爪を噛まないようにするには?

· 9月 7, 2015
アロエの不快な味のおかげで、爪を噛んでしまう習慣がなくなります。爪を噛みたいという誘惑を避けるには毎朝爪にアロエを塗ってください。

爪を噛むという行為の原因は、精神的にナーバスであるとか注意力の散漫さの問題だとか考えられがちですが、実際はそれだけではなく、心理的背景を持ち、ほとんどが幼少期のトラウマを示していると考えられています。

爪を噛むという行為は咬爪症とも呼ばれており、とても深刻な影響を外見だけでなく健康に与えます。は口との接触により、さまざまな病気を引き起こすウィルスや細菌の運び屋となってしまうのです。さらに爪を噛んだ時には、爪はもちろんのこと、歯や歯茎にもダメージを与えてしまいます。

 

でもご安心ください。ここでご紹介する10の秘訣を実践すれば、美しく健康的な爪を復活させることができます。

 

どうして爪を噛んでしまうの?

爪は古い角質細胞によって構成され、たくさんの機能を持っています。弦楽器を弾くためにまでも使われますよね。

 

爪を食べる習慣、咬爪症は赤ちゃんが指を口でくわえるように指を口に入れることから始まります。正確に病気とはされていませんが、心理学的な病気の一種です。もし症状がコントロールできなければ専門的な治療が必要になります。原因は2つ考えられます。

 

・外部からの影響

不安ストレス: 仕事や経済的な問題、試験や恋愛問題など日常的なことが引き金となります。

 

・内部からの影響

神経系の機能の変化や感情の狂い: 家庭内のトラウマ、嫉妬、屈辱、自尊心の問題等により引き起こされます。

神経の問題に全く悪いことなど無いと考えがちですし、また爪もすぐ成長しますが、気を付けてください。咬爪症を甘く見てしまうと最悪な結末を招くこともあります。

爪を噛むということは永久的なダメージを与えるということ

手は健康と人の自信に比例します。手を清潔にしっかりケアをしていればどこにいても良い印象を与え、自信が持てるものです。

 

健康と美容

・爪は色んな病原菌を持っているものであり、唾液接触によって消化器官を通して病気を引き起こします。

・爪の甘皮と指の皮膚のダメージは、手にウィルスや細菌の炎症を引き起こします。

・指が変形してしまうだけでなく、爪が永久的に無くなってしまう恐れもあります。

・慢性的な炎症を引き起こします。

・歯を傷つけることにより虫歯が増えます。

 

感情面

・自信の喪失

・自身のコントロールの欠如

 

社会面

・社会からの疎外感

・人間関係

・仕事の問題: 面接の不採用

 

爪を噛むのをやめることが、どれだけ精神面にメリットを与えるのかということがおわかり頂けたでしょうか? これから簡単に実践できる10の秘訣をご紹介しますので試してみてください。

 

爪を噛まないようにするための10の秘訣

ここでは複雑な方法や変わったものを使った方法は紹介しません。簡単で実践しやすいものばかりですから、日常生活に取り入れられればあなたの目標はもうすぐ目の前です。

 

秘訣1 手を持て余さない

まず最初にあなたがなぜ爪を噛むという行為をしてしまうのかという原因を探しましょう。例えば、爪をすぐ触ってしまったり、擦ったり、掻いたりすることなどから爪を口に持って行ってしまう。そういった原因の特定をしなければいけません。次にいつ爪を食べてしまうのかということです。例えばテストの時、暇なとき、何か決め事をするときなど、いつ爪を噛みたくなってしまうのかということを特定することです。そして、そうした時に、手を手持無沙汰にさせない手段をとりましょう。ストレスを感じた時には例えば楽器を弾いたり、スポーツをしたり、ダンスを踊ったり、何かを書いたりするなど、やはり手を持て余さないことをしましょう。

 

 秘訣2 植物を使う

甘草の根などの食べられる植物を代わりに噛んでみてください(ゆっくりと噛まなければいけません)。 大切なのはストレスを感じそうな時に、この植物をすぐに口に持って行くことができるようにしておくことです。

 

秘訣3 無糖ガム

gamu

 

爪を噛みたい時やコントロールするのが難しいと感じる時には無糖のガムやミントの飴を食べましょう。口臭も防げますし、たくさん噛むことによって顔のしわができないように顔面ストレッチにもなります。

 

秘訣4 アロエ

アロエには体に良い成分が含まれています。しかし味はあまり美味しくありません。皮をむいて中の果肉を取り出しナイフで切ってください。冷蔵庫に入れて毎朝爪にこすりつけてください。口に近づけると感じる不快な味のおかげで、爪を噛むのを防げます。

 

秘訣5 自己抑制のトレーニング

このトレーニングは爪を噛みたいと思う誘惑を抑制する手助けをしてくれるでしょう。

指を口に近づけて唇まであと5センチのところまで来たら止めてください。そして遠ざけてください。これを何回も繰り返して、毎回距離を縮めていってください。そのあと歯のところまで指を入れて噛まずに数分間指を入れる。これを繰り返してください。

このトレーニングを毎日数分間実践すると、驚くほどの効果が実感できるでしょう。

 

秘訣6 つけ爪

tsume

 

アクリル製のつけ爪によって自然の爪を伸ばすことができ、爪を噛むのが阻止できます。また、つけ爪を付けるための費用が高ければそれだけ自分の口でダメにしづらくなるでしょう。

 

 秘訣7 絆創膏

絆創膏を指に巻いてください。毎日付けたままにしてください(お風呂に入った時は変えて構いません)。しばらく時間がたってから外して見てみると、生まれ変わった健康な爪を見ることができるでしょう。何回も試してみてください。

 

 秘訣8 気晴らしや熱中できる趣味を見つける

この方法は、すぐに爪を噛むのをやめることができ、新しい目標ややりがいが見つけられます。例えば家のデコレーションをしたり、編み物をしたり、走ったり、友達にマニキュアをしてあげたりしましょう。

 

秘訣9 手袋

もしあなたが手袋を使う人ならおすすめします。手袋を使うことで咬爪症をを防ぐことができます。

 

秘訣10 自分をほめる

あなたの爪をほめてあげてください。あなたが問題解決に向かって前進している時、言葉に出すことを恐れずに口に出してください。あなたの友達や家族の祝福は、きれいで健康的な爪を持とうという意識を刺激してくれます。

 

力よりも策

あまり気負わずに少しづつ目標を達成していきましょう。この中からどれかを選んで実践することで、再び美しく健康的な手を取り戻せるはずです。