マテ茶でどのように身体を浄化するか

· 7月 12, 2015

マテとは、アルゼンチンとウルグアイの代表的なお茶ですが、現在は世界各地にその人気が広がっています。

マテ茶は、すり潰したイェルバマテの葉をお湯を注いだ器(マテ専用の器)に入れて作られます。

そのまま飲むことも出来ますし、砂糖を入れたり、レモンやオレンジの皮と一緒に飲む方法があります。

本記事では、マテ茶について詳しくご紹介します。

 マテの特性

身体を活性化する効果と清める効果があります。

  • マテ茶を飲むことで体内に十分な水分が補給されるだけでなく、利尿効果により体内をデトックスする働きが期待できます。そのため、悪玉コレステロール(LDL)を減少させ、善玉コレステロール(HDL)を増やす効果があります。
  • 抗酸化作用のあるマテ茶は、心血管系の障害から守る効果があります。
  • キサンチンを豊富に含むため、健康維持効果が期待できます。
  • 一部の地域では、マテ茶を飲むことで寄生虫やバクテリアのを除く浄水器の役割を果たします。
マテ2

  • 南米諸国の多くで飲まれているこの伝統的なお茶は、集中力と認知機能を向上する効果に加えて、抗うつ作用もありますが、中毒性がなく、カフェインの含有量は、お茶、カカオとコーヒーよりも少ないのです。
  • 尿の生産を促進し、体内から毒素を排出するのに役立ちます。

ご存知ですか?:大腸のデトックスに! ハーブティー5選

注意事項

  • イェルバマテは、睡眠障害や腎機能障害などに悩む方たちにはお勧めできません。
  • ある研究によると、マテ茶の温度が原因で、食道に問題が発症したことが明らかになりました。
  • 食事を取らずにマテを飲むと胃酸に問題が出ることもあります。

マテ茶の摂取方法

「伝統的なマテ」は、沸騰したお湯を使って作る苦いお茶ですが、実は様々なバリエーションがあります。

苦いお茶として: 最も典型的なマテ茶の飲み方で、アルゼンチン、ウルグアイ、南ブラジル、ボリビアとパラグアイの多くの地域ではこのようにして飲みます。「シマロン」という名でも知られていますが、これは、マテ茶をよく飲んでいたガウチョたちが連れていた馬の名に由来しています。

・甘みをつけたお茶として: これは本当のマテ茶の飲み方ではないという人も多くいますが、ブエノスアイレスの女性と子供の多くは、砂糖や麦で作った甘味料などをマテ茶に加えて飲みます。これはスペインとイタリアからの移民が、味に変化を加えて地元の飲み物と一味違ったものを作り出したかったためだと言われています。

牛乳を加えたミルクティーとして: 水を加える代わりに牛乳とお砂糖を加えます。牛乳は、ぬるめのものを使います。

・ハーブを加えて: この方法は一般的に「ユヨス」と呼ばれます。マテの葉の上から、またはその間にハーブを入れて違った香りを楽しんだり、それらのハーブの薬効をマテ茶に加えます。使用するハーブには、カモミール、ユーカリ、ミント、モミニア科植物やシナノキの花などがあります。

こちらもご参考に:5種のハーブティーで緊張を和らげよう

マテ3

・ティーバッグを使って簡単に: これは、専用の器を使わずに、テイーバッグを使います。ティーンエイジャーや子供に人気があります。ティーカップで飲めます。

テレレ: パラグアイとグアラ二―族が住むアルゼンチンのメソポタミア地域の伝統で、お水の代わりにジュース(オレンジかグレープフルーツ)、ハーブ(大半はペッパーミントかレモンバーベナ)や更にはレモンのスライスを加えたりします。水差しの中で作り、マテに注ぎ入れます。

マテで体を清める方法

今回ご紹介した方法の中からお好みのもを選び、毎日飲んでください。

専門家の中には、朝にマテを飲む方法がもっとも身体への健康効果があると考える人もいます。

  • 朝食の際にクッキーやパン(スポンジケーキ等も)とマテを飲む人が多いようです。
  • 朝食にはミルク入りコーヒー、クロワッサンやクッキーなどを食べる習慣がある場合は、午前中の半ばにマテを飲みましょう。
  • マテの味が苦手なら、甘みを加えるなど、前述した方法で味に変化を付けて飲んでください。
マテ4

Heck, C. I., & De Mejia, E. G. (2007). Yerba mate tea (Ilex paraguariensis): A comprehensive review on chemistry, health implications, and technological considerations. Journal of Food Science. https://doi.org/10.1111/j.1750-3841.2007.00535.x

Turkmen, N., Sari, F., & Velioglu, Y. S. (2006). Effects of extraction solvents on concentration and antioxidant activity of black and black mate tea polyphenols determined by ferrous tartrate and Folin-Ciocalteu methods. Food Chemistry. https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2005.08.034