ウエストを引き締める運動

この運動を始めて、健康的でバランスの取れた食事をすれば、引き締まった筋肉の付いたウエストを手に入れる事ができます。今日から是非、始めて下さい!

女性の中で最も魅力的であるとされている体の部分はウエストです。女性は皆、引き締まった細いウエストを求めていますよね。

ところが、残念な事にこのウエストは一番脂肪をため込みやすい場所でもあるのです。もし、遺伝的なものがあれば尚更です。

このお腹周りの脂肪は見た目に影響するだけでなく、心疾患や他の健康上の問題を引き起こすリスクを高めます。

見た目だけの為でなくウエストを細くして、脂肪を減らすのは健康の為にとても大切な事なのです。

健康的な食生活を取り入れ、有酸素運動を定期的に行う事をお勧めします。それに加えて一般的に問題とされている部分の脂肪を取るのに効果のある運動をする事をお勧めします。

これからご紹介する運動は、腰回りの嫌な脂肪をより簡単に落とす運動です。さらに、筋肉を付ける事によってお腹のたるみも防いでくれます。

それでは、家でもできる簡単な運動をご紹介しましょう。

 

レッグリフト

レッグリフトは、ウエストを引き締めるだけでなくお尻の筋肉にも作用します。

  • まずヨガマットをひいて、跪き腕を床に着けます。そして右の足を伸ばしながら上にあげてください。
  • そのまま数秒間止めて、もとの位置に戻してください。これをそれぞれの足15回から20回行ってください。

ヒップレイズ

この体制は、ブリッジやペルビスレイズとも呼ばれ、腹部の筋肉を引き締め、ウエストを作り、コアを鍛える助けをしてくれます。

方法

  • まずヨガマット、またはエクササイズマットをひいて、仰向けに寝ます。膝は曲げて、腕は体の横にしてください。
  • 次に、お尻を高く上げその状態で15秒間耐えてください。
  • お尻を元の場所に戻したら、20秒休憩です。これを4回続けてください。

レッグサイクル

この簡単な運動はウエスト部分、そしてお尻を引き締めてくれ筋肉の動きの協調性を高めてくれます。

方法

  • 仰向けに寝て、足を伸ばし、腕は横に置きます。片方の足を少し上げます。
  • そして、両方向に円を描くように動かします。
  • 足を降ろし、もう一方の足で同じ運動をします。
  • これを15回から20回繰り返してください。

ツイスト腹筋

この運動は、ウエストを細くし、腹部を引き締めるのに効果的です。ウエイトなどで少しずつ、負荷を加えていくのが理想です。

方法

  • マットの上に座り、手を伸ばした状態でウエイトを持ちます。足は曲げてください。
  • 足の裏は床にきちんとつけ、背中は真っ直ぐにしてください。そして、背中と床が45度になるまで下がります。
  • 次にウエストを右、左にひねります。
  • この動きを12回から15回繰り返したら休憩してください。

サイドランジ

横屈伸は、足、腹筋、そしてウエストに非常に効果的です。足を強くし、コアそしてバランスを改善してくれます。

鍛えながら脂肪を燃焼するにはウエイトで負荷をかける事をお勧めします。

方法

  • 足をそろえて真っ直ぐに立ちます。横に膝が90度になるまで屈伸します。
  • 元の状態にもどり、もう片方の足も同じ運動をして下さい。
  • 足を変えながら8回から10回するとよいでしょう。

 

ランジ

ランジは、足、腹部そして臀部の為のエクササイズルーティーンによく用いられます。

バランス、そして体力が必要な事から、この運動はカロリー消費を大幅に上昇させると考えられています。

ランジは腰回りの脂肪とお尻の周りについた脂肪を減らす効果があります。

方法

  • 足を肩幅に開き真っ直ぐ立ちます。ダンベルをそれぞれの手に持って下さい。
  • 一歩前に足を出し、90度になるまで曲げます。膝は床に付かないようにしてください。
  • この時に、腕を伸ばし90度になるようにひねってください。
  • 元の位置に戻り、もう片方の足でも同じ運動をします。
  • 交互に10回ずつ行ってください。

細く引き締まったウエストを作り出すには継続的な努力と熱心さが必要である事を忘れないで下さい。

運動は、毎日行う事が大切です。脂質、そして摂取カロリーを気を付けると良い結果に繋がるでしょう。