よくあるホルモントラブルの原因と症状

ホルモンは体にとって欠かすことのできない物質です。発達を規制し、エネルギーを与え、月経サイクルを整え、血液中の塩分や糖分量を規制するのです。どのような小さなホルモンの変化であっても、いずれはっきりと気がつくような症状が現れます。ホルモントラブルによる症状とはどのようなものがあるか気になりますよね。

ホルモントラブルの原因は様々です。遺伝的要因のものもあれば、食生活が原因となる場合もあります。健康を促進するためにも、症状だけでなく要因も合わせて知っておきましょう

ホルモントラブルとは

  • ホルモンとは、体の内分泌腺によって合成される化学成分です。体の機能を規制する役割があり、見た目、体重、感情、有機側面など様々な部分に影響を及ぼします。
  • 血流を通して体内を移動し、体の様々な器官を活性化します。新陳代謝、心臓のリズム、月経サイクル、もし授乳中であれば母乳の生成を調整するなどの働きをします。
  • ホルモントラブルは、ホルモンの機能が過剰(機能亢進)である場合、または足りない(機能低下)場合に起こります。

ホルモントラブルの症状

  • トラブル:ニキビ、吹き出物、色や形の変化、シワ、皮膚が硬くなる
  • 体重の増加または減少
  • 気分の急激な変化
  • 突然の抜け毛
  • 視界のトラブル
  • 気分がコロコロ変わる
  • 突然、気分がふさぎ込んだり悲しくなる
  • 月経期間が長い
  • 胃の痛み、お腹の炎症
  • 月経痛がひどい
  • 月経不順、または生理がこない
  • 塊のような経血がでる
  • 下腹部や卵巣あたりに痛みがある
  • 月経が終わった後、暗い色の出血がある

ホルモントラブルの種類

  • 甲状腺機能亢進症:ホルモン的な代謝の異常で、甲状線が過剰なホルモンを分泌し、深刻な状態を引き起こします。例えば、急激に体重が減少するなどです。
  • 甲状腺機能低下症:甲状線機能亢進症と逆のパターンです。甲状腺ホルモンの分泌が少ないため体重が増加したり、首の膨らみが特徴的な甲状腺腫ができてしまうこともあります。
  • エストロゲンの不均衡:女性は時にエストロゲンの不均衡や上昇により苦しむことがあります。症状は前述の多くでしょう。子宮筋腫や乳房嚢胞ができてしまう原因となることもあります。
  • コルチゾールの過剰分泌:コルチゾールはストレスホルモンです。毎日抱えている義務、不安感、イライラなどが原因でコルチゾールが過剰に分泌され、深刻なホルモントラブルへとつながります。ストレスにうまく対処する方法、リラックスする方法、生活習慣を変えることなどで早めに対応していきましょう。

ホルモントラブルの原因

  • ホルモンの変化には、時に遺伝的な要素が隠れていることがあります。遺伝が原因である甲状腺のトラブルはよくあることです。
  • ストレスや感情的なトラブルも原因となりうるということを覚えておきましょう。私たちの生活習慣は直接健康に影響を与え、内分泌系は体にとって一番フォーカスする場所です。ストレスを非常に強く感じていると、コルチゾールを始め様々な毒素が体内に排出されます。それによって、月経トラブル、体重の増加・減少、不眠、抜け毛などの症状が現れるでしょう。自分の生活習慣に気をつけること、そして日々の小さなことが健康に影響を与えるのだということを覚えておきましょう。
  • 食生活:ホルモントラブルの主な原因の一つに、インスリン抵抗性があると専門家は見解しています。代謝障害に苦しまないようにするには、どのような食事をするかがポイントとなります。保存料や塩分、飽和脂肪、エナジードリンク、カフェインの入った飲み物、精製された砂糖、お酒、卵や砂糖、牛乳などアレルギーを引き起こす可能性のある食べ物を過剰に食べることは止めましょう。

ホルモントラブルを避けるために

  • オレンジ、レモン、クランベリージュースなど抗酸化物質を含む食べ物を食べましょう。
  • ビタミンA、B、葉酸、ビタミンDの摂取を増やしましょう
  • カルシウム、マグネシウム、クロミウム、セレニウム、亜鉛、ヨウ素、オメガ3脂肪酸の摂取を増やしましょう
  • 亜麻仁油を食べましょう。
  • エクササイズ、ストレスマネジメントを行い、健康的な生活習慣を維持しましょう。長時間コンピューターやテレビの前で過ごすのは避けましょう。電磁波が体の内分泌系サイクルを変えてしまうからです。外に出て新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びましょう。
カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ