足の水ぶくれの症状を緩和する5つの自然療法

7月 31, 2018
自然療法を使って足にできた水ぶくれの症状を緩和しませんか?カモミールやハマメリスなど、殺菌・消毒効果や抗炎症作用のある方法をご紹介します。

足にできる水ぶくれはほとんどの場合が靴擦れが原因ですが、その中でも靴擦れが起こりやすい靴の種類があります。

水ぶくれは足にできる皮膚の病変で、深刻ではないものの、痛みや不快感を引き起こし、細菌が増殖することで感染症を併発する傾向があります。

一般的に、靴が皮膚に触れてに擦れやすいかかと部分に発生しやすいと言われていますが、他の部分でも皮膚と靴が触れやすい場所に起こります。

今回ご紹介する自然療法を活用することで、水ぶくれの症状を緩和しながら皮膚を修復し、感染症の併発を予防する効果があります。

ご存知ですか?:水ぶくれを治す5つの方法

1. アロエベラとココナッツオイル

アロエベラとココナッツオイル

アロエベラとココナッツオイルで作るこのクリームは、水ぶくれの症状を緩和するために必要な栄養素が豊富に含まれています。またどちらの材料にも、体内組織が治癒する過程における感染症を予防する働きのある抗菌剤としての働きがあります。

材料

  • アロエベラのゲル 大さじ2
  • ココナッツオイル 大さじ1

使用方法

  • すべての材料を容器に入れたらジェル状になるまで混ぜてください。
  • 水ぶくれの上に出来上がったクリームを塗ったらしっかりと浸透させます。
  • 洗い流さずにそのままにしてください。
  • 完治するまで1日2~3回行います。

こちらの記事もご参考に:すべての肌タイプにおすすめ:アロエベラマスク

2. ハマメリス茶

ハマメリス茶には抗炎症性および防腐性という特性があるため、 足にできた水ぶくれの症状を緩和するのに役立ちます。ハマメリス茶を塗布することで、皮膚の治癒を促進しながら細菌および感染性因子を減少させます。

材料

  • ハマメリス 大さじ2
  • 水 1カップ (8oz.)

使用方法

  • 沸騰した湯の中にハマメリスを入れます。
  • 室温になるまでそのままにして抽出させ、10分が経過したら濾します。
  • 出来上がったハマメリス茶を患部全体に塗布し、洗い流さずに浸透させてください。
  • 化粧用コットンやティッシュを使って塗布する方法もあります。
  • 1日3回、症状が緩和されるまで続けてください。

3. シーソルトとラベンダーオイル

シーソルトとラベンダーオイル

シーソルトに含まれる消毒作用とラベンダーオイルの再生作用を組み合わせることで、足をリラックスさせながら健康に保ちます。

これらの成分は、水ぶくれをはじめとするかかとの皮膚にできる小さな病変を軽減しながら、死んだ皮膚細胞である角質症を除去します。

材料

  • シーソルト 大さじ2
  • ラベンダーオイル 大さじ2
  • 水 5カップ

使用方法

  • 水を火にかけますが、沸騰する直前に火からおろして、シーソルトとラベンダーオイルを加えます。
  • 容器に移したら、肌に触れても熱くない温度になるまで待ちます。
  • 容器の中に足を20分間入れます。必ず患部がこの液体の中に入っている状態を保ってください。
  • 症状が改善されるまで、1日2~3回行います。

4. カモミールティー

カモミールの花には、消毒剤、抗炎症剤、抗酸化剤としての特性があるため、カモミールティーは、靴擦れなどが原因の水ぶくれを緩和するのに理想的な自然療法です。

また水ぶくれだけではなく、靴擦れによる痛みや炎症を軽減する働きもある自然療法です。

材料

  • カモミールの花 大さじ3
  • 水 3カップ

使用方法

  • 沸騰した湯の中にカモミールを入れます。
  • 数分そのままにして抽出したら、温度を調節するために冷水を加えます。
  • 15~20分間足を入れます。
  • 1日2回、3日以上続けてください。

5. バナナとアボカド

バナナとアボカド

アボカドとバナナを組み合わせることで、水分補給と若返り効果のあるクリームが出来上がります。このクリームは、足の水ぶくれにも高い効果を発揮する自然療法です。

脂肪酸、アミノ酸および抗酸化物質を豊富に含むこのクリームは、患部を保湿しながら、細胞の再生を促進します。

材料

  • 完熟バナナ 1/2 本
  • 完熟アボカド 1/2 個

使用方法

  • バナナを潰したら、アボカドと一緒にブレンダーに入れて混ぜます。
  • クリーム状になったら取り出します。
  • 水ぶくれができている場所全体に塗り、20分間そのままにします。
  • 冷水で洗い流してください。
  • 毎晩おこなってください。

靴を履くたび水ぶくれができてしまったり、水ぶくれが痛む方は、今回ご紹介した短期間で水ぶくれを緩和する自然療法をお試しください。

また自然療法を使って治療を行なっている最中には、症状の悪化や合併症を予防するために、患部を絆創膏などで覆いましょう。

あなたへおすすめ