死期が近づいた時に私たちが後悔しがちなこととは?

· 2月 7, 2018
死期が近づいてからこれまでの人生を振り返り、やりたかったことが何一つできなかったと後悔するのは意味がありません。生きている間に、自分が思い描く夢の人生を生きましょう。

期が近づいていると感じた時に多くの人は何かしら後悔をするといいます。空虚な気持ちに襲われ、時間を巻き戻して生きている時間をもっとうまく活用したいと願うのです。

ですが、人は、死期が近づいた時になって初めてこれまでの人生の価値に気がつくようにも見えます。

これは本当に意味のあることなのでしょうか?死期が近づいてからではなく、今から人生を大切にしてはどうでしょうか?

死ぬ前に後悔しても意味がない

死期が近づいてからこれまでの人生を振り返り、後悔しても意味がありません。今日は、多くの人が後悔するであろう4点について見ていきましょう。

今日ご紹介する4つの事柄を心に留めておけば自動操縦されて生きていくことはなくなるでしょう。後悔することのないよう、生きていきましょう。

1. 望んだような人生ではなかった

これは一番よくある後悔の一つです。思うように決められなかった、思うような人生を歩めなかったという事実から生じる不安定さのせいです。

これは大抵は、外野からの意見が原因であることが多いでしょう。

  • 「気をつけて!危険だから」
  • 「もし自分ならそんな風にお金を使わないだろう」
  • 「本当にその考えをやめてしまうの?」

など、私たちを後ろ向きにしてしまう不安な考えです。

どれ程多くの人が自分の両親と同じようなライフパターンを歩んできているでしょう?”どれ程多くの人が回り道”をしながら人生を探検してきたでしょう?

人を幸せにするのはどちらだと思いますか?

私たちは他人がどう思うかに囚われすぎているようです。そして、かつて描いた夢のような人生を生きる機会を失ってしまうのです。

心配する人

2. 働いてばかりだった

この点を後悔する人も非常に多いでしょう。生きる為に働くのではなく、働く為に生きてきた、と。

家族や友達を後回しにする人の人生では、仕事が最優先事項となるでしょう。

時が経つにつれ、子供達の成長を見てこなかったこと、夫婦関係をおぎなりにしてきたこと、友情を大切にしてこなかったこと、本当の友達がいないことに気がつくのです。

個人的な人間関係は、すべての人にとってとても価値のあるものです。だからこそ、人間関係を最優先にしましょう。仕事はもちろん大切です。ですが、誰かと強い絆を築き上げることは、もっともっと大切なのです。

3. もっと楽しいこと、ハチャメチャなことをすれば良かった

過去を振り返り、これまでにどれ程楽しいことをしてきたか、ハチャメチャなことをしたかを考えた時、実は何もしてこなかったことに気づいてホロ苦い思いがするでしょう。

あなたはバンジージャンプをしたいと思いますか?興味があるなら是非しましょう!旅行に行きたいですか?世界を探検してください!

満たされない願いを持つことは、最期のときに後悔となって蘇るでしょう。

ワイルドでハチャメチャな考えを実行するには、自分のコンフォートゾーンを出なくてはいけないでしょう。コンフォートゾーンは安全で快適な場所です。ですが、同時に私たちの行動を限定してしまうのです。

人生は一度きりです。もっと熱烈に生きませんか?

悲しむ女性

4. 自分の気持ちを表現すれば良かった

幼い頃から自分の感情を抑えるようにと言われてきませんでしたか?人前では泣いてはいけない、声を荒げてはいけない、落ち着きなさい…

これはつまり、時間が経つと、自分自身の家のなあですら感情を解放することができなくなるということです。

どう感じるかを表現する方法、感情を理解する方法、またその感情をうまく処理する方法を学ぶことが大切です。

  • 「どうして彼女に愛しているときちんと伝えなかったのだろう?」
  • 「涙を流せたらよかったのに」

最期のときまで後悔を残してはいけません。

今こそ、あなたの人生の生き方を変える時です。後悔なく生きぬいたと、満足できる人生を送りましょう。