ダイエットの落とし穴?!/つい食べすぎる5つの健康食品とは

4月 3, 2016

体重を減らしつつ健康を維持するために何を食べればいいかは、ほとんどの方がもうご存知のはず。砂糖や加工食品・スナック菓子を一掃し、代わりにくだものや野菜など、身体にいい食品で冷蔵庫をいっぱいにするのはとってもよいことです。だけど、過ぎたるは及ばざるがごとし、なんてことわざがあるように、ヘルシーな食品でも、食べすぎると逆効果になってしまいます。今回は、ダイエットの落とし穴となり得る、つい食べすぎてしまう5つの健康食品をご紹介します!

1. シリアル

砂糖がたくさん入ったシリアルは避けて、全粒穀物を主な材料とするシリアルを選ばなければならないことは、ダイエットの常識です。でも、どんなにヘルシーな全粒穀物入りシリアルだって、大きなボウルで食べていると、カロリーの摂りすぎになってしまいます。グラノーラのようなナッツやドライフルーツ入りのリッチなシリアルには、特に要注意! さくさく美味しいので、気づかないうちに朝食に何百カロリーも摂っていた、ということになりかねません。1日の摂取量は、グラノーラでカップ1/4杯、コーンフレークでカップ1杯、パフライス(膨化米)ならカップ2杯が目安です。

2. ナッツ類

ナッツ

ナッツ類はとってもヘルシーな食品です。身体にいい脂質を含んでいますし、満腹感を与えてくれます。でも、アーモンドやくるみのようなナッツは、ついつい食べすぎてしまうもの。大きな容器から直接つまんでいるならなおさらです。ナッツ類の1日の摂取量の目安は30グラム。手のひらにのるくらい(ゴルフボール1個の大きさ)でがまんしましょう。

3. オリーブ油

オリーブ油のドレッシングをかけたグリーンサラダはとってもヘルシー。緑の野菜は栄養が豊富ですし、オリーブ油は健康的で心臓を守ってくれるモノ不飽和脂肪酸を含んでいます。でも、オリーブ油はカロリーが高く、大さじ1杯で100カロリー以上もあることを覚えておく必要があります。オリーブ油を摂ることは大切ですが、摂りすぎないことが肝心です。目安は1日に大さじ1~2杯、おちょこ1杯分ぐらいの分量です。

4.フムス

フムスはヒヨコ豆に練りゴマやオリーブ油などをまぜたペーストで、とっても健康的。タンパク質とヘルシーな脂質を含んでいますから、ディップとして生野菜につけて食べると、理想的なスナックになります。問題は、つい食べすぎてしまうこと。フムスの1日の摂取量の目安は、大さじ2杯であることを覚えておきましょう。

5. しぼりたてのオレンジジュース

オレンジジュース-2

生ジュースは、くだものと栄養をたっぷり含んだヘルシードリンク。でも、問題は糖分の摂りすぎと、くだものを丸ごと食べるよりも食物繊維がずっと少ないこと。そこで、オレンジジュースをコップ1杯飲む代わりに、オレンジをひとつ食べましょう。食物繊維をもっとたくさん摂れますし、噛んで食べなければならないので、カロリーの消費量を減らすことができます。しぼりたてのオレンジジュースはヘルシーですが、推奨されているサービングサイズは120~180 ccです。

あなたへおすすめ