足にできたたこの自然療法

· 7月 5, 2016

足の裏にたこができると、痛みを感じることがありますし、痛みのせいで歩きにくくなることもあります。多くの場合たこは、足のケアが足りないことが一因となってできてしまいます。足は体を支える大事な部分ですが、残念なことに多くの人は、体の他のパーツを気にかけるほどには注意を払いません。この記事では、たこを治すための自然療法をご紹介します。

たこについて知っておくべきこと

たこは、足に圧力がかかることや、摩擦が繰り返されることに対する自然な反応として現れるもので、特に、足に合わない靴が原因となることが多いです。たこは手にできることもありますが(同じ道具を長期間使い続けた場合など)、最も厄介なのは足にできた場合と言えるでしょう。歩くたび、靴を履くたびに痛みに悩まされることにもなります。

たことうおのめは混同されがちですが、うおのめは(爪先や足の裏など)にできるもので、硬くなった角質が内側に入り込むことによってできた芯があり、圧力がかかると痛みます。たこはうおのめより大きく、古い細胞が厚い層になっており、足の親指の辺りやかかとなどにできます。どちらも自然療法で治療することができます。

feet-12

たこの自然療法

  • お風呂の後に、軽石を使って優しくこすりましょう。その後、半分に切った生の玉ねぎを当ててこすり、最後にアルニカオイルを塗ってください。
  • にんにくをよくすりつぶし、オリーブオイルと混ぜたものを、たこに塗りましょう。これは肌をやわらかくし、たこを小さくするのを助ける効果があります。
  • 何錠かのアスピリンをつぶしたものを、レモンの果汁1テーブルスプーン、水1テーブルスプーンと混ぜてください。これをたこに塗り、足をホットタオルでくるんで、10分間そのままにしましょう。タオルの熱によってペーストの成分が浸透し、肌がなめらかになります。10分経ったら、軽石で優しくこすってください。
feet-13

  • ネギを白ワインに24時間浸したものを、たこに20分間当て、その後軽石で優しくこすりましょう。
  • マリーゴールドの花(抗炎症作がある)が配合されたオイルを、一日に数度たこに塗ることで、皮膚がやわらかくなってきます。
  • 適温の1リットルのお湯にカモミールオイルを4滴垂らしたものに、足を10分間、またはお湯が冷めるまで浸しましょう。その後、たこにワセリンを塗り、上からコットンのソックスをはいてください。
  • りんご酢にパンくずを浸し、2日間寝かせたものを、たこができている部分に塗ってしばらく置き、その後軽石でやさしくこすってください。をあらかじめお湯に浸し、肌をやわらかくしておくとより効果的です。
feet-14

  • 新鮮ないちじくを半分に切って、果肉を取り出し、夜寝る前にたこに塗って、上からガーゼなどの清潔な布を巻いてください。翌朝、布を外して、足をお湯で洗い、30分経ってから軽石で優しくこすりましょう。
  • 40グラムのほうれん草の葉を洗ってすりつぶしたものを、ガーゼなどに取り、たこができている部分に当ててください。20分経ってからすすぎましょう。たこのある部分がなめらかになってきたと感じるまで、一日に数回、数日間か、できれば一週間続けて行ってください。
  • ひとつかみのハウスリーク(バンダイソウ)の葉をすりつぶしてペースト状にし、1テーブルスプーンのりんご酢を加えてください。これを、たこができている部分か、肌が乾燥して硬くなっている部分に塗りましょう。ペーストが乾いてから、軽石を使ってください。
  • を10分間(またはお湯が冷めるまで)お湯に浸してください。そして、1テーブルスプーンの重曹に水を加えてペースト状にしたものを、まだ足が濡れているうちにたこに塗り、優しくこすってください。仕上げに軽石を使いましょう。
feet-calluses

  • パイナップルの皮をむきスライスしたものを、たこができている部分に当て、包帯などで固定しましょう。一晩そのままにして眠り、翌朝、足を10分間お湯に浸してください。たこの辺りの皮膚が柔らかくなってきたと感じるまで繰り返してください。少なくとも4回は行いましょう。
  • 1テーブルスプーンのりんご酢と、1/8カップの植物オイルを混ぜたものを、たこができている部分に塗り込んでください。その後軽石を使い、仕上げにアーモンドオイルでマッサージしましょう。
  • たこができている部分にキャスターオイル(ひまし油)を塗り込み、レモンの皮を当て、包帯などで覆ってください。これを2週間毎日行うことで、たこをやわらかくする効果があります。
  • にんにくと少量のアイビー(セイヨウキヅタ)を一緒にすりつぶし、ガーゼなどに取って、たこに当ててください。上から布などで覆って固定し、一晩そのままにしましょう。アイビーには毒性がありますので、あくまで外用として使い、決して口に入れないでください。
  • ネトル(イラクサ)の茎と花をよく洗い、ペースト状になるまですりつぶし、たこに塗ってください。すりつぶす代わりに、ミキサーを使い、少量の水と混ぜてペースト状にしても構いません。マリーゴールドでも代用できます。