運が悪い? ネガティブな考え方をポジティブに変えていこう

10月 8, 2017
辛くて苦しい気持ちで心がいっぱいになった時、考え方や行動をもっとポジティブなものに変えていけるようにしましょう。必ず立ち直ることが出来ます!

生きていると辛い状況に遭遇する事が必ずあり、もうここからは2度と這い上がれないと感じたりします。

人生には明るく希望に満ちた部分もたくさんあるのに、心が弱くなり、挫折感や自分は無能だという考えに囚われてしまったりします

物事にポジティブに向き合う事は大切です。どんな状況でも前に進まなければならないのですから。

状況がうまく行かない時、苦しい時、どういう考え方をすれば良いのか、ここではいくつかそのヒントをご紹介します。

 

心の声を聴く

自分の心の声を聴く事は、隠れた否定的感情を消し去る第一歩となります。

自分に厳しくし過ぎていたり、「私には出来ない」とか「自分がする事は全て間違っている」など、心に壁を作っている事に気づくきっかけとなります。

自分の考え方をコントロール出来るようになる事は大切なことです。そのために、自分が持つネガティブな感情を見つけ出すことが必要なのです。

自分を攻撃することなくありのまま受け入れ、新しい目標を立て、心をオープンにしていきましょう。これが障害を乗り越える大きなステップとなります。

 

自分の考えを書き出す

ネガティブな考えで頭がいっぱいになると、物事をクリアに考えることが出来なくなります。

こういう時は、ノートや紙に何が起こっているのか、どこで間違ったのかを書き出してみましょう。

とても単純な行動ですが、ネガティブなエネルギーを発散させることが出来ます。特に周りの人などに知られたくない時などに使えます。

 

物事の関係性をつなげて考える

物事が悪い方向に進んでしまった時、あらゆるチャンスに心を閉ざしたり出来事をいちいち大げさに捉えることは良くありません。

自分の考え方に固執してしまうとそれ以外の考え方に目が行かず、意外と近くに解決法があってもそれに気づかなったりします。

なぜこうなったか、どうやったら乗り越えられるのか、心を広げて周りを良く見てみましょう。

 

恐れを解き放ち決断する

苦しい状況下でネガティブな考えを変えていくには、恐れを解き放ち、決断をする事です。

ですが、常に新しい失敗の可能性はあります。成功するには失敗はつきものだという事を忘れてはいけません。

最悪の事態ばかりを考えるのではなく、良い事ばかり考えるようにしましょう。一歩一歩新しいステップを踏むごとに成功へと近づいているのです

 

物事への関わり方を変える

思うように事が進まなかったり不運に見舞われると、気持ちが落ち込みます。

そうすると態度にもそれが表れ、自分の考え方や生き方、他人との関わり方に影響してきます。

「気分が悪い」とか「今日は家を出られない」とか「何もかもうまくいかない」などという考えは、気力を奪い、ストレスや不安感、気分の落ち込みを引き起こします

物事に対する向き合い方を変えていけば、違った方向へ進むことが出来ます。

毎日「今日は気分がいい」「私ならできる」と自分に繰り返し言い聞かせましょう。自信が沸き、新しい可能性が見えてきます。

 

ポジティブな言葉を口にしよう

ポジティブな言葉を繰り返し言う癖をつければ、前へ進む妨げになる考え方を排除することが出来ます。

何度も言い続けることで、それが確信へと変わっていくのです。

達成したい目標の事を考えながらそのフレーズを口にしたり、他人が口にする肯定的な言葉に耳を傾けましょう。

朝目が覚めてすぐに、もしくは寝る前にリラックスしている時に深呼吸をしながらするのも良いでしょう。

自分の考え方を変えてみようと思いますか? 何もしなくても否定的な感情や考え方というのは人生の中に必ず現れます。ご紹介したヒントを試してみてください。きっと前へ進むことが出来ますよ!

あなたへおすすめ