5つの間違ったダイエット法

独自のダイエット法や過激で筋の通らないダイエット法に挑戦するのはもうやめましょう。自分だけのプランを作りたい人は是非専門家の助けを借りましょう。

ダイエットすることは女性だけでなく、多くの男性も目標とするゴールかもしれません。

しかし、痩せたいからといって無理をすると肉体的だけでなく、精神的にも様々なダメージを負ってしまうことが多々有ります。

世間には様々なダイエット法が溢れていますが、その中には間違ったもの、単に体に良くないものもあります。

まず最初に、健康的な生活習慣を確立しましょう。健康的な生活習慣とは、以下を含みます。

  • バランスの良い食事
  • エクササイズ(週に3回以上)
  • 心身ともに休まる睡眠(1晩に8時間以上)

次に、信頼できる専門家や医師を見つけましょう。ダイエットが成功するよう導いてくれる栄養士や専門家にアドバイスを仰ぐのも良いでしょう。

最後に、悪習慣を断ち切りましょう。不安感にとらわれてはいけません。

今日は、ダイエットをするなら是非ともやってはいけない事柄を5つご紹介します。あなたはうっかりしてしまっていませんか? 気をつけてくださいね。

1. 朝食を抜く

「朝食は1日で一番重要な食事である」という決まり文句があります。
長い睡眠で体を休ませた後に食べる朝食は、代謝を活発化させ、体にエネルギーを与え、体がその日1日を頑張れるよう準備をするのです。

ところが、ダイエットをしている人は朝食を抜いてしまいがちなのです。

朝食を抜いてしまうと、代謝が変わり、減量するのがだんだん困難になるでしょう。

結果、体重が増えてしまうのです。

2. 筋の通らない食事療法

もちろん食生活とは、1日を通して食べる食べ物から成り立っています。最初のお勧めは、健康的に食べること、つまりバランスよく食べることです。

結果、減量できるのか、体を健康に保つことができるのか、いずれにせよあらゆるタイプの食べ物をバランスよく食べることが必要です。

野菜、フルーツ、脂身のない肉を満遍なく食べましょう。もちろん、食べ過ぎはいけません。

筋の通らないダイエット法や特殊なダイエット法(例えば、ミラクルダイエット、魔法のダイエットと言われているようなもの)を取り入れるというのはダイエットでありがちなNGです。

こういったダイエットはリスクを伴い、健康を害してしまう恐れもあります。

3. 睡眠不足

ぐっすりと眠るということは私たちの健康に欠かすことのできません。ぐっすりと眠るには、健康的で平和で快適な環境が必要となります。

よく眠れなかった次の日、または疲れが取れていないと感じる日は不安感が沸き起こるでしょう。

そうすると、1日中あらゆる食べ物を食べたくて仕方がなくなります。減量過程でネガティブな影響を与えてしまうでしょう。

4. 一人で食べる

一人で食事をするのはただ退屈なだけではないのです。

一人で食事をすることによって、自然と食べる量が増えてしまうのです。

誰かと一緒に食べるより一人で食べている時の方が早食いになりがちです。つまり、結果として正常に消化ができなくなり、減量が不可能となります。

5. ダラダラした生活を送る


人間の一番良くない生活習慣はダラダラした生活を送ることです。これはダイエットに失敗するということだけでなく、慢性の病気の引き金となる可能性があります。

その中でも肥満が一番大きい問題でしょう。肥満は時に命に関わったり、他の病気を引き起こす危険な病気です。

世界保健機関(WHO)は、1週間に3度はエクササイズをするよう推奨しています。

カテゴリ: ダイエット タグ:
あなたへおすすめ