働きたくないパートナーをやる気にさせる方法

6月 30, 2019
パートナーが働きたくない場合、家庭全体の調和を乱す恐れがあります。大きな喧嘩や衝突を避けるため、できる限り早くこの状況を解決するように心がけましょう。

働きたくなパートナーをやる気にさせる方法がわからないとお悩みですか?

仕事のストレスや欲求不満は、私たちの生活に負の影響を与えます。

これが夫婦やカップルの場合には、二人の関係や家庭の調和に悪影響を与えるリスクが高まるでしょう。

また夫婦や家庭の問題だけでなく、経済的な不安や問題が生じることも忘れてはいけません。

このような状況に陥ると、解決策がないように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

不幸な状況にばかり目を向けるのではなく、働きたくないと考えているパートナーがいるという状況の中でも、良い部分に焦点を合わせることが大切です。

これを怠ると解決策が見つからず、二人の関係が悪化する可能性もあります。

働きたくないパートナーへの対応

1.忍耐力を身につける

パートナーが仕事も探さず、ずっと家にいるという状況は、間違いなくストレスやイライラの原因になります。

まずは落ち着き、言い争いや喧嘩を避けてください。

相手も言い争いを望んでいるわけではないため、相手の自尊心を傷つけることにもなります。

しばらくは、パートナーが働きたいという情熱やエネルギーを取り戻すための時間を与えてください。

ただし、相手を放置するのではなく、彼らの行動や反応に注意を払うことが大切です。

仕事をしない状況で、神経質になったり機嫌が悪くなるのは一般的なことです。

自分が家計に貢献していないことへの自覚があるため、自分は家族の負担になっているのではないかと精神的な負担やストレスを感じている可能性があります。

2. 働きたくない本当の原因を特定

うつ病に悩む人

一見難しいように感じますが、これはパートナーと話すことで糸口が見つかることが多くあります。

大切なのは、相手の言葉に耳を傾けて話を聞き、働きたくないと考え始めた本当の理由を見つけることです。

また、仕事を見つけるのが難しい場合(年齢、職歴、能力など)うつ病などを引き起こす可能性があります。

それ以外には、自分が何をしたいかわからないので何もしていないというケースもあります。

自分が働かなくても家計が安定しているため、ただゆっくりしたいという場合もあります。

大切なのは「なぜ働きたくないのか?」という根本的な理由を見つけることです。

こちらもご覧ください:家族関係を崩壊させる6つの間違い

3.家事を割り当てる

パートナーが仕事をしたくない場合でも、家の中で全く何もしないのでは何も解決しません。

家にいる間にするべき家事を割り当て、責任を持って何か仕事を行うことや生産的に毎日を過ごすことの楽しさを感じるようにサポートしてください。

また精神面で疲れてしまっていることが原因で働きたくない場合は、シンプルな家事を割り当てることで、身体的に忙しく毎日を過ごすことができます。

家事をこれまでしたことがない場合でも、徐々に家事に慣れて効率よく行うことができるようになれば、他の家族が自由に使う時間もできるため、家族にとっても有益な方法といえます。

しばらくすると仕事を探し始めるかもしれませんが、休んでいる間も、家事をするなどして生産的に過ごし、家族との関わりを持ち、家事をすることで家族に感謝される毎日をくれば、働きたくないと考えている人がやる気を出すのに役立つでしょう。

4.パートナーを励ます

人を励ますための最善の方法は褒めることと愛情を与えることです。

相手を褒めて愛情を与えることで、働きたくないと考えているパートナーの自尊心を強化する効果があります。

強引に仕事を探すように勧めるのではなく、相手の能力を褒めながら励ますことで、就職活動をしようという気持ちをサポートすることができます。

仕事探しは簡単なことではありませんが、不可能でもないことをパートナーに示す絶好の機会です。

小さな目標を設定するなど、小さなことから始めるようにサポートし、深く考えたり心配しすぎないようにすることが大切です。

アルバイトや短期や単発の仕事を見つける、またはこれまでとは別の分野の仕事を始めるなども良い目標です。

一見すると「理想」には遠いかもしれませんが、パートナーをやる気にさせるのに役立つ効果的な方法の一つです。

5.家族への影響について話す

話し合いの時間を持つ

パートナーが働いていないという状況が、家族や家計にどのような影響を与えているのか、ゆっくりと少しずつ説明することが大切です。

仕事をせずにどのくらいの期間を過ごそうとしているのか、そして家計を考えた時、仕事をしない状況がどのくらい続けられるのかを正直に話してください。

このまま仕事がないと、借金をするなど家計が厳しい状況になるため、仕事をしないのであれば、出費を制限するなどの節約を始める必要があるなど、わかりやすく説明するのもお勧めの方法の一つです。

仕事をしていないパートナーにとっては「厳しい」と感じる会話をするときは、前向きな考え方で、明るく、そしてわかりやすい解決策を提示することが大切です。

こちらもご参考に:幸せなカップルから学ぶ幸せな関係の秘訣

パートナーがまだ働きたくない場合は?

単に働くことに興味がない人もいます。

収入がないのなら、節約をして過ごすことを苦に思わない人もいますし、子供のように家事を任されることだけに喜びを感じて、家でゆっくりしたいと考える人もいるでしょう。

このような場合は、専門家に相談してください。

しばらくしても、改善が見られない場合や仕事を見つけようという努力が見られない場合で、精神面での問題などがなく、ただ仕事をしたくないだけだという場合は、パートナー関係を解消することも考えましょう。

愛する二人が一緒に暮らすというのは、お互いがチームとして仕事をし、成長しながら家庭を築き上げていくことです。

お互いの成長を望まないパートナーや、パートナー自身が成長する気持ちがない場合は、私たちの人生や成功に悪影響を与える可能性があります。