長期的な交際のメリットとデメリット

結婚を希望する場合、長期間の交際と短期間の交際はどちらが良いのでしょうか?この記事を読んで、両シナリオのメリットとデメリットを確認してみてください。
長期的な交際のメリットとデメリット
Andrés Carrillo

によって書かれ、確認されています。 心理学者 Andrés Carrillo.

最後の更新: 25 9月, 2022

長期間の交際をするカップルは意外と多いものです。数年前から同棲しており、夫婦のような生活をしているため、もう結婚しているも同然だし、と考えるカップルが非常に多いのです。しかし、これはあくまでも「長く付き合おう」と決めただけに過ぎません。

これは一時的な交際の段階です。つまり、いずれは仲を深めてより正式な関係性になるか、あるいは失敗して、やがて終わることになる。しかし、交際期間がいつまでも延びる場合もあります。

その原因はさまざまです。例えば、次のステップに進む前に経済的な改善を図るカップルもいます。この記事では、結婚までの期間が長引くことのメリットとデメリットを検証していきます。

長期的な交際のメリット

社会的にどう思われるかに関係なく、長期的なデートは実際に特定のカップルのための最良の選択肢かもしれません。このタイプの関係のいくつかのメリットは、下記の通りです。

1.お互いの取り決めができる

長い間一緒に過ごしてきたカップルは、不利な状況でもうまく乗り越えられます。これは、すでに一緒にいることを決断しているためで、よくある同居中の衝突を避けることができます。このことから、一緒に生活するためのお互いの決め事を健全的に確立できるでしょう。

2.夫婦の絆に安心感が生まれる

どんな関係でも、基盤のひとつは安心感です。そのため、長く連れ添った夫婦は、心の基盤がしっかりしています。

つまり、お互いを信頼し、健全な関係でこれからも共に歩んで行くことが分かっているのです。

新郎新婦の靴。
長期間の交際が必ずしも結婚につながるとは限らないし、そうしなければならないと感じるべきではありません。

3.目標の共有

カップルは時間の経過とともに一緒に目標を設定するようになり、それを達成することで二人の関係はより強固になります。

ただし、健全なカップルは、人生のある部分ではそれぞれが個別の目標を持っていることを理解し、受け入れることができます。

4.親族から受け入れられやすい

長期的な交際は、通常、親族に受け入れられやすいです。したがって、最終的に結婚に進みやすくなると言えます。

大切な相手の家族全員を好きになったり、好かれたりする必要はありませんが、受け入れて、受け入れられることは重要です。

5.感情的な自由

交際中であっても、自分を愛することができる能力のことです。長期的な恋愛をしている人は、健全な自尊心を持っていることが多いです。

精神的な幸福感の面で自立し、パートナーとお互いの幸せを補い合うことができることです。

長期的な交際のデメリット

人生は完璧ではないので、長期的な交際のマイナス面も考慮に入れなければなりません。ここでは、起こりうる問題のいくつかを挙げてみます。

1.日常生活への適応の問題

長期的な交際のデメリットのひとつは、特定の日常に適応するのが難しいということです。通常、カップルが一緒に過ごす時間が長すぎて、二人の関係が前に進まなくなったときに、喧嘩が始まります。

現実には、日常のルーチンは問題ではありません。人間にとって、関係を維持するために変えなければならないことがあるということを処理するのは難しいので、変化に対する抵抗が常にあるということです。

2.ロマンチックな情熱が薄れる

長い間一緒にいるカップルでは、ロマンチックな盛り上がりが薄れるのは普通のことで、それはお互いを愛していないという意味ではありません。情熱以外の他の部分にも目を向ける時が来た、ということです。

この点で、ロマンチシズムを基準にしているカップルは、果てしない葛藤を抱えることになるのです。

3.社会的圧力が強くなる

長期的な交際のデメリットとして特徴的なのが、周囲の人からのプレッシャーです。友人や親族から「結婚式の日取りは決まっているの?」「どこで結婚するんだ?」 「子供は?」などと聞かれ始めることは珍しくありません。

4.この先どうすべきか決めきれないから長引く交際

時間が経つにつれて、お互いの期待値が変化することはよくあることです。この変化がお互い重なるケースもあれば、そうでないケースもあります。

もちろん、変化自体に問題はありません。どちらかが結婚について話し始め、もう一方がそれを聞こうとしないとき、葛藤や不安が生じるのです。

聞いていることに驚いた男。
どんな長期的な関係でも、問題を解決しなければ混沌とした葛藤が生まれる時期があるものです。

5.自立性を失うことへの恐れ

実際、長期的な関係の中には、恐怖の結果長引いているものもあります。具体的には、結婚すると自由が奪われることが多いので、自立心を失うことへの恐怖です。

これは、まだ付き合っているだけの人は、未婚だから自由であるという思い込みによるものです。したがって、別れることはそれほど複雑なことではないと思っている人が多いのでしょう。

長い交際期間の後の結婚は良い選択肢なのか?

この記事で見てきたように、長期的な交際がうまくいく人もいれば、持続できない人もいます。この点から、結婚に疑問を感じたら、自分の関係を振り返り、そのダイナミクスを評価することが最良の行動となります。

長期間にわたってうまくいっている関係は、結婚に至る可能性が高いでしょう。逆に、相反する部分がある関係性は、長い目で見れば失敗する可能性が高くなります。

こちらの記事もおすすめです。
パートナーに気持ちを伝える5つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
パートナーに気持ちを伝える5つの方法

パートナーにあなたの気持ちを伝える機会があったのはいつでしょうか?残念なことに、日々のストレスや忙しさのために、恋愛については無視しがちです。しかし、愛は毎日少しずつ育てていく必要があるので、本日はパートナーに気持ちを伝える5つの方法をご紹介します。



  • “Relaciones de Pareja.” Kairós Gerontologia. Revista da Faculdade de Ciências Humanas e Saúde. ISSN 2176-901X 18.20 (2015): 173–188. Kairós Gerontologia. Revista da Faculdade de Ciências Humanas e Saúde. ISSN 2176-901X. Web.
  • Hernando-Gómez, Ángel, Pablo Maraver-López, and María Pazos-Gómez. “Experiencias Positivas y Negativas En Relaciones de Pareja de Jóvenes y Adolescentes.” Revista de Psicología 25.2 (2016): n. pag. Revista de Psicología. Web.
  • Calero, Francisco. “Matrimonio.” ¿Luis Vives o Antonio de Guevara? El Inicio Del Enigma. Dykinson, 2019. 259–282. ¿Luis Vives o Antonio de Guevara? El inicio del enigma. Web.