対人関係がうまいひとがやらない8つのこと

対人関係がうまい人は、自分が何をしたいのかを理解し、他者との関係がどうしたらうまくいくのか、相互理解につながるのか良く理解しています。

そうすることで、より成熟した関係を他者と築くことができるのです。

これらの人が普段おこなわない特定の行動があり、それは他の人を困らせる迷惑な習慣がある人と大きな差を生みます。

以下で、そのような人の特徴を記します。それはあなたの日常生活にも簡単に取り込めることですので、是非試してみてください。

相手の会話を絶対に遮らない

talking

コミュニケーション能力のある人は、たいてい会話上手です。彼らは、「他の人よりも先に喋らなきゃ」とか、「遮らなきゃ」など考えません。

彼らは忍耐強く他の人が話し終えるのを待つことができるのです。自分の話す内容に自信があるので、自分の考えを人に押し付けようとしません。

彼らは自分の意見を評価してもらおうとして他者にそれを披露するわけではないのです。

相手の会話は遮らず、最後まで聞く側に徹することで対人関係がうまくいきます。

いつも自分に注目しているわけではない

対人関係がうまい人は、自分の大切さを理解しており、さらに自分を磨く努力をしています。

しかし、いつも自分ばかりについて気にしているわけではありません。

 

彼らは、対人関係は時間と注意が必要だということを理解しています。友人や恋人、家族と習慣や習性を作り、自分に対してもそれらを作ります。

彼らは自分が大切だと思いながらも、自分が世界の中心ではないということを理解しています。あなたが困っている時に助けてくれますが、同時に必要な時にNoと言うこともできます。

自分が正しいことを示すために人を決めつけない

toxic-people

自分と他人の違いを良く理解していることは、感情的にも知能的にも能力が高い証拠です。

自分の考えや意見を押し付けるために、人を「こういう人なのだ!」と決めつけると、人はあなたに考えを打ち明けてくれなくなります。

自分の意見を持ちつつも、もっとオープンで寛大な心をもつことが理想です。

他の人の意見を変えようとしない

これは社交的な人のすばらしい能力です。他の人が感じることはただの感情に過ぎない。だからこそ、尊敬と忍耐を持って人と話すことが大切なのです

自分が大人になって人の意見を理解し、相手への尊敬の念をもって自分の意見を言うと、その場はより健全に、そして効率的で平和になります。

あなたの意見が大切なものだと思わせるために、他の人の意見を劣るように見せる必要はありません。

落ち着いていて、声の操り方を知っている

10-complements-we-need-to-hear

人生の中で直面した問題を解決するときに最も大切なのは自己主張です。

しかし、自己主張に見せかけた「怒り」や「受け身の攻撃」は解決どころか問題を増やします。

対人関係がうまい人は自分のやりたいことに自信があります。

声を荒げず、落ち着いて話すことができるのです。

彼らは批判的でない

多くの人は自身を反社会者だと呼び、社会や自分自身さえも批判する傾向にあります。

社会的知能のある人は、外見に関わらず、全ての人が欠点だけでなく、たくさんの長所を持っていると考えます。

人とどう関わるべきかを知っている人は、自身だけでなく他者の行動もポジティブに捉えます。

なぜなら彼らは高い自信を備えており、自分の置かれた状況のなかで最善を尽くそうとするからです。

他の人がどのように交流するか過度に分析しない

他者との関係を考えすぎてしまうと楽しめなくなってしまいます。だからこそ、他者との関係がどうなるのかを考えることは避けるべきなのです。

また、関係が終わる時に、それぞれを分析しすぎるのも避けるべきです。

しかし、この習慣を辞めて、起こりうる悪い結果を考えるのではなく、ポジティブな気持ちで交流することができます。

あなたは、たとえ上手く行かなかった関係でも、これがうまくいくことにびっくりするでしょう。

ボディーランゲージをうまく使う

社会的な場面において、あなたの体の姿勢は他者にメッセージを送っています。

社交能力のある人は、彼らの体が放つボディーランゲージがポジティブなものであるように心がけています。

人とアイコンタクトをとり、その人に向かって微笑むとき、あなたは社交的で、オープンで、怖くない人だということを相手に示しています。もし姿勢よく立っていたら、人はあなたをしっかりした人だと認識するでしょう。

待つのではなく積極的に交流していく

4-socialize

他の人が声をかけ、誘ってくれるのを待つのは時間のムダです。社会的知能のある人は社会的関係はお互いの努力があってこそだということを知っています。

あなたが他の人にとって大切な人なのだということを示したいのなら、あなたが主導権を握って交流をスタートさせなくてはいけません。それは以下のように簡単にできます。

  • 電話やメールで連絡を取り合う
  • 友人を訪ねる
  • 懇親会を主催する

他より優れた社会的知能を持つ人はいますが、誰でも気をつければ身につけることができます。

これらのシンプルな習慣を練習するだけなのです。