ガミースマイルって? 治療方法はあるの?

笑うと歯茎が見えるガミースマイルは、本人にとっては悩みの種でしょう。健康上の問題ではありませんが、審美的には不都合なこともあります。今回の記事では、ガミースマイルとはどんな症状か、そしてそれを解決する方法をお伝えします。
ガミースマイルって? 治療方法はあるの?

最後の更新: 06 7月, 2021

笑うことは健康的な行いであり、喜びや人とのつながりを示すものです。でも、ガミースマイルがある人は、この単純な行為に悩むこともあります。

ガミースマイルとは、笑った時に通常よりも多くの歯茎が露出している状態のことです。この症状に悩む人は、「歯茎が大きすぎる」「歯が小さすぎる」「笑うときに唇が動きすぎる」と思っています。

以下では、ガミースマイルがどのようなもので、なぜ起こるのかを説明します。また、どのような解決策があるのかについても見ていきましょう。

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、歯よりも歯茎が多く見える状態のことです。程度は、それぞれの人の感じ方や顔の特徴によって異なりますが、一般的には、笑ったときに3~4ミリ以上の歯茎が見える状態を指します。

このように歯と歯茎が通常の比率から外れると、歯茎が非常に大きかったり、歯が非常に小さかったり、唇が小さかったりといった視覚的な効果が生じます。健康上の問題はありませんが、審美的な問題であり、本人の幸福感に影響を与える可能性があります。

ガミースマイル
笑うことは社会的に重要な行為ですが、自分の笑顔の見た目を気にしてしまう人もいます。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルの原因には、歯科的なもの、骨的なもの、筋肉的なものがあります。また、咬合異常や骨格異常が原因であることもあります。以下に、最も一般的な原因を説明します。

過剰な歯茎

歯茎を構成する組織が多くなっている状態です。歯茎が縦に長く見え、歯は正常な大きさであるにもかかわらず、歯と歯茎の大きさの割合が基準と外れるため、歯が小さく見えます。

特発性歯肉​増殖症を患う人もいます(原因が不明ということ)。しかし、歯茎の体積が増加するのは、歯茎の炎症や歯肉炎、そして特定の薬の使用が原因であることもあります。

発作を予防するための薬、抗高血圧薬、免疫チェックポイント阻害薬などは、歯肉​増殖症の原因となりま`す。歯肉が歯の周りに伸びすぎて歯を完全に覆ってしまい、歯周病の原因となるため、治療が必要です。

唇が薄い、または可動域が広い

唇が薄いと、笑ったときに歯ぐきを覆うだけの厚みがありません。唇の動きが活発な場合、つまり唇が伸びすぎたり、持ち上がりすぎることも原因の一つです。その結果、歯茎が過剰に露出してしまいます。

歯の生え方の違い

永久歯の生え方が原因で、ガミースマイルになることもあります。このようなケースでは、通常、家族の遺伝的要因が関与しています。

「受動的萌出不全」とは、歯が生えてきたときに、歯茎が通常よりも歯の表面を覆い、歯冠の一部が歯茎に覆われたままになることです。これにより、ガミースマイルが生じます。

歯の過剰萌出とは、歯が過剰に押し出されることです。一般的には、過度の摩耗のために歯の体積が減った、または抜歯のために歯自体が存在しなくなった場合に発生します。歯茎が歯の動きに合わせて厚みを増し、笑った時に見えるというわけです。

咬合の問題

咬合時に上の歯が下の歯をほとんど完全に覆っている場合、オーバーバイト(過蓋咬合)と呼ばれます。このようなケースでは、歯と上の歯茎の高さが通常よりも低いため、笑うと歯茎が見えてしまうガミースマイルになります。

オープンバイト(開咬)もガミースマイルの原因になることがあります。前歯部の高さが増して咬合できなくなると、唇が歯茎を覆うことができず、歯茎が露出した状態になります。

骨の問題

上あごが通常よりも大きく成長すると、「垂直的上顎過大」と呼ばれる状態が起こります。歯茎や上の歯の位置が顔の他の部分よりも低くなるため、笑ったときに歯が見えやすくなる状態です。

ガミースマイルの治療法

ガミースマイルの症状を改善し、笑顔の見た目を良くするためには、いくつかの選択肢があります。治療法の選択は、ガミースマイルの原因によって異なります。

ここでは、この審美的な問題を解決するための選択肢をいくつかご紹介します。

歯茎の手術

歯肉切除術は、余分な組織を除去することで歯肉の輪郭を整える口腔外科手術です。歯科専門医により歯科医院で局所麻酔を使用して行われる、簡単な手術です

メスやレーザーを使って、歯肉の縁を切り、余分な組織を取り除きくことで、歯の表面積が大きくなり、歯が露出した状態になります。骨を削る必要がある場合もあります。

手術後、歯茎から出血したり、痛みを感じることがありますが、回復は早く、簡単で、傷跡も残りません。

唇の位置を変える手術

ガミースマイルの原因が唇にある場合、歯に対する唇の位置を変えるために外科手術が必要になることがあります。この手術では、上唇の下部から結合組織の一部を取り除き、笑う時に使われる筋肉が上唇を高く持ち上げすぎるのを防ぎます。

これも局所麻酔で行う手術です。結合組織を除去するために唇に切り込みを入れ、その後、縫合します。再発することもありますが、通常はすぐに回復し、永久的に効果を保てるものです。

顎矯正手術

顎矯正手術は、ガミースマイルの原因が骨の成長にある場合に行われます。顎の手術によって、顎の高さのバランスをとることができます。

このようなケースは、複数の専門分野が協力してアプローチしなければならず、事前に綿密な計画を立てる必要があります。この手術による顔の変化は顕著です。

この手術では、全身麻酔を使用します。上顎または下顎の骨の一部を切開し、プレートやネジで顎の両端を再結合します。

入院期間は数日で、回復には時間がかかります。治癒までの間、顎を動かさないように弾性バンドや専用器具を使用します。その後は、矯正治療で補完する必要があります。数年を要するゆっくりとしたプロセスです。

歯列矯正

装着式または取り外し式の器具を使用して、歯の並びを正しい位置に整えます。例えば、過剰に萌出した歯を再配置するのに役立ちます。

また、ガミースマイルの見た目の原因になる開咬や過咬などの咬合問題の治療にも有効です。

ガミースマイル
ガミースマイルの治療には、矯正歯科が有効な方法の1つとして挙げられます。

ボツリヌストキシン注射

ボツリヌストキシン(ボトックス)注射は、笑った時に唇が上に向かって過剰に動くことで歯茎が過剰に出てしまうケースの解決策になります。

ボトックス注射を鼻の付け根に打つことで、唇を持ち上げる筋肉が麻痺し、笑顔の時に唇を完全に持ち上げる力が弱くなります。

この治療法の欠点は、効果を維持するために3~4ヶ月ごとに繰り返し行う必要があることです。また、注入量が多すぎると、笑顔が歪んでしまいます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、唇の可動性低下によるガミースマイルに有効です。唇にフィラーを注入することで、筋繊維の動きが制限されます。

こちらもお読みください:ヒアルロン酸で美しくなる

効果は最大8ヶ月間持続します。通常、投与量は少なくて済み、合併症はまれですが、ヒアルロン酸の副作用を知っておくことが重要です。

笑顔に自信を

ガミースマイルは、一般的には口腔内の健康問題が原因ではありませんが、悩む本人にとっては迷惑な話かと思います。コンプレックスや恥ずかしい思いに悩み、笑うときに口を塞ぐ癖がある人も多いようです。

ガミースマイルの原因を知ることで、適切な診断を行い、適切な解決策を選択することが大切です。治療法はさまざまですので、まずは歯科医院で相談してみましょう。

笑顔は誰にとっても心地よくできるものでなければなりません。歯茎のせいで笑顔が作れない場合は、専門家に相談しましょう。一人ひとりの個性や趣味に合った笑顔を手に入れるために、できることはたくさんあるのです。

こちらの記事もおすすめです。
透明の歯科矯正装置:クリアアライナーについて
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
透明の歯科矯正装置:クリアアライナーについて

クリアアライナーは、歯を矯正するために使用される透明なマウスピースの歯科矯正装置です。一般的な歯科矯正装置と比べて審美的であるため、その人気が高まっています。今回は、透明のマウスピースを使う矯正装置であるクリアアライナーについての詳細をご紹介します。



  • Ogando, Mónica González, Nuno Gustavo d’Oliveira, and Josep Mª Ustrell Torrent. “Protocolo diagnóstico de la sonrisa gingival.” Revista Española de Ortodoncia 47.3 (2017): 136-145.
  • Pintado Barros, Ángela María. Diagnòstico y tratamiento para la corrección de la sonrisa gingival. BS thesis. Universidad de Guayaquil. Facultad Piloto de Odontología, 2018.
  • Del Rey, Sulay Fonseca. “Sonrisa gingival. CaracterÃsticas, etiologÃa y opciones de tratamiento.” Revista de Medicina Isla de la Juventud 19.1 (2018).
  • Briones Manzo, Scarlett. Efectividad estética del alargamiento de corona en casos de sonrisa Gingival. BS thesis. 2020.
  • Guaranda Acuña, Karen Michelle. Tratamiento quirúrgico para la sonrisa gingival. BS thesis. Universidad de Guayaquil. Facultad Piloto de Odontología, 2019.
  • Falcón-Guerrero, Britto. “Tratamiento de la sonrisa gingival excesiva mediante reposicionamiento labial.” Revista de la Asociación Dental Mexicana 75.2 (2018): 112-116.
  • Gregnanin Pedron, Irineu, and Patricia Verónica Aulestia-Viera. “La toxina botulínica como adyuvante en el tratamiento de la sonrisa gingival.” Revista clínica de periodoncia, implantología y rehabilitación oral 10.2 (2017): 87-89.
  • Álvarez Romero, Cristina. “Papel de la toxina botulímica en el tratamiento de la sonrisa gingival.” (2018).
  • Mancheno Gálvez, Davis Nicolas. Gingivectomía en paciente con sonrisa gingival a causa de erupción pasiva alterada en dientes anterosuperiores. BS thesis. Universidad de Guayaquil. Facultad Piloto de Odontología, 2020.
  • Díaz, Deysi Desirée Domínguez, and Ana Isabel López Flores. “Tratamiento multidisciplinario mínimamente invasivo de la sonrisa gingival.” Revista Científica Odontológica 8.2 (2020): e008-e008.