【絶品料理】タラのピルピルソース

今回は、タラの魅力を余すところなく食卓に取り入れるための、タラのピルピルソースの作り方をお伝えします。
【絶品料理】タラのピルピルソース

最後の更新: 15 11月, 2022

タラのピルピルソース(ピリ辛ソース)は、魚料理の中でも特におすすめです。必須栄養素を大量に含んでいますし、思ったよりずっと簡単なレシピで、家族みんなを喜ばせることができます。

タラのピルピルソースの作り方

まず最初に、食事に魚を取り入れることは、長期的な健康を維持するためにとても良いことだということをお伝えしておきます。魚介類には、最高級の脂肪酸と必須ミネラルが豊富に含まれています。

タラのピルピルソース 作り方
タラのピルピルソースを準備する前に、タラの塩抜きをお忘れなく。

材料

タラのピルピルソースには次の材料が必要になります。

作り方

  1. まず、低くて広いキャセロール皿を選びます。
  2. ニンニクの皮を剥き、オリーブオイルで中火で焼きます。
  3. 焼きあがったら取り出して、お皿に置いておきます。
  4. 唐辛子をきれいに洗い、4等分に切る。炒めて、別の皿に置いておく。
  5. 同じ油でタラを炒めます。少なくとも片面4分ずつ焼き、皿に盛る。
  6. この工程が完了したら、ソースの準備に取り掛かります。そのためには、オイルが温まるまで数分待つことが必要です。別の容器に移し替えておくとよいでしょう。
  7. キャセロール皿にタラの乳清を少量入れ、スプーンでオイルを静かに絡める。
  8. ソースにコクがでてきたら、残りのオイルを少しずつ加えていく。
  9. タラの切り身をフライパンに戻し、全体をよく熱する。魚の中までしっかり火が通っていることが大切です。
  10. 出来上がったら、お皿に盛りつけ、ソースをかけます。
  11. ニンニクと唐辛子を添えて完成です。

こちらのレシピもお試しください:トスカーナスープのレシピ

タラの塩抜きのコツ

  1. 鱈の塩抜きを適切に行うには、魚の切れ端を流水で流します。
  2. その後、真水の入った容器に入れ、冷蔵庫で保管します。
  3. 8時間ごとに水を新しくする。
  4. 魚が薄くカットされている場合は、24時間あれば十分です。
  5. 厚みがある場合は、48時間まで延長することができます。

タラの効能

まず、タラに含まれるタンパク質を強調することが重要です。生物学的価値の高いタンパク質が含まれています。これらのタンパク質は必須アミノ酸をすべて含み、消化率の点でも優れています。これらのアミノ酸は、筋肉の健康状態を改善し、サルコペニアなどの問題の発生を回避するのに不可欠であることが示されています。

また、タラには多価不飽和脂肪酸も含まれています。その中でも、オメガ3系は特に注目すべき成分です。Biochemical Society Transactions誌に掲載された研究によると、これらの成分は体内の炎症メカニズムを調節し、多くの慢性疾患や複合疾患の発生を抑制するとのことです。食事に含まれるオメガ3系栄養素の量を増やすことが重要なのです。

こちらもお読みください:【魚を食べよう】イワシの効能3つ

タラのピルピルソースを手作りしよう

お分かりのように、家庭でタラのピルピルソースを作るのは実に簡単です。このレシピを使えば、長年の健康維持に欠かせない魚を食事に取り入れることができます。

もちろん、白身魚と青魚には質の高い栄養素が含まれているので、必ず摂取する必要があります。バラエティに富んだ食事が大切です。

こちらの記事もおすすめです。
青魚を食べる利点とは
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
青魚を食べる利点とは

青魚を食べる利点を知っていますか?一般的にあまり知られていないかもしれませんが、青魚は普段の食生活に取り入れるべき、とても体に良い食材だということを知っておきましょう。週に2〜3回食べられるといいですね。今日は、青魚を食べる利点をご紹介します。



  • Martone, A. M., Marzetti, E., Calvani, R., Picca, A., Tosato, M., Santoro, L., Di Giorgio, A., Nesci, A., Sisto, A., Santoliquido, A., & Landi, F. (2017). Exercise and Protein Intake: A Synergistic Approach against Sarcopenia. BioMed research international2017, 2672435. https://doi.org/10.1155/2017/2672435
  • Calder P. C. (2017). Omega-3 fatty acids and inflammatory processes: from molecules to man. Biochemical Society transactions45(5), 1105–1115. https://doi.org/10.1042/BST20160474

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。