充血の原因と簡単な治療法

4月 13, 2017

目の充血には色々な原因があります。 アレルギーやパソコンの長時間利用、汚れた手で目を触るだけでも、痛々しい充血状態になってしまいます。目を健康に保つことはとても大事なことです。ここでは目の充血を治す簡単な方法を紹介していきます。

の充血を抑える植物はたくさんあります。薬局に行けば色々な目薬がありますが、自然なものが発揮する効果も知っていて損はありません。 自然の成分や自然な治療法の知識は、いざというときに非常に役に立つでしょう。 それでは簡単にご紹介します。

 

充血の理由は?

目薬などを使う前に、まず目の炎症の原因を理解しておきましょう。 原因を知らなければ、ますます状況が悪化してしまいます。目の炎症を起こす要因は次のようなものがあります:

目の感染症

  • 少なくとも一度は必ず起きたことがあると思います: 痛み、刺激、白目部分が赤くなる…目の感染症から結膜炎になり、すぐに片方の目からもう片方の目に広がってしまう危険があります。しかし、どうやって目は感染してしまうのでしょうか?
  • 感染症は、小さな金属物質、花粉などアレルギー性の成分、あるいは空気中の汚れでも起こります。 手が汚れたまま目をこするのも、よくある原因の一つです。手を綺麗に保つのも、感染症予防に非常に効果的です。
  • またコンタクトレンズを使用することも、深刻な目のダメージの原因になります。レンズの手入れの仕方、あるいは適切な時間使用することが目の健康を保つ秘訣です。

超ドライアイ

  • 目を十分に保湿できない人もいます。 その場合、目は乾燥してしまい、環境に敏感になってしまいます。そうなると、環境の影響を受けやすくなってしまい、深刻な充血を起こしてしまいます。目はさまざまな病気により、目に不可欠な水分が不足してしまいます。  もしドライアイが気になれば、医師の適切な診断を受けましょう。

パソコンの長時間利用

  • これもまた充血の最大の原因です。電子機器―携帯電話を含む―のライトは目に大変有害です。 目を酷使してしまい、また刺激を受けることで、視界の鮮明さが失われることもあります…パソコンを使用するときは短い休憩を挟むように心がけましょう。

睡眠不足

  • 睡眠不足もとても深刻な充血を引き起こします。 また目の下のたるみも引き起こします。さらに睡眠不足は体の抗体を弱め、感染にかかりやすくしてしまいます。目覚めたときに、酸欠状態だったり、体調が良くなかったり、充血だったりするのはごく普通のことです。一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

目をケアする方法

1.目を休める

夜更かししたり十分に寝ることが出来なかったとき、目の炎症を軽減する簡単な治療法があります。目を冷ましたり、温めたりすることです。冷たい水で小さめのタオルを濡らし、片方の目を覆うようにして顔に乗せます。そして、もう片方の目で同じことを行います。温かいお湯―熱いものではありません―でタオルを濡らし、同じことを繰り返します。 これは目の血液 循環を活性化します。

2.ウィッチヘーゼルウォーター

ウィッチヘーゼル(マンサク)の葉の浸出液を作ります。ウィッチヘーゼルの葉が手に入らない場合は、バラエティストアやインターネットで、ウィッチヘーゼルウォーターを買うことが出来ます。しばらくコットンを浸して湿らせ、それを数秒間目に乗せます。このウィッチヘーゼルウォーターが目に水分を与えます。ウィッチヘーゼル(マンサク)は充血に最も効く植物です。

3.人参スライス

人参は充血にとても効果的です。人参に含まれる成分は目のケアにとても効果的です。是非この治療法を試してみてください。人参1本を茹で、薄く輪切りにしたものを 目の上に10分間おきます。また人参を輪切りにし、目に乗せます。このステップを1日に3回くりかえします。これは充血や炎症を抑えるのに非常に効果を発揮するでしょう。

あなたへおすすめ