アスピリンを使った/フェイシャルピーリングで/美しい肌に

· 5月 18, 2016
このフェイシャルピーリングは夜、寝る前に行うことをお勧めします。また、フェイシャルピーリングを行っている期間は、肌が普段よりも敏感になっているため、必ず質の良い顔用日焼け止めを塗って外出しましょう。

フェイシャルピーリングやスクラブは、人気のある美容方法で、肌全体を洗浄し、肌のシミ、そばかす、傷跡などを目立たなくする効果があると言われています。

そして、ピーリングやスクラブを、自分で自宅で行うなら、エステサロンなどと違い、安価にそして手軽に行うことができます。

フェイシャルピーリングを行う前に気をつけること

フェイシャルピーリングを行う数日前から、肌の乾燥に注意してください。

肌のタイプによっても異なりますが、肌の表面を覆う死んだ皮膚細胞である角質を取り除くフェイシャルピーリングは、その最中やピーリング後に肌のつっぱりや乾燥を感じることが多くあります。

まずは、顔の目立たない小さな場所でパッチテストをし、痛みや痒み、赤みなどが現れないか確認してください。

何か症状が現れた場合は肌に合わないということですので、この方法はやめて、刺激の少ない別の方法を試してください。

ピーリングの効果は、肌タイプや普段のスキンケア方法によって異なります。

今回は、肌は再生し若々しさを取り戻す効果があると言われる、アスピリンを使ったピーリング方法をご紹介します。

アスピリンを使ったフェイシャルピーリング

2-aspirin

アスピリンは世界で最も使われている鎮痛剤の一つで、頭痛などの痛みを抑える薬です。

実はこのアスピリンには、肌の再生を促し、シミを目立たなくするスキンケアに良い成分も含まれているのですが、このことはあまり知られていません。

さらに、アスピリンには抗菌作用もありますので、ニキビや傷の予防にもなります。

こちらもご覧ください:アスピリンの意外な6つの用途

アスピリンを使ったフェイシャルピーリングの作り方

3-peeling-mask

アスピリンは薬剤ですので、このフェイシャルピーリングを行うのは夜にし、行った後には日光を浴びないようにしてください。

過剰に行うと、肌が必要とする自然な皮脂を取り除き、肌を乾燥させる結果となります。

目安として1ヶ月に2〜3回を上限とし、必ずそれを守ってください。

材料

  • アスピリン 5錠
  • ハチミツ 大さじ2(15g)
  • プレーンヨーグルト 大さじ1(15g)

作り方

アスピリンを潰して粉末状にします。これをハチミツ(オーガニックが望ましい)、ヨーグルトと混ぜペースト状にします。

使い方

  • ピーリング剤を肌に付ける前には洗顔し、しっかりと全てのメイクを落としましょう。
  • タオルを熱いお湯に浸けるか電子レンジで30秒程温めてホットタオルを作り、10分間顔に当てます。これにより毛穴が開き、ピーリング効果が増します。
  • 顔を拭いて乾かしたら、ピーリング剤を顔に薄くのばしましょう。少なくとも20分程置きます。30分以上置かないように気をつけて下さい。
  • 時間になったら、温かいお湯でピーリング剤を洗い流します。その後は質の良い保湿液を使って顔を保湿しましょう。

こちらもご参考に:アスピリンの隠れた効能で美肌フェイスケア

お勧め

4-skin-care

このフェイシャルピーリングを行っている期間は、肌が普段より敏感になっているため、必ず日焼け止めを塗って外出しましょう。

ピーリングとピーリングの間の期間のスキンケアは、低刺激のものを使用してください。

正しい方法でこのピーリングを行えば、最初の1ヶ月で、肌が若々しさを取り戻すなどの効果を実感することができます。

また、脇の下、膝、肘などの角質が蓄積されやすい場所もぜひピーリングしてください。