アスピリンの意外な6つの用途

· 11月 21, 2016
アスピリンには、足の皮膚を柔らかくする効果があり、乾燥・タコなどの足のトラブルの解消にも役立ちます。

アスピリンには強力な抗炎症作用、鎮痛作用や抗凝血作用などがあり、世界中で最もよく使われている薬の一つと言えるでしょう。

頭痛や筋肉痛、風邪による症状などの痛みを鎮める目的での使用が、アスピリンの最も一般的な用途です。循環器疾患への効果も知られています。

また、日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカなどではアスピリンを使ったパックや、ニキビ治療の民間療法など、本来の用途とは異なるユニークな目的のために使われることもあります。

この記事では、アスピリンのあまり知られていない6つの用途をご紹介します。

1. 唇のケア

唇のケア

アスピリンは、アセチルサリチル酸の働きにより、角質除去と、唇の敏感な皮膚の保護に効果があると言われています。

ここでは、唇の古い角質層が溜まったり、唇がひび割れたりするのを防ぐためのパックをご紹介します。

材料

  • ブラウンシュガー 約12グラム
  • 蜂蜜 1ティースプーン(約7.5グラム)
  • オリーブオイル 1ティースプーン(約5グラム)
  • アスピリン 2錠
  • ビタミンEオイル 6滴

用法

  • アスピリンをすり鉢に入れてすりつぶし、粉末状にします。
  • 次に他の全ての材料を加えてペースト状にしましょう。
  • これを唇に塗って、円を描くような動きで、ごく優しくマッサージします
  • 5分間そのままにしてから洗い流しましょう。
  • これを週に1回行います。

こちらもご参考に:
アスピリンを使ってフケを対処しよう

2. ピーリング

ピーリングとは、肌のシミや角質を除去し、肌を活性化させる美容法です。

一般的には専用の化粧品を使って行われますが、アスピリンにも多少のピーリング効果があると言われています。

材料

  • アスピリン 5錠
  • レモンの果汁 20ミリリットル
  • 重曹 10グラム

用法

  • 砕いたアスピリンと、レモンの果汁を混ぜてペースト状にしてください。
  • 洗顔した後の肌に、目の周りを避けて塗り、そのままの状態で10分間待ちましょう。
  • その後、円を描くような動きで優しくマッサージしてから、水で洗い流します。
  • レモンの酸を中和するために、重曹に水を加えてペースト状にしたものを顔に塗り、再び水で洗い流しましょう。
  • 最後に肌を保湿してください。これを週2回行います。

3. フットケア

フットケア

アスピリンは、足の乾燥やタコ、足菌腫などの解消にも効果があると言われます。足の皮膚を柔らかくすることに加えて、細菌に対するバリアのような働きもあります。

材料

  • アスピリン 5錠
  • レモンの果汁 1ティースプーン(5ミリリットル)
  • 水 10ミリリットル

用法

  • アスピリンを砕き、レモンの果汁・水と混ぜます。
  • ペースト状になったら、気になる部分に塗り、そのまま30分間待ちます
  • ぬるま湯ですすぎ、軽石を使って、優しく角質をこすりましょう。
  • 最後にクリームなどで保湿するのを忘れないでください。これを週に3回行います。

4. 洋服のシミを落とす

アスピリンのアセチルサリチル酸は、汗ジミなどによる洋服の黄ばみを落とすのに効果があります

材料

  • アスピリン 5錠

用法

  • アスピリンを砕き、水を加えてペースト状にします。
  • これを洋服の汗ジミが気になる部分に塗り、15分間そのままにしておきます。
  • その後、普段通りに洗濯機で洗いましょう。

こちらもご参考に:
アスピリンを使ったヘアケアの方法

5. 体毛のケア

体毛のケア

埋没毛(体毛が皮膚に埋没してしまった状態)の解消にも、アスピリンが役に立ちます。皮膚の炎症を抑えつつ、埋もれた毛を外に出すのに効果的です。

材料

  • アスピリン 1錠
  • ココナッツオイル 1ティースプーン(7.5グラム)

用法

  • アスピリンを砕き、ココナッツオイルと合わせたものを、気になる箇所に塗ります。
  • 15分待ってからすすぎましょう。
  • 埋没毛が解消されるまで、毎日行います。

6. バスルームの掃除

アスピリンは、バスタブやシンクにこびりついた石鹸カスの除去にも効果的に使用できます。

材料

  • アスピリン 5錠
  • 液体洗剤(バスルーム用)

用法

  • アスピリンを液体洗剤に溶かしたものを使い、バスルームの汚れが気になる部分を洗いましょう。
  • 10分待ってから、洗剤を冷たい水で洗い流してください。

この記事ではアスピリンのユニークな用途をご紹介してきましたが、どれも本来の用途とは異なるものですので、使用する際、特に美容目的の場合は十分に注意して使用してください。