強迫観念から解放される方法

8月 29, 2017
心をスッキリさせたい時におすすめなのが運動です。精神的に圧倒されているときや、日常生活に支障が生じている時には、心身をスッキリさせるためにもウォーキングを行なってください。

強迫観念とは不合理な行動や思考をついつい反復してしまう状態です

恋人との別れ、誰かに言われて傷ついた一言、仕事場で起こった事件などについて、考えるのをやめようと思ってもついつい頭の中に浮かんでしまったことはありませんか?

強迫観念に襲われると、これまでに起こった出来事や小さな事件をいつまでも繰り返し考えて、前に進むことができません。

強迫概念から解放されるために

強迫概念から解放されるのは非常に難しいことですが、不可能ではありません。

本記事では、強迫概念から解放され、楽しい人生を送る方法をご紹介します。

自分の心の罠にとらわれない

今、自分がいる場所から抜け出すことが一番の方法で、最もシンプルで効果的な方法が、自然の中のウォーキングです。

一人でも誰かと一緒に歩いても問題はありませんが、やはり一人で歩くとその効果はアップします。

まずは強迫概念が起こっていることを自覚して自分の心に取り込んだ後、自然の中で解放します。

自分の考えをスッキリと整理して将来に目を向けるためにも、解決法が見つからない心配事や問題に目を向けるのをやめる良いきっかけとなります。

無駄な考え

前述した通り、同じ考えを反復して考えていても何も生まれず、ただ自分の考えという罠に捕らわれている状態です。

この状態が続くと不安感のみが上昇し、すでに過去になっていることを何度も反復して考え、次第にその過去が人生の一部になる危険があります。

同じ場所にとどまり自分を傷つけている状態は、非常に不健康です。ウォーキングをして頭の中をスッキリさせ、そこから抜け出す方法を見つけてください。

自分の好きなことをしているか?

今自分のしている仕事やアクティビティーに情熱を感じなくなっていませんか?

自分の心の中に壁を作って自分の可能性を制限していませんか?

どちらの場合も、自分の居心地の良い場所から出て何かに挑戦しようという気持ちが起こらない、退屈な毎日の中に自分で自分を閉じ込めています。

ここから抜け出すには、ウォーキング中に「自分の本当に好きなことは何か?」「自分は何がしたいのか?」と自問してください。

「明日になったらやりたいことができなくなる」「今すぐ何かをやらなければチャンスが逃げる」という状況になったら、あなたは何がしたいですか?

美術館に行く、映画を見る、パーティに行く、友達と出かけるなど何でもいいのです!

ただし、それを後回しにすることはできません。

考えてください。そう、それがあなたが今本当にやりたいことです。

自分の本当にやりたいことを見つけるのが、楽しい人生を取り戻す方法の一つです

マインドフルネス

マインドフルネスとは、現在起こっている内面的または経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程を指し、 頭をスッキリさせたい時に非常に効果があります。

マインドフルネスは自分の考えを観察し、それを徐々に解放していくことで、不安感を減少させます。

脅迫概念に襲われて同じ状況を何度もなんども分析しても、何の効果も生み出さないどころか自分を傷つけます。つまり、蛇が自分の尾を噛んでいるのと同じです

このように強迫観念に支配されると、自分を傷つける以外の何も生み出しません。

誰かの助けを求める

同じ考えに取り憑かれた、強迫概念の「サイクル」から抜け出すためには、誰かに助けを求めるのは良い方法です。

私たちの心の健康は、身体の健康と同様に大切です。

仕事が手につかない時、朝起きられない時、生産性が低下する時、または人生が楽しめない時、特にその原因がわからない場合、誰かの助けを借りるのは一般的な考え方です。

自分の心はなかなか理解できません。自分で自分をコントロールしようと考えるあまり、強迫概念に襲われて「自分は自分の考えさえコントロールできない」という状態に陥ります。

同じ考えに支配されたら、なぜそのような状態に陥ったのかをじっくりと考え、そこから抜け出してください。

強迫概念の辿り着く場所は一つ、それは自分自身をさらに傷つけることだけです

あなたへおすすめ