爪を内と外から自然にケアする9つのアドバイス

8月 13, 2017
爪を美しく見せるための様々なケアがありますが、爪は実は私たちの健康の指針となります。外的要因によるダメージから爪を守りながら爪からのメッセージを受け取りましょう。

爪のお手入れを行うとき、使用する製品には環境や私たちの体に害を与える成分が入っていないかどうか必ず確認してください。

また、栄養が欠乏すると、爪に顕著に現れるため、毎日の食生活も爪の健康に大きな影響を与えます。

本記事では爪を内と外からお手入れし、強く美しく、そして健康な爪を維持するアドバイスをご紹介します。

1.毒性のないマニキュアを選ぶ

安価で手軽に手に入るマニキュアには有害物質が含まれています。健康に悪影響を及ぼす物質をご紹介します:

  • トルエン
  • ホルムアルデヒド
  • フタル酸ジブチル
  • 樟脳
  • トシルアミド

マニキュアの成分ラベルは非常に小さく、中に何が含まれているか確認するのが難しいですが、よく見ると毒性がある成分が含まれているどうかが明記されています。

上記の成分をはじめとする有害物質が含まれているマニキュアは私たちのの健康に悪影響を及ぼすだけではなく、爪から血液に有害物質が入り込み、最終的には体内器官の機能に悪影響を及ぼします。


2.ノンアセトン除光液

除光液の多くにはアセトンという爪を乾燥させ弱くする強い成分が含まれています。

レモン果汁などを使用したノンアセトン除光液を使用すると、時間はかかりますが、体への健康被害が少ないのでおすすめです。

3.手袋で爪を保護

手袋で手や爪を保護せずに多くの家事を行いがちですが、実はどれだけ忙しくても、また面倒でも食器洗いをはじめとする洗剤を使う家事を行うときは手袋で手と爪を保護してください。

手袋をしないと、洗剤に含まれる強力な化学物質により、手や爪がダメージを受けますので、家事を行うときは必ず手袋をつけ、手や爪の保湿は頻繁に行ってください。特に外で仕事をするときや強い製品を使うときは絶対に手と爪を保護してください。

4.手の保湿は頻繁に

手の保湿はハンドローションだけでは十分ではありません。さらに爪のお手入れには、毎晩就寝前にオイルの成分がたっぷりと含まれた自然な製品を使って保湿を行なってください。

リネンや寝巻きへの汚れがきになるときは、お手入れ後に木綿の手袋を使うと、汚れを防ぎながらオイルの浸透が高まります。

手と爪を自然に保湿するおすすめ製品です:

  • ひまし油
  • アボカドオイル
  • アーモンドオイル
  • 小麦胚芽油
  • ローズヒップオイル
  • シアバター

またこれらのオイルを組み合わせて爪に最も効果的な自分オリジナルの保湿オイルを配合するのもおすすめです。

 

5.手のマッサージ

ハンドクリームやローションを塗るときに手のマッサージを行うと、製品の吸収が高まります。またをマッサージすることでリラックス効果が期待できます。

自分でマッサージをすることもできますが、誰かにマッサージをしてもらうとさらに効果が上がります。

オイルを使って手首から手のひら、そして指先や爪のマッサージを行いましょう。

6.血液の循環を改善

手が冷たい人や血行が悪い人は、手を温水と冷水に交代で入れる方法をお試しください。さらに手のマッサージを毎日行うことが大切です。血行を良くするためにぜひお試しください。

7.紫外線や冷気から手を保護

日焼け止めを手に塗り、紫外線から手を守ることが爪の保護につながります。また寒い日や風の強い日は手袋で手を保護してください。

8.バランスのとれた食事

食事は私たちの外見に大きな影響を与えますので、果物や野菜をたっぷりと食べ、ビタミンやミネラルを補給してください。また、果汁や自家製スムージーもおすすめです。

9. 効果的なサプリメント

弱くなった爪のお手入れには、皮膚、髪と同様に天然のサプリメントが効果を発揮します。

いくつかをご紹介します。

  • 醸造酵母または乾燥酵母
  • 液体有機ケイ素
  • スピルリナ
  • 亜麻仁油
  • 月見草オイル
  • ビオチン

今回ご紹介した製品や食品を使用する前に医師に相談することをお勧めします。

 

 

あなたへおすすめ