若々しい顔をつくる果物

1月 1, 2016
ビタミンAに富むマンゴーは、肌にハリを与え弾力を復活させ、シワを減らしてくれます。

若々しい顔をつくろうとするためには、日々努力しなければなりません。年をとると、顔と体はしなやかさを失っていきます。若々しい肌の見た目や感触を維持するためには、スキンケアについて知ることが大切。年をとることだけが顔の老化を引き起こすのではなく、清潔にしていないとか、化粧をしすぎるとか、肌が荒れたり老化を早めるような好ましくない製品を使うといったことも、顔の見た目に影響を与えます。ですから、顔や肌の手入れを念入りにすることが肝要です。この記事では、若々しい顔をつくりだす、自然由来のものを紹介していきます。

これが若々しい顔をつくる果物

果物は多くのビタミン、抗酸化物質、ミネラルを含みます。食べ物として摂取すると体の基本的な栄養となりますが、それだけではなく、スキンマスクとして使うことで肌にいい影響をもたらしてくれます。そのためにはどの果物が最適か見ていきましょう。

バナナ

バナナ

カリウムとマグネシウムに富むだけでなく、健康的な体に必須な多くのビタミンを含んでいます。体や頭が疲れた時、バナナの滋養回復成分が有効なので、スポーツをする人にはバナナはとても良い果物です。

若々しい肌のためにバナナを摂る際は、バナナが、抗酸化物質として働くビタミンAやB、Eを多く含んでいるため、肌に良いのだということを念頭におくと良いでしょう。

レモン

3-レモン

レモンはビタミンCの割合が高いため、肌の再生において役立ちます。また、レモンは生産量が多いため、年中どこでも買うことができ、レモンは、他の健康法で様々に取り入れられている他、レモンを使ったスキンケアはとても人気の手法の一つになっています。

レモンはビタミンCを含むだけではなく、直接肌に塗ることで、ニキビや肌のギトギトを起こす原因を退治してくれるなど、良い影響をもたらします。ただし、この方法を行うときには、紫外線でしみを引き起こす日光に当たらないようにしましょう。また、やりすぎにも注意しましょう。

オレンジ

オレンジスライス

オレンジは体にビタミンCをもたらす柑橘類の一種です。オレンジは健康な体となめらかな肌を保つのに効果があり、綺麗でわかわかしい肌を保つうえで欠かせない抗酸化物質も含んでいます。オレンジは肌を若く保つコラーゲン生成を促す成分を含み、最近、若々しい顔を求める人たちの間で最も使われているものの一つになっています。

パパイア

パパイヤ

パパイアは、お店で売っている果物のなかでも抗酸化物質をとりわけ多く含む果物です。パパイアを摂ることは消化に大変よく、老廃物を排泄し、健康な体を手に入れるうえで役立ちます。

パパイアが体に良いことは、パパインという物質を含むことに由来します。この物質は不純物や死んだ細胞を体から取り除き、一方で傷ついた細胞を再生します。肌に塗ると、再生や、死んだ細胞を取り除くうえで大きな効果が期待できます。

マンゴー

マンゴー1.jpg500x334

この果物は、肌に直接作用してハリを戻し、シワを消してくれるビタミンAを大量に含んでおり、健康や若々しい見た目を求める人にとって最良の食品の一つです。

わすれずに!

健康な肌を保つうえで、多くの水分をとることも欠かせません。水分は肌をしっとりさせ、不純物をとるからです。また、これらの果物に加えて、良い食事と、肌を保護・改善してくれる日焼け止めを組み合わせるのがベストです。すべての美容習慣は、大きな変化を感じるためには忍耐を必要とします。言い訳せずに、繰り返し、習慣としてやらなければなりません。そうでなければ良い結果は得られません。

あなたへおすすめ