痔をどの様に自宅で治すか

· 7月 4, 2015

痔の原因は様々であり、世代に関わらずどんな人にも発症のリスクはあります。

その中でも特に、長期間便秘、肥満、そして下痢に悩む人に起こりやすいと言われています。

痔で苦しんでいる人の多くは、毎日の食生活の中で十分な繊維質を摂取していない傾向があり、それが原因の一つとされています。

現代社会では、脂質の多い食事が栄養不足を引き起こし、痛みのある厄介な痔を発生させることがあります。

今回は、一般的な疾患である痔を予防し、すでに発症している場合は進行や悪化を防ぐのに役立つ方法をご紹介します。

痔の自然療法

いぼ痔と呼ばれることもある痔核は、肛門付近で発見されますが、多量の出血を起こすと、自然療法で治すことは難しいとされています。

深刻な症状を発症している時や、出血を伴う時は必ず医師の診察を受けて、医学的な治療を行なってください。

こちらもご参考に:カモミールを使った痔の自然療法

乾燥イチジク

ji2

イチジクは、長い間、痔の治療薬として使用されてきました。

腸内細菌叢の回復に役立ついちじくの種は、痔の主な原因となる便秘の予防に役立ちます。

イチジクを正しく使用するためには以下の方法をお試しください。

  • グラス1杯の水にイチジクを4つ入れ、一晩置き、イチジクを取り出します。
  • この水を2~3週間以上、継続して飲んでください。

マンゴー

ji3mango

マンゴーの種は、痔の症状に効果のある抗炎症物質が含まれているため、出血を伴う痔の治療に効果があると言われています。

  • 種を天日干しにしたあと、挽いて粉状にします。
  • 大さじ1杯と蜂蜜を混ぜてペースト状にしたものを、大さじ1杯、6か月間以上、毎日3回以上摂取します。

こちらもご覧ください:マンゴーの驚くべき7つの効能

大根

ji4daikon

抗炎症作用のある大根は、痔の自然療法として、外用、そして内服の両方からとても効果があります。

  • サラダとしても食べる、ハチミツを加えてジュースやスムージーの材料にするなどの様々な方法で毎日摂取することができます。
  • 大根をすりおろしてペーストにしたものを外用する時は、このペーストを使って肛門を覆います。
  • 痔の治療に役立てましょう。

生姜

ji5shouga

生姜は、痔の症状を緩和する自然療法薬として使用されています。

  • ショウガをすりおろして絞り汁を取り出したら、同量のレモンジュースを加えて、一日に2度か3度飲みます。
  • 必要に応じて継続してください。