充血の原因と簡単な治療法

· 4月 13, 2017

目の充血にはアレルギーやパソコンの長時間利用、汚れた手で目を触るなど、様々な理由がありますが、充血を予防・改善して目の健康を維持することはとても大切です。

ここでは目の充血を治す簡単な方法を紹介していきます。

薬局に行けば色々な目薬がありますが、薬用植物などの自然療法が発揮する効果も知っていて損はありません。

充血の理由は?

目薬などを使う前に、まず目の炎症の原因を理解しておきましょう。

原因を知らなければ、ますます状況が悪化してしまいます。目の炎症を起こす要因は次のようなものがあります:

こちらの記事もご参考に:目の炎症に効く6つの自然療法

目の感染症

目の痛み、刺激、白目部分が赤くなるなど、目の感染症から結膜炎を発症し、片方の目からもう片方の目に広がることがあります。

どうやって目は感染してしまうのでしょうか?

感染症は、小さな金属物質、花粉などアレルギー性の成分、あるいは空気中の汚れでも起こります。 手が汚れたまま目をこするのも、よくある原因の一つです。

手を綺麗に保つのも、感染症予防に非常に効果的です。

またコンタクトレンズを使用することも、深刻な目のダメージの原因になります。

日本眼科学会は、「コンタクトレンズにより角膜の表面が覆われると、涙液中の酸素が不足し、角膜は酸素不足に陥ります。」と話しています。

そのため、コンタクトレンズ着用時間やお手入れには注意が必要です。

深刻なドライアイ

目を十分に保湿できない場合、目は乾燥し、様々な環境要因に敏感になります。その結果、深刻な充血を起こします。

多くの原因から目が乾燥しやすい人が多くいます。ドライアイが気になる時は、眼科医の適切な診断を受けましょう。

こちらの記事もご参考に:ドライアイの症状と自然療法

パソコンの長時間利用

パソコンをはじめとする電子機器の使用も充血の原因の一つです。

携帯電話を含む電子機器からの光は目に有害です。

目を酷使し過剰な刺激を受けることで、視界の鮮明さが失われることもあります。

パソコンを使用するときは短い休憩を挟むように心がけましょう。

睡眠不足

睡眠不足も深刻な充血 または目の下のたるみを引き起こします。

さらに睡眠不足は体の免疫力を低下させて感染症を発症するリスクを高めます。

目が覚めた時に体調が良くなかったり目が充血している経験をしたことはありますか?

目をケアする方法

1. 目を休める

夜更かししたり十分に寝ることが出来なかったとき、目の血液循環を活性化することで目の炎症を軽減する簡単な治療法があります。

温冷療法と呼ばれる、目を冷やしたり、温める方法です

  • 冷たい水で小さめのタオルを濡らし、片方の目を覆うようにして顔にのせます。
  • もう片方の目で同じことを行います。
  • ぬるま湯(熱くてはいけません)でタオルを濡らます。
  • 同じことを繰り返します。

2. ウィッチヘーゼルウォーター

ウィッチヘーゼルは充血に高い効果を発揮すると言われる植物です。

  • ウィッチヘーゼルの葉を火にかけて抽出液を作ります。
  • コットンを浸して湿らせ、それを数秒間目に乗せます。
  • ウィッチヘーゼルウォーターが目に水分を与えます。

3. 人参スライス

かぼちゃ、ほうれん草、そして人参などの緑黄色野菜に含まれているルテインという成分は目の水晶体にもともとある物質で、強い抗酸化作用があります。

これは充血や炎症を抑えるのに非常に効果を発揮するでしょう。

そのため、人参のスライスを使った方法は目のケアにとても効果的です。

  • 人参1本を茹で、薄く輪切りにしたものを 目の上に10分間おきます。
  • このステップを1日に3回くりかえします。

引用サイト:日本眼科学会