あなたは自分を愛していますか?/自分を愛せていない7つのサイン

· 11月 1, 2016
あなた自身が自分を愛していないのに、他人に愛されようとするのは間違っています。まずはありのままの自分を愛することから始めましょう。

人生はとても短く、他人が自分のことをどう考えているかなどと心配するのは時間の無駄です

他人に認められることをいつも求めていませんか?

他人に認められることばかりを求めていると、自分が何を欲しいのか、自分が誰なのかがわからなくなってしまうでしょう。

自分自身の幸せを周りの人に依存していると感じたら、少し立ち止まり、自分の生き方を見つめ直す時期かもしれません。

自分を受け入れて愛することからはじめましょう

ありのままの自分を受け入れることができないのであれば、自分を愛することもできません。

自分という人間を誰かの手に委ねると、自分という人間が誰なのかわからなくなります。

本記事では、自分を愛することができない兆候についてご紹介します。

何か思い当たることはありませんか?

こちらの記事もご参考に:ありのままの自分を受け入れることを学びましょう

2-egotistical-person

1. 自分らしくいることができない

他人が望むような人間になろう頑張り、疲れすぎていませんか?

他人のいいなりになるのは簡単に思えるかもしれませんが、実際はありのままの自分自身でいる方がずっと簡単です。

もし今、自分らしくいるかと疑問に感じているなら、自分自身の行動を見直してください。

誰かと一緒に過ごす時間が多いですか?

一人でいる時間をあえて減らしていませんか?

この質問が当てはまる場合は、本来の自分を拒否し、誰かと一緒に過ごすことで本当の自分から目を背けようとしている可能性があります。

こちらの記事もご参考に:孤独を感じずに自分らしくいられる方法

2. 自分の考えを口にするのが怖い

誰かと会話をしていて、周りの人と意見が違った時、自分の考えを口に出すのを怖く感じたことはありませんか?

他人の意見に合わせ、自分自身を「他人が求めている型」にはめてしまうのはとても危険なことです。

自分の意見を口にしないと、誰もあなたの意見に耳を傾けなくなる日がやってきます。

人と違うことや違う考えを持つことを恐れてはいけません。

自分の意見を口にできないタイプの人は、自信が足りず自分を大切にしていない人である可能性があります。

「自分の意見は的を得ていない」「自分の意見は適切ではない」と考えてついつい無口になることもあるかもしれませんが、実は誰の意見も適切であり大切な意見です。

自分の考えをしっかりと口に出して表現しましょう。

私たちの意見や私たちの存在は、私たちが考える以上に重要なものなのです。

3. 自分に対して批判的

気づかないうちに、自分に対して批判的になりすぎて自らの成長を止めていませんか?

何か間違いを犯すことによって、実は私たちはそこから学び、前に進み成長することができます。

この事実を忘れず、自分が達成してきたことに感謝することが大切です。

自分にとって些細なことにも感謝の気持ちを忘れずに過ごすことで、自分がこれまでに達成してきたことや自分の人生を誇りに持ち、自分を愛することができます。

4. 自分自身をいたわらない

3-fractured-face

私たちは、ありのままの自分の姿でいることが快適だと感じるべきです。

ありのままの自分でいるのが快適ではない場合は、自分自身をいたわるのを忘れがちです。

その結果、自分の外見や健康に気を配ることがなくなり、状況はどんどん悪化します。

自分を愛し、自分の「ケア」を行なって、自分を大切にしましょう。

自分をいたわり、愛情を持って自分の世話を行うことが大切です。

5. モチベーションを上げることができない

モチベーションを失うと、夢や目標を達成する可能性は低くなります。

自分の能力を過小評価する結果、モチベーションを失うと自分の欲しいものを手に入れることはできないでしょう。

何か失敗した時には、前述のように「何かを学ぶ良い機会を得た」とポジティブに考え、自分を信じて前進して行くことで、夢や目標など、自分が求めているものに一歩ずつ近づくことができます。

モチベーションを維持して自分の夢を大切にしましょう。

6. 自信がない

自信を持つこともまた、モチベーションの維持と同じく重要です。

自分に何ができるのかと考えたことはありますか?

どんなに些細なことでもいいので、自分がこれまでに達成したことを誇りに思ったことはありますか?

自分自身を愛しているのなら、自分に自信があるはずですし、自分が達成したことを誇りに思うはずです。

また自分に自信がある人は、間違いにも感謝し、そこから学ぶことができます。

7. 本当の自分を見せることができない

4-bird-with-a-ribbon

ありのままの自分自身を他人に見せるのが怖いと感じたことはありますか?

本当の自分を隠すことで、自分を守っていると感じている人もいるかもしれませんが、実はこの行動が私たちを弱くします。

本当の自分の姿を周りに見せず、自分の意見を言わず、そして自分自身を愛することができない人は、本当に愛するという意味を知らないまま人生を送る可能性が高くなります。

誰かを愛する方法を知りたいのなら、まず自分自身を愛することから始めてください。

ありのままの自分自身を愛することで、周りの人に本当の自分を見せる勇気が生まれます。

私たちは誰もが愛される存在です。

しかし他人から愛されるのを待つのではなく、自分で自分を愛することから始めてください。

本当の自分を大切にして、自分は愛される価値のある人間だということを再確認してください。

自分を愛していますか?