40歳を過ぎたら使うべき美容製品

· 2月 12, 2018
40歳を過ぎている人も、まだまだ時間がある人も、ぜひ今日からお肌をより一層労わり、老化を遅らせましょう。

40代に突入するというのは、感情的にも生物的にも身体的にも変化が現れることを意味します。特に女性は、肌の変化を感じることでしょう。弾力性、ハリ、肌の再生能力が若い頃とは違ってきます。そして肌はだんだんと老化していくのです。美容製品の力をうまく利用することでこの老化を遅らせる助けになるかもしれません。

ですが、早期老化の原因は実際の年齢だけではありません。また、顔だけに現れるのではなく、肩やにも老化のサインは現れるでしょう。

生理学的用語で言えば、肌はその保護機能の退化に苦しむこととなるのです。真皮や皮下組織もまた、肌の構造に問題を引き起こすでしょう。

年を取ると肌に何が起こる?

年を取るに連れ、私たちの肌細胞の代謝は遅くなります。つまり、コラーゲンが若い時のように作られなくなり、結果として、肌がたるんでしまうのです。ですが、これは今後定期的な美容習慣を続けることができないという意味ではありません。

目標は、若い頃とは違う現在の肌が必要とするものを与え、皮膚層のコンディションを正しく保つようにすることです。

こちらも読みましょう『肌のうるおいを保つための4つのヒント』

形態の変化

女性

では、具体的にどのような変化が見られるのか挙げましょう。

  • 上皮:自然の潤いが失われ、より乾燥し、うろこ状になります。
  • 表皮真皮接合部:皮膚の様々な層の間で共有される栄養の量が減ります。
  • 真皮:コラーゲンが劣化し、以前と同じようには作られなくなります。血管の損失のため、血流もまた衰えます。
  • 皮下組織:脂肪組織が薄くなります。これは弛緩が原因です。
  • 皮膚に関する付属部:皮脂腺、汗腺の分泌活動が衰えます。

私の肌って老化してる?

肌が老化しているかどうかを示す特徴を以下に挙げましょう。

  • 加齢によるシミ:手の甲、前腕、顔に特に現れます。茶色味を帯びた色が特徴で、大きさは数ミリのものから数センチのものまで様々です。
  • 加齢によるイボ:これは良性で色素沈着が見られる腫れです。一般的に光を浴びている部分にできるでしょう。
  • 弾力性の喪失:肌にはシワができ、弛むでしょう。
  • 乾燥:これは肌が水分を吸収できなくなることが原因です。結果として肌は乾燥し、ひび割れなどが現れます。乾燥が進むと痒みを伴う場合もあります。

こちらも参照『お肌を引き締める5つのナチュラルトリートメント』

美容製品の選び方

化粧品

結果をきちんと出したいなら、自分でコスメや美容製品を選ぶ前に皮膚の専門家に相談しましょう。肌に現れる加齢のサインは分析されるべきだからです。どのくらい乾燥しているのか、色素沈着はあるのか、深いシワはできているかなどです。

それでは、40歳を過ぎたら是非とも使いたい美容製品をご紹介します。

保湿液

保湿液を使うことで肌に保護層を作り出し、乾燥を防止します。オリーブオイル、シリコン、ワセリンでも代用できるでしょう。

こちらも参照『肌タイプ別:オススメ保湿オイル』

保湿クリーム

手作り化粧品

保湿クリームには水分を長く保つ力があります。保湿クリームは、混合肌、ドライ肌、オイリー肌など自分の肌タイプに合ったものを使いましょう。ビタミンEが豊富なものを使うことが大切です。ビタミンEは傷跡を消し、老廃物を柔らかくして取り除き、肌を紫外線から守ってくれるからです。

アンチエイジングクリーム

  • セラミド:セラミドは肌細胞の結合を可能にする働きを担っています。米や小麦、大豆からできた植物ベースの製品を使うのが理想的でしょう。
  • 脂質:肌をふっくらとさせる機能を持っています。特にリポソームはビタミンEやFを含んでいます。
  • 天然保湿因子(NMF)に相当するもの:これらはピロリジンカルボン酸、尿素、酢酸、乳酸ナトリウム、砂糖、アラントインなどに含まれています。

一方、市場では加齢のサインを改善する様々な商品が販売されています。

  • コラーゲンの合成を促進するもの:シワが現れるのを抑えます。
  • 組織の結合を強くするもの:肌のハリと弾力を取り戻します。
  • 細胞の活動を刺激するもの:細胞の代謝を促進します。
  • オリゴペプチド:レチノールの新バージョンで、肌に輝きと新鮮さを与えます。

あなたもそろそろお肌を労わりませんか?