便器の尿石を落とす4つの自然派掃除法

3月 3, 2018
重曹やオキシドールなどの効能を利用すれば、強力な化学洗剤を使わず便器の掃除と除菌ができます。

便器は、家庭の中で常に除菌しておきたい場所です。理由は明らかですが、微生物や湿気、その他の汚れが溜まる場所で、表面にそれらが付着しています。

便器を清潔に保ち悪臭をシャットアウトする化学製品は多々ありますが、場合によっては尿石の発生を防ぐのに、それだけでは十分でないと気づくでしょう。

尿石とは黄色や茶色の汚れで、通常の掃除では落とすことができず、不衛生な印象を与えます。

水道水や尿の中のカルシウムやミネラルが蓄積することで発生するもので、細菌や尿に含まれる色素によりこのような色になります。

尿石を落とすための様々な製品が市販されていますが、環境にやさしい自然派の解決法を選ぶに越したことはありません。

今回は、環境を汚染する方法をとる前にぜひ試していただきたい、4つの自然派掃除法をご紹介します。

 

1. 重曹・オキシドール・レモン

重曹を便器の掃除に使用

重曹は、収れん作用、漂白作用のある製品で、便器のあらゆる汚れを取り除菌する助けになります。

この掃除法では重曹を、抗菌作用、洗浄作用のある2つの材料、オキシドールとレモン果汁と組み合わせます。

材料

  • 重曹 100g
  • オキシドール 大さじ2(30ml)
  • レモン果汁 1個分

準備

  • ボールに重曹を入れ、オキシドールとレモン果汁を混ぜます。
  • 軽い発泡が終わるのを待ち、ペースト状になるまでよく混ぜます。
  • 必要なら固さを調節するために水を加えます。

使い方

  • このペーストを便器の内側に塗り、雑巾や研磨スポンジでこすります。
  • 20分間作用させた後、洗い流します。
  • 週に1回行います。

 

2. ホワイトビネガーと重曹

便器に酢をスプレー

ホワイトビネガーは、便器に繁殖するさまざまな細菌を殺菌する効果のあるエコロジー洗浄剤の一つです。

重曹と混ぜると、尿石を落とし、同時に悪臭を中和させる効果もあります。

材料

  • 重曹 大さじ3(30g)
  • ホワイトビネガー 大さじ2(30ml)

準備

  • 容器に入れた重曹にホワイトビネガーを加え混ぜます。
  • 発泡が終わるのを待ち、濃いペースト状になるまで混ぜます。

使い方

  • このペーストを研磨スポンジにつけ、尿石で汚れている部分をこすります。
  • 15分間作用させた後、洗い流します。
  • 週に2回行います。

 

3. リンゴ酢とレモン

リンゴ酢の殺菌作用も、便器を除菌する自然派掃除法として利用できます。

リンゴ酢の有機酸がレモンの持つ酸と油脂といっしょになることで、見栄えの悪い尿石に対抗できる強力な味方となります。

材料

  • リンゴ酢 125ml
  • レモン果汁 1個分

準備

  • リンゴ酢とレモン果汁を混ぜ合わせます。

使い方

  • スポンジに準備した液を含ませ、便器全体をこすります。
  • そのまま10分間放置して作用させた後、洗い流します。
  • 週に1回行います。

4. 重曹・塩・ホワイトビネガー

重曹を便器に入れる

重曹は、その研磨効果と殺菌作用で、便器にこびりつく尿石の汚れを落とすナチュラルな洗浄剤となります。

この組み合わせは、その抗菌成分が細菌を取り除き、同時にイヤな臭いを解消する消臭効果もあります。

材料

  • 重曹 大さじ3(30g)
  • 塩 大さじ1(15g)
  • ホワイトビネガー 125ml
  • 熱湯 250ml

準備

  • 重曹と塩を混ぜます。
  • ホワイトビネガーと熱湯を用意します。

使い方

  • トイレブラシかスポンジを使い、重曹と塩を混ぜたものを便器の内側にこすりつけます。
  • 次に、スプレー容器に入れたホワイトビネガーをその上にスプレーします。
  • 10分間放置して作用させた後、熱湯で流します。
  • 週に1回行えば、便器をピカピカに保つことができます。

自然派掃除法、いかがでしたか? 健康を害する恐れのあるきつい化学物質を使う代わりに、ぜひこれらの掃除法をお試しください。その効果に驚くことうけあいです!

あなたへおすすめ