マテ茶でどのように身体を浄化するか

· 7月 12, 2015

マテとは、アルゼンチンとウルグアイの代表的なお茶で、そのお茶を飲む習慣は、身体に素晴らしく良いということで世界各地に広がっています。このお茶は、すり潰したイェルバマテの葉をお湯を注いだ器(マテ専用の器)に入れて作られます。苦いまま飲むことも出来ますし、お砂糖を入れたり、レモンやオレンジピールと一緒に飲んだりも出来ます。このマテというハーブがまったくもって身体に良い理由を、これから説明していきましょう。

 マテの特性

マテの2つの大きな特性から始めましょう。このお茶には体を活性化する効果と清める効果があります。これらは、マテ茶を飲む事によって供給される水分とその素晴らしい利尿効果によっています。同時に悪玉コレステロール(LDL)を減少させ、善玉コレステロール(HDL)を増大、促進することが出来る抗酸化作用があります。

研究では、マテは酵素の働きをさらに活性化させ、あなたの体を心血管系の障害から守ると出ています。また、高レベルのキサンチンを摂取できるので、体の健康を良好に保つにはとても良い物になります。また、水を飲むことが出来ない地域では、マテは寄生虫やバクテリアのを除く浄水器の役割を果たします。

マテ2

南米諸国の多くで飲まれているこの伝統的なお茶は、集中力と知的活動を向上する効果があり、抗鬱効果もあって、中毒性がなく、カフェインの含有量は、お茶、カカオとコーヒーよりも少ないのです。また、尿の生産を速め、体の中で作られる毒素を除去します。

イェルバマテは、睡眠障害や腎機能障害などに悩む方たちには適切ではありません。また、ある研究によると、マテを飲んで食道に問題の出た患者の多くは、マテそのものではなくお茶のお湯の温度が原因であったとされています。また、食事を取らずにマテを飲むと胃酸に問題が出ることもあります。

 

マテの味付け方法と飲み方

「伝統的なマテ」は、苦くて、沸騰したお湯を使って作るものですが、実は様々なバリエーションもあるのです。

苦味で: 先程話したように、これは最も典型的なマテの飲み方で、アルゼンチン、ウルグアイ、南ブラジル、ボリビアとパラグアイの多くの地域ではこのようにして飲みます。「シマロン」という名でも知られていますが、これは、マテ茶をよく飲んでいたガウチョたちが連れていた馬の名に由来しています。

・甘く: 伝統的な人たちは、これは本当のマテではないといいます。砂糖、ステビアや麦に含まれる甘味料を入れて甘くするのです。ブエノスアイレスの女性と子供の多くはこの方法で飲みます。これは移民の影響です。スペイン人とイタリア人の移民たちが、味に変化を加えて地元の飲み物と一味違ったものを作り出したかったためだそうです。

牛乳と: 水を加える代わりに牛乳とお砂糖を加えます。牛乳は、ぬるめのものを使います。

・ハーブと: この方法は一般的に「ユヨス」と呼ばれます。マテの葉の上から、またはその間にハーブを入れて違った香りを楽しんだり、それらのハーブの薬効をマテ茶に加えるのです。使用するハーブには、カモミール、ユーカリ、ミント、モミニア科植物やシナノキの花などがあります。

マテ3

・お茶として: これは、専用の器を使わずに、テイーバッグを使います。ティーンエイジャーや子供に人気があります。ティーカップで飲めます。

テレレ: パラグアイとグアラ二―族が住むアルゼンチンのメソポタミア地域の伝統で、お水の代わりにジュース(オレンジかグレープフルーツ)、ハーブ(大半はペッパーミントかレモンバーベナ)や更にはレモンのスライスを加えたりします。水差しの中で作り、マテに注ぎ入れます。

・マテを沸かす: ティーバッグ状や糸状の物を普通のお茶の様に飲む方法です。通常のお茶同様ですが、味がマテになります。アルゼンチンとウルグアイで一般的です。

 

どの様にマテで体を清めるか?

ご紹介した方法のいずれか好きなものを選んで、毎日飲む、単にそれだけです。専門家は、朝にマテを飲んだ方が身体への健康効果があると言っています。朝食の際にクッキーやパン(スポンジケーキ等も)とマテを飲む人が多いようです。朝食にはミルク入りコーヒー、クロワッサンやクッキー等をとるという人たちは、その後午前中の半ばにマテを飲みます。もし、味が苦手であるなら、甘みを加えたり、暑い夏日にテレレにジュースを加えたりして味に変化を付けて飲んでみましょう。

マテ4