デリケートゾーンのかゆみに効果的な4つの対処法

13 1月, 2019
大多数の女性が、人生で一度はデリケートゾーンのかゆみに悩むものです。陰部のかゆみにはいくつかの要因が考えられますが、どのように対処すべきかアドバイスをお届けします。
 

女性は、月経を始めとして膣の病気の可能性など常に多くの不快な感覚にさらされています。デリケートゾーンのかゆみもその一つだと言えるでしょう。しかし、その原因や効果的な対処法をご存知でしょうか。

女性なら誰しも、少なくとも一度はこれらの不快感を味わったことがあるのではないでしょうか。デリケートゾーンのかゆみについては、この不快感をひどくさせる多くの要因があるので問題は少々複雑です。

第一に、かゆみの原因が何かについてはっきりさせなければなりません。そうすれば、今現在悩んでいる方もそうではない方も、必要な時に効果的に対処できるでしょう。

膣の周りのかゆみや荒れの原因には、細菌感染、真菌感染、更年期障害性感染症、化学物質によるアレルギーなどがあります。

かゆみ以外にも、赤み、腫れ、悪臭のするおりものなどの症状がある場合もあります。これらの症状に対処するには、適切な衛生習慣と健康的な食生活を維持することが必要です。今回は、それと並行して行う4つの効果的な自然療法をご紹介します。

デリケートゾーンのかゆみに効果的な4つの対処法

1. ハチミツ

ハチミツ

ハチミツには様々な有効成分が含まれており、かゆみの延長上にほてりや荒れがある場合に症状を鎮め、細菌が原因であれば感染を治すのに効果的です。

方法

  • 患部にハチミツ約20から30gを塗ります。
 
  • そのまま下着などで覆わずに約30分間作用させます。
  • 時間が経ったら、たっぷりのぬるま湯でしっかり洗い流します。
  • 1日2回行うとより効果的でしょう。

こちらもご覧ください:
細菌性膣炎について知っておくべきこと

2. ホウ酸

デリケートゾーンにかゆみがある女性に

ホウ酸には、かゆみやほてり、その他の不快感を和らげる消毒作用と抗真菌作用があります。敏感な部位に不快感があると感じた時に、簡単に入手でき経済的であることは言うまでもありません。

方法

  • コップ半分の水に、大さじ3、4のホウ酸を加えます。
  • 完全に溶けるまで混ぜます。
  • コットンか消毒済みのもので患部にホウ酸水を塗ります。
  • 1、2分間作用させます。
  • 1日1回、2週間続けます。

 

3. フレッシュローズマリー

ローズマリーの葉

驚かれるかもしれませんが、ローズマリーの葉は皮膚への細菌感染を防ぐことが知られており、デリケートゾーンのかゆみを抑える抗菌剤として使うことができます。

 

方法

  • 鍋に約1リットルの水を入れて火にかけます。
  • すぐにローズマリーの葉を加えます。
  • フタをして、15分間火にかけたままにします。
  • その後人肌に冷まし、患部に塗ります。
  • 完全に乾くまで待ちます。
  • 1日2回、1週間続けます。

ご存知ですか?:
思っているより危ないデリケートゾーンの5つの習慣

4. ニンニク

ニンニク

ニンニクに含まれるアリシンには、かゆみやその他の不快感の原因となる酵素を殺す抗菌作用、抗生作用があります。1日にニンニクを3片食べることで免疫系を刺激し、身体が効果的に感染症と闘う助けとなります。

ニンニクが持つ性質は、何らかの感染によってデリケートゾーンに生じるほてり、かゆみ、荒れを抑えるのに理想的なものです。ぜひ活用しましょう。

方法

  • 薄皮をむいたニンニク4片とオリーブオイル125mlを用意します。
  • 二つの材料を合わせて、約30分間寝かせます。
  • このニンニクオイルを膣の内部には入れないように患部に塗り、10分間作用させます。外用にのみ使います。
  • 時間が経ったら、十分なぬるま湯で洗い流し、患部をよく乾かします。ニンニクの臭いをとるためデリケートゾーン専用洗浄剤を使用しましょう。
  • 1日2回、1週間続けます。

 

メインの画像は、© wikiHow.comさんのご厚意により使用させていただきました。

 
  • Ankri, S., & Mirelman, D. (1999). Antimicrobial properties of allicin from garlic. Microbes and Infection. https://doi.org/10.1016/S1286-4579(99)80003-3.
  • Foster, D. C. (1993). Vulvitis and vaginitis. Current Opinion in Obstetrics & Gynecology, 5(6), 726–732.
  • Hardy, L., Cerca, N., Jespers, V., Vaneechoutte, M., & Crucitti, T. (2017). Bacterial biofilms in the vagina. Research in Microbiology. https://doi.org/10.1016/j.resmic.2017.02.001
  • Banaeian, S., Sereshti, M., Rafieian, M., Farahbod, F., y Kheiri, S. (2017). Comparación de la pomada vaginal de miel y clotrimazol para el tratamiento de la candidiasis vulvovaginal: un ensayo clínico aleatorio. Revista de Micología Médicale, 27 (4), 494–500. https://doi.org/10.1016/j.mycmed.2017.07.003.
  • Backus KV, Muzny CA, Beauchamps LS. Trichomonas vaginalis Treated With Boric Acid in a Metronidazole Allergic Female. Sex Transm Dis. 2017;44(2):120. doi:10.1097/OLQ.0000000000000559.
  • Mashburn, J. (2012). Actualización de infecciones vaginales. Journal of Midwifery & Women’s Health, 57 (6), 629–634. https://doi.org/10.1111/j.1542-2011.2012.00246.x.
  • Simbar, M., Azarbad, Z., Mojab, F. y Alavi Majd, H. (2008). Un estudio comparativo de los efectos terapéuticos de la crema vaginal Zataria multiflora y el gel vaginal de metronidazol en la vaginosis bacteriana. Fitomedicina, 15 (12), 1025-1031. https://doi.org/10.1016/j.phymed.2008.08.004.
  • Bahadoran, P., Rokni, FK y Fahami, F. (2010). Investigar el efecto terapéutico de la crema vaginal que contiene ajo y tomillo en comparación con la crema de clotrimazol para el tratamiento de la vaginitis micótica. Revista iraní de investigación en enfermería y partería , 15 (Supl. 1), 343–349.