあり、多くの場合、遺伝的要因が重要な役割を占めています。

座りっぱなしの生活も原因の一つで、長時間座って仕事をする人がこの病気にかかりやすい傾向があります。これは静脈の血液の循環不足によるものです。

血液中に溜まった毒素によって血液の粘度が高いことも静脈炎の原因となります。打撲、感染症、太り過ぎなども同じく静脈の詰まりにつながることがあります。

静脈炎の予防法は?

  • 適切な体重を維持する。
  • のどが乾いたらたっぷりの水を飲む。
  • 体の機能に適切なバランスのとれた食生活を送る。ハーバード大学の健康的な食事表や地中海式の食事が目安として良い。
  • 食物繊維や抗酸化物質が豊富な食品を頻繁にとる。
  • ジャンクフード、清涼飲料水、加工食品をできるだけ避ける。
  • 飽和脂肪の多い食品、アルコール飲料、タバコは常に身体に害があり、完全にやめるのが望ましい
  • 毎日最低でも30分から40分運動する。これは血流を改善するのに役立ち、健康全般に貢献する。

静脈炎のための5つの自然療法

次に、静脈炎に効く自然療法をいくつかご紹介します。ただし、健康的な生活習慣を心掛け、医師の指示を守りながら行うことが大切だということを忘れないようにしましょう。

1. 冷湿布と温湿布

冷湿布

James D. Douketis教授は「たいていの場合、表在静脈血栓症は自然に治癒します。患部を温め、アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの鎮痛薬を服用すると、通常は痛みの軽減に役立ちます。」と述べています。

自宅に頭痛や筋肉痛を緩和する湿布があれば、それを静脈炎にも利用できます。またお湯につかることでも同様に症状を緩和できます。

  • ガーゼか綿の布を冷水または熱湯に浸し、腫れを和らげるために患部に当てます。
  • 少なくとも10分間、冷湿布と温湿布を交互に当てます。

2. アルニカ

アルニカ鎮痛作用と抗炎症作用のある植物です。このおかげで、静脈炎の症状の緩和に役立ちます。このアルニカからとれたオイルは、静脈炎の血液凝固に効果的だと考えられています。

注意点:皮膚に塞がっていない傷がある場合は使用しないでください。

3. イチョウのハーブティー

フラボノイドと抗酸化成分を豊富に含むイチョウは、血液の循環を良くするためにぴったりの解決法で、血栓の形成も予防します。

  • イチョウの葉またはティーパックにお湯を注ぎ、5分間置きます。
  • 昼の中ごろに飲みます。
  • 1日に2杯以上飲まないようにしましょう。

4. スギナのハーブティー

スギナの煎じ茶はその利尿作用でよく知られ、滞留した体液を排出してむくみなどの脚の不快感を取り除くのに効果的です。

炎症を鎮める効果もあるため、静脈炎やその他の血流に関する症状に良い飲み物だと考えられています。

  • スギナのお茶を一日に最大で2杯まで(または医師に指示された量)を飲みます。
  • スギナをお風呂に入れてリラックスするのもよいでしょう。

5. パイナップルを食べる

 

パイナップルのスライス

パイナップルにはたんぱく質を分解できるブロメラインという酵素が含まれています。また多くの効能のうち、天然抗炎症剤として非常に優れていることが証明されています。腫れを予防するだけでなく痛みも軽減するので、手術後の治療にも使用されてきました。

  • パイナップルの皮をむき、切り分けます。
  • 沸騰させたお湯にパイナップルを入れ、30分間煮だします。
  • 適量を一日をかけて飲みます。
  • おやつにパイナップルを食べるのもよいでしょう。

こちらもお読みください:パイナップルウォーターは何に効く?

健康的な生活習慣を常に心掛ける

静脈炎を治療するには、医師の指示に従いながら健康的な生活習慣を心掛けることが何より大切です。

また、一つの飲み物や食べ物、自然療法に頼ってしまうのは良くないことも忘れないでください。このような偏った健康法は、短期的にも長期的にも効果がありません。

こちらの記事もおすすめ
静脈瘤のための5つの自然療法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
静脈瘤のための5つの自然療法

静脈瘤を治療するためには、必ずしも薬物療法に頼らなければいけないわけではありません。実は様々な自然療法によって治療することもできるのです。 静脈瘤は見た目に影響があるだけでなく、器官の健康状態にも関わる疾患で、体に不調や不快感を引き起こします。中でも「足が重くなる」というのは静脈瘤の患者の多くが訴える症状です。



  • Dziwenka, M., & Coppock, R. W. (2016). Ginkgo biloba. In Nutraceuticals: Efficacy, Safety and Toxicity. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-802147-7.00049-8
  • Alves, R. S., Leite, N. S., & Fernandes, R. P. M. (2009). Estudos bioquímicos da enzima bromelina do Ananas comosus ( abacaxi ). Scientia Plena.
  • Wright, C. I., Van-Buren, L., Kroner, C. I., & Koning, M. M. G. (2007). Herbal medicines as diuretics: A review of the scientific evidence. Journal of Ethnopharmacology. https://doi.org/10.1016/j.jep.2007.07.023