洋服のシミを落とす9つの方法

10月 2, 2017
シミ抜き用洗剤には化学薬品が多く使われており、身体にも悪いものです。また、洋服の素材によっては大きなダメージを受ける場合もあります。天然のものを使ってシミ抜きをする方法を学びましょう!

世の中にはたくさんのシミ抜き用洗剤があふれています。ですがこれらは、お気に入りの洋服をダメにしてしまう事もあります。

短時間で洗うと洗剤カスが洋服に残り、それ自体がシミになり取れなくなってしまいます。

シミ抜き洗剤にお金をかけたくないという人もいます。こういった化学物質を多く含んだ洗剤は、人の健康に悪いだけでなく、環境にも悪影響を及ぼします。

主に天然のものを使ってしみ抜きをする方法があります。

ここではその9つの方法をご紹介しましょう。

 

1.過酸化水素

過酸化水素は、赤ワインなどのシミを取ることが出来る天然の製品です。

リキッドソープと混ぜるとパワーが増し、あっという間にシミを綺麗に取ってくれます。

どうやって使うの?

・過酸化水素とリキッドソープを同量ずつ混ぜ、しみに付けて約1分こすります。

・そのまま15分置いてから洗い流します。

 

2.コーンスターチ

料理以外にもコーンスターチには使い道があるという事を知らない方が多いようです。

吸収性がとてもあるので、油汚れに効果があります。

どうやって使うの?

・少量の水と混ぜ、シミ部分に付けます。

・ブラシで軽くこすり、温かいお湯で洗い流します。

 

3.ホワイトビネガー

ホワイトビネガーは、コーヒーや血液など頑固なシミに効果的です。

どうやって使うの?

・しみに直接ホワイトビネガーをつけ、15分置いてから洗い流します。

 

4.食器洗剤

これは食器の汚れを落とすだけでなく、洋服に付いたトマトソースのしみなどを落とすことも出来ます。

どうやって使うの?

・シミに食器洗剤をこすりつけ、水と過酸化水素を同量で混ぜたものに浸け置きします。

・約20分おいたら普通に洗ってください。

 

5.重曹

重曹は、悪臭を放つようなシミをとり除く効果があります。

どうやって使うの?

・少量の水と混ぜてペースト状にしたら、シミにこすりつけます。

・15分ほど置いたら洗い流してください。

 

6.レモン果汁

フレッシュなレモン果汁は、汗のシミなどに効果があります。

洋服を白く仕上げるので白い洋服に使うのがおススメですが、色物に使っても黒ずみを防ぐ事が出来ます

どうやって使うの?

・いくつかレモンを絞って、果汁を温かいお湯の入ったボウルに入れます。

・シミの付いた洋服を入れ、30分ほど浸け置きします。

・通常使う選択洗剤で普通に洗って下さい。

 

7.温かい塩水

ぬるぬるとした温かい塩水は、通常の洗濯ではなかなか落ちない泥や葉っぱ汚れに良く効きます。

材料

・塩  大さじ2(20g)

・ぬるま湯  1ℓ(4カップ)

どうやって使うの?

・ぬるま湯と塩を混ぜ、シミの付いた洋服を約20分浸け置きします。

・もし汚れが取れないようなら、塩を直接つけてこすってください。

 

8.ヘアースプレー

化粧品などのシミは割と簡単に取れますが、時々繊維に染みついて取れなくなってしまう事もあります。

こう言った場合は、このヘアースプレーを使った方法を試してみてください

どうやって使うの?

・シミにヘアースプレーを吹きかけ、15分置いたら熱いお湯で洗い流しましょう。

 

9.氷と消毒用アルコール

これはガムが洋服にこびりついて離れない時に効果的な方法です。

どうやって使うの?

・氷でガムをこすって取ります。繊維に残ったかすなどを消毒用アルコールで拭いて落とします。

ご紹介した方法はいかがでしたか? 化学薬品たっぷりの強い染み抜き洗剤を使わなくてもシミを落とす事は出来ます。簡単にできるので、ぜひ試してみてください!

 

あなたへおすすめ